黒兎月ですよっと
 
志(しんたろーさん 版画)

2017-03-17 Fri 15:23Σヽ(゚∀゚;)トウコウ

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!


170317_01.png

っというわけでついに……ついに購入しましたよ!
しんたろー先生の版画を!!!


ヽ(○´∀`)人(´∀`○)ノイェーイ♪


しんたろー展にいき、しんたろーさんの絵が好きですと言っときながら、
karoryさんの版画を買って帰ったあの日よりはや3年ちょい……
えぇ!ついに好みのしんたろーさんの絵が出たってことで購入した次第ですよ!

パッと見て分かる方と多いと思いますが、
本作の絵は2015年に絵師100で出た絵になりますね。
何故かタイトル変わっていたりしますが、
パッと見大きな書き足し&修正は見当たらずあのまんま版画になった感じかな?

自分は基本しんたろーさんの絵は好きなんですが、
版画化されるのはえっちい感じのが多く、
版画とか1枚絵にはエロさや可愛さより綺麗さを求める自分としては、
なかなか好みのがでなかったんですよね~
そんなわけでこの絵が出るって聞いた時は購入決定ノータイムでしたわw

ちなみに今回も額装オプション入れましたが、
金縁(前回は銀でしたが)、タイトルがあるのはやっぱいいですね~
額を他のと揃えると並べたときに爽快なので、これはやみつきになりますわ。

絵師100の方の複製原画も購入しているので、並べてニヤニヤしたいと思いまっす!
ではでは、今日はこのへんで~


別窓 | 絵関係 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
LOVE×Radio 100回コンプリートUSB

2017-03-17 Fri 15:10Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
届きましたよゆいにゃんのラジオが100回分入ったUSBが!!

170317_02.png

いや~出すって言ってからかなり時間が経ちましたが無事出たようで何よりです!

自分はラジオ50回ちょいぐらいから聞き始めた勢なんで、
結構聞いていない回があるんですよね~
CD等で入手出来る範囲でガチで最初の方あたりは聞いていますが、
それでもカバーできていないところ多いですからね、うん。

というわけで、全部聞き直すとかな~り時間がかかりますが、
ちょこちょこ聞いていこうと思いまっす!

別窓 | 購入物(ゲーム、CDなど) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
佐倉城行ってきた

2017-03-17 Fri 15:06Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
2017年3城目は千葉県の佐倉城に行ってきました。

170317_00.png

2年ちょい前に名前がややこしい本佐倉城には行って以来、
千葉のこっちの方はあまり来ていませんでしたらね~

それはいいとして最寄りは京成佐倉です。

170317_03.png

駅から佐倉城跡までは歩いて10分ぐらいかな?
駅おりて最初の大通りをずっと西に進むだけで看板が見えてくるので迷う要素はないでしょう。

170317_04.png

佐倉は城下町と有名らしいですが自分は全然知りませんでしたわ(無知)
ってかここ100名城でもあるんでそれなりに有名っぽいです。

んで、佐倉城は土井利勝 により築城&完成したらしく、
年代的には関ヶ原以降ってこともあり、有名な戦いの場になったお城ではありません。
江戸時代の要職に付く人が多く入城したってことで有名、
かつ城下町として発展していったという経緯っぽいですね。
そんなわけで自分の好きな時代よりは後の話なんであまり知らないわけです。
では、城の写真はっていきつつ感想書いていきましょう。

170317_05.png

まずは1番最初に見えてくるのはこちらの堀。
あまり堀の幅があるわけでもなく、壮大な堀!とは言えませんが、
パッと見で見える形は整えられております。
また対岸の土塁が見られるように佐倉城は石垣がなく、土塁のお城として有名だとか。
ただまぁ、ここに限らず全体的に言えることなんですが、
佐倉城はやたら小奇麗に人の手で整理されたお城なんですよ。
別に手を欠片も入れるな!とは思わないんですが、なんと言いますかそれっぽさというか、
もうちょい自然な形で見せてほしいなーとも思ったりしました。

170317_06.png

大通りから佐倉城方面に曲がる道にあり、田町門跡・愛宕坂と呼ばれていた場所。
城下町から城内への門で、門の裏手にあったそうな。
なお、今では佐倉城への入り口と言うよりは、その横にある歴博の入り口という感じでした。

170317_08.png

先程の述べた歴博……正式名称”国立歴史民族博物館”の案内看板。
歴博の案内看板ですが、主に佐倉城のことがのっているので軽く目を通しましょう。
写真上の地図、真ん中より上くらいからが佐倉城の城内に相当するみたいです。
ちなみにここら一体が城址公園となっていますが、
実際に入った感じあまり公園って感じはしなかったかな?


170317_09.png

先程の田町門からの道。
右奥に見えるでかい建物は歴博のもの。
またパッと見で分かる通り完全に整備されているので、城らしさは皆無です。

170317_10.png

パッと見だと少々わかりづらいかもですが、めっちゃでかいですこれ。
しかもぶっちゃけ、佐倉城跡みるよりもかな~~~り見応えがあります。
大きく6つの時代に分かれており、地方の博物館って感じではなく、
歴史全般について説明するめっちゃすごい博物館です。
自分は興味ある時代2つほどはちゃんと見て、
後は流し見でしたがそれでも2時間ほどかかりましたから、
全部見ようとするとかなり楽しめると思いますよ。
そんなわけでこの記事の趣旨からは外れますが、佐倉の歴博はおすすめ。

170317_11.png

おそらく佐倉城で検索と出てくると思われる一景、馬出し空堀です。
こちらむっさきれいですが、それもそのはずで、
埋め立てられていたものを発掘調査を元に復元したものです。
ただ深さはやや浅めになっているようです。

170317_12.png

先程の馬出しを少々奥に進むとニの丸エリアとなります。
見たとおりだだっ広いわりに、これと言った建物跡とか公園らしい何かがあるわけでもなく、
ちょっと閑散としているな~という感じ。

170317_13.png

唯一城跡らしく残っているものはこちら礎石。
建物とかの土台的な感じで基礎となるやつですね。まぁ詳しくは知らないんですがw

170317_14.png

個人的に佐倉城で一番見どころあるなっと思ったのはこちら。
二の丸~本丸付近にある空堀。
こちらは馬出しの空堀と違いかなりの幅と深さを備えており、おぉ~と思いました。
パッと見こっちは復元にも見えないし、見ごたえあると思うのに、
こっちは全然案内とかされていないんですよね。なんでやろ?

170317_15.png

天守台。
ここら一体もやはり整備されておりやたら小奇麗になっておりましたが、
一応ここが天守台跡っぽいです。
たしかに場所的にも見た目にもそれっぽいんですが、なんかこう風情がない感じでした。


以上、今回はかな~り軽めでしたが佐倉城でした。

写真には載せませんでしたが、一応ちゃんとまわると他にも馬出しあったり、
門跡はあるんでここでのっけた以上には見るものあります。

ただまぁ、途中で寄った歴博が良すぎるのと、
思った以上に手が入っていたり見どころあるものが少なくて佐倉城は微妙でしたね。

別窓 | お城めぐり | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
みんな捧げちゃう! レビュー

2017-03-16 Thu 19:23Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
ちょいと前の作品になりますが、
ぱれっとでここのラインやってなかったのでちょいと触れてみました。



概要

タイトル:みんな捧げちゃう!
メーカー:ぱれっと
公式ページ:http://palette.clearrave.co.jp/product/sasage/index.html

170316_01.jpg

ジャンル:みんなに捧げられちゃうAVG
シナリオ:たにかわたかみ、がのす
原画:たまひよ
SD原画:橘すりむ
音楽:BURTON

歌:1曲
 届け、恋の祈り(片霧烈火)
CG:88枚(差分除く)
BGM:22曲
Hシーン:44シーン
プレイ時間:6時間

俺、沢木健太。市立中連雀学園の二年生。
所属部はオカルト研究会ことオカ件だけど、どこにでもいるごくフツーの青少年のつもり。

近所に住む、幼なじみで腐れ縁の和奏。
和奏の従妹でかわいい妹って感じの望ちゃん。
明るくて元気のいいオカ研の後輩、睦ちゃん。
おとなしいけどしっかり者のオカ研仲間、五条さん。
破天荒が服を着て歩いているようなオカ研の部長、風早先輩。

それなりに個性的なメンツに囲まれて、それなりに賑やかな日々を送ってきた。
平和で平凡でありふれた、でもけっして退屈なわけじゃない。
まあまあ幸せかなって自分でも思う人生だ。
そんな俺が――ある日、夢を見た。

ぜんぜん知らない女の子が裸で出てきて……当然、セックスする夢。
それだけだったら、まあ思春期の男ならめずらしくもないような話だ。

でも……次の日、その子が自分のクラスに転入してきたら、どう思う――?

公式ページSTORYより引用


シナリオ


エロが全てです。

はい。公式ページでHCG90%以上と謳っているところから察すれますように
本作はひたすらエッチしてなんぼってシナリオです。
要は都合良く可愛いことやりまくるぜー的な感じ。
そんなわけでややこしい手順だとか、恋人としてイチャコラ的なもんだとか、
同じ人好きになって~の面倒臭い人間模様とかはありません。
いや、ちょい嫉妬ぐらいならあるけど、
まーあれはエッチをよく見せる上でのフレーバー程度なんで軽めです。
というわけで、3Pとか野外とか色々楽しめればおk。



キャラクター

シナリオ感想で書いたように本作やってなんぼの作品なんで、
あんまりややこしい&深い人物設定はありません。
というわけで、わざわざ全員感想書くほどじゃないんで、
個人的お気に入りどこだけ感想書いとく。

但野 和奏



ビックリするくらい都合の良い幼馴染

主人公の幼馴染勝手知ったるやり取りや、気兼ねない感じが良い。
更には世話焼き属性も完備しており、性欲のお世話もしてくれるとさ。っておいw
まぁ、そんなこんなで主人公とはまんざらでもない様子で体を重ねるわけですが、
別に執着もしておらず、主人公が他の子とやっても全然オッケー、嫉妬なんてしないし、
なんなら私もまざってあげようか?っというノリのなんとも都合の良い幼馴染。
聡い上にボディスペックもなかなか良いので文句のつけようがないですね。
というわけで本作内では個人的に一番お気に入りどころ。
うん、都合のいい子は好きですよ。



風早 音葉



Hにハマるトラブルメーカー

オカ研の部長で先輩ということもあり、
かっちり型にはまった暴走気質あり、好奇心旺盛、不思議大好きっ子。
先輩属性も備わっているのでちっこい見た目と裏腹に周りをグイグイ引っ張っていきます。
そんな好奇心旺盛な彼女は、色々あってHが必要な状況にも好奇心から飛びつき、
なんやかんやHにズブズブはまっていきます。
後はからかい気質が在るせいか、3Pあたり一番楽しんでいたのこの子じゃね?
というわけで、こんなところでも場を盛り上げる部長GJ!





CG&立ち絵

CGの量はぼちぼち、そして謳い文句で言っていたようにほっとんどがHCG。
塗りとかは甘いので、艶めかしい感じはあまりしませんが、
それなりにシチュエーションあるし、3Pとか多いのはいいんではないだろうか、うん。

個人的好みを言えば、抱き合ったり後ろからだったりで全体が見えるのが
少なかったのはやや微妙だったかな?
でもまぁ、狙ったとこはいけていたと思うし、特筆して良くはないが悪くもないかと。



音楽&映像

音楽関係は全体的にボリュームすくなめ。
うん、このゲームで狙っているところここじゃないもんな。
というわけで、ここらへんに関しては潔かったし特に不満はないかなー



その他

特になし



まとめ

エロシーン補充したければどぞ

ってところですかね?
好みの子orCVがあって軽い気分転換でプレイするぐらいが吉


別窓 | ゲームレビュー 企業 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
月曜の夜だから…。 レポート

2017-03-15 Wed 23:24Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
3月ゆいにゃんイベントないなーっと思っていたらまさかの当日告知!!!
うん、知っている。
ゆいにゃんはたまにこういったサプライズがあるから油断できないのだと……


しかし!!


去年は前日告知で参加できませんでしたが、
今回は仕事場から近かったことと残業時間制限のため無事参戦できました!やったぜ!

とまぁ、そんな話は置いといて、改めまして行ってきました。
”月曜の夜だから…。 ”のゲスト会の観覧に。
こちらの番組は鈴木裕斗さんと、武石あゆ実さん……
そう!みぃなさんが出ている番組なんですね。

ちなみはこの日は相方が欠席しており、
助っ人として現れたのはジョイまっくす!
ぐっと知った面子のラジオになりましたw

んで、実際のところこのラジオ聞いたのはこの日が初めてだったわけですが、
基本アニメ関係を紹介しつつも、結構普通のテイストが強いラジオだったかな?
まぁ、ここらへんは自分がゲームタイアップとかそこらへんばっか聞いているせいかなw

というわけで内容としては”私の救世主”、”きれい好きなこと”
その他もろもろかな~り広い範囲で雑多なことを話していた印象でした。
また、こういった外から中が見えるラジオ収録みたいなのにきたの
すっげーひさびさだったし色々面白かったですね。

そうそう、話は変わってこのスタジオ外からは聞くことができないんですよね。
そんなわけでラジオ必須なわけですが、告知が当日だったわけでラジオを用意できず、
スマホで代用しようとしたらラグがひどいのなんの……

これはきついなーと思ってスタジオ前でよくよく耳を済ますと、
スタジオと同じペースで(要はラグなく)声が聞こえるじゃありませんか!!
どこから?と思ってよくよく見てみたら、
真ん中中央にいるお姉さんがラジオ持ってきて音量大きめで流していたみたい。


おぉ~!!すばらしい!!


当然自分が聞くために持ってきたのだとは思いますが
そのおこぼれてに預からせてて頂きました。
というわけでこの日の我々の救世主はラジオを持ってきていたお姉さんです!
どうもありがとうございました!!

うん、まぁ自己満足ですが、お礼を述べておこうかと思いまして。
ではでは、軽くでしたがイベントレポでした。



別窓 | イベントレポート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

| 黒兎月ですよっと | NEXT