黒兎月ですよっと
 
キミの瞳にヒットミー レビュー

2017-02-20 Mon 01:27Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
今年はぼちぼち新作エロゲプレイしていこーってことで2月はヒットミーをプレイですよっと。



概要

タイトル:キミの瞳にヒットミー
メーカー:戯画
公式ページ:http://products.web-giga.com/hitme/

170220_01.jpg


ジャンル:「やりたいこと」にひたむきな彼女と恋をするADV
シナリオ:えじむら、陸奥竜介、日景野もぐら、玲
原画:ねこにゃん、ひさまくまこ、倉澤もこ、FEC(SD、サブ)
音楽:大川茂伸、新井健史、Gravity musik

歌:2曲
 いますぐHit me!  (上間江望)
 星屑プラネタリウム (上間江望)
CG:74枚(差分除く)
SDCG:7枚(差分除く)
BGM:23曲
Hシーン:18シーン
プレイ時間:8時間(瞳、つばさルートのみ)

伝統ある文芸部は廃部の危機にあった。
部員はいまや主人公一人だけ。
部員獲得のタイムリミットが近づいたその日の放課後、
主人公は生徒会長から廃部回避の提案を受ける。

”詳細は、部室にいけば分かるわよ”

生徒会長の言葉の通りに部室へ行くと、そこには4人の入部希望者が!
と、思いきや4人の少女たちは、それぞれに部活の設立を宣言する。
それは、正式な部としての条件を満たさないはぐれ部だった。

お笑い部
素敵発見部
世界征服部
青春部

彼女たちは、文芸部が退いた後の部室を狙って集まったのだ。
生徒会長からの廃部回避の提案は、このはぐれ者たちをまとめあげること。

彼女たちを文芸部としてまとめあげることができるのか、
それとも部を乗っ取られてしまうのか。

やりたいことにひたむきな彼女たちとの
部室シェア生活が始まる。


公式ページストーリーより引用


シナリオ


前半は独特なコミカルが○、後半はよくあるエロゲ

本作は学園モノ……ってとこまではよくパターンですが、
主人公&ヒロインが所属するのがシェア部というなかなかに変わり種なのがポイント。
端的に言ってしまえば、部活したいけど同士がいないはぐれ者を寄せ集めた部活。

当初は皆がやりたいことがバラバラだったり、各人が思いを好き勝手主張したり、
それでも妥協点を見つけていこうとするわちゃわちゃするドタバタ劇が映えます。
中でもお笑い部を主張する瞳と世界征服部を主張するつばさは自己主張が飛び抜けて高く、
悪意はないんだけど、思いゆえに引っ掻き回す感じが見ていてなかなかコミカルでした。

ただ、当初はお互いへの理解がないゆえに自己主張と衝突が激しいわけですが、
基本は良い子ちゃん勢なので、後半になるとわりとスムーズに妥協点を見つけたり、
やりたいことへの折り合いはつけつつも、基本中の良いサークルメンバー的なノリになります。
面白いことがあったらのるけど、
やりたいことや目指すものは完全に一致しているわけではないので、
一丸となったり、熱い展開になったりはしないと言った感じでしょうか?
まぁ、学園祭とかある程度の出し物にむけてーのノリはありますが、
大会とかではなく学園祭ってところなので、熱さのレベルはそんな高くないですからね。

とまぁ、そんなわけで後半はわりと落ち着く方向に行きつつ、個別ルートに入るわけなんで、
ヒロインとはイチャイチャしつつマイペースに部活も楽しむって流れになります。
また、よくあるエロゲ同様、他ヒロインの登場頻度もガクッと下がりますので、
シェア部だからこそ……寄せ集めの面子がいるからこそのドタバタ的という
本作における長所がわりと消されているなーというのが残念なところかな?

そんなわけで後半は結局のところキャラの強さが全てってところになるので、
良いか悪いかは気にいるキャラがいるかどうかが全てでしょう。

シナリオ面ではこんなこんなもんかな~
とにかく共通とかまでの範囲では、瞳とつばさあってこそという感じでした。
(だからこの2人のルートはプレイした)



キャラクター

いつも通りヒロインについてサクサクッと感想を書いてみる。

日向 瞳



本作で一番!

超絶個人主観な感想から入りましたが嘘偽りない感想です。
まぁ、上記はCV補正有りきってところもなきにしもあらずですが、
真面目な話でいうと彼女だけが明確な同士を必要としているところがポイントかと。

ポエム読みたい詩菜は一人でもいけますし、
つばさは人助けとかできてればOK、
みこは青春っぽいこと(仲間でわいわい)ならクラスでもいけるじゃん、
っというふうに正直他面子は部活である必然性を感じません。
一方、瞳はボケとツッコミがある以上、少なくとも相方を必要としますし、
明確にお笑いをやる理由にして目標もあるため、活動に真面目に取り組んでいます。
それ故に自由気ままに振る舞う面子に真っ向から意見言ったり、
当初は衝突したりと、本作品当初のドタバタ劇がうまく生まれたな~と思うためですね。

後はなんと言っても瞳自身のコントとかが面白いですね。
冷静考えれば中の人は演者とは言え、お笑い慣れしれているわけではないのに、
うま~く演技されていたと想います。砂羽ちゃんマジGJ!

後はちょいちょいへっぽこな可愛らしさと、
なんだかんだ良妻賢母な雰囲気を出しているとかが良いね。



旗谷 詩菜



シェア部の良心

瞳&つばさは言わずもがな、みこすらちょいちょい主張するのにかかわらず、
純真な感性と争いや諍いを好まない心根から、一歩引いてシェア部を見守る少女。
後は端的に言ってマスコットキャラ的なポジションもゲットしております。

……というか振り返ってみると共通で上以外の印象あまりにもないなー
劇とかの主軸は瞳とつばさだったし、合宿でモチベを見せたのはみこと先生だったしね。
ただまぁ、癒し系としては活躍していたと思うよ、うん。



黒瀬 つばさ



本作のひっかきまわし役

瞳と並んで本作で必要なキャラその2。
端的に言って厨二病キャラなんで、まわりをにぎやかしーの無駄に自己主張しーので、
まとまりないシェア部をかき乱していく……んだけど、
それが逆に一定の方向性を与えているところもあったりするんですよね。
学園祭の劇とかが最もたる例ですね。

ただ、上でも書いたようにキャラとして厨二全開的なノリなんで、
あの変わったノリが受け入れられるかどうかが重要なわけですが……
僕的にはびみょーっすね。
個別ルートで悪い子ではないのわかるんですがね、うん。
そんなわけで、物語上は必要だけどヒロインとしてはいまいちってところ。


塚端 みこ



味がないのが味

ヒロイン勢の中では唯一良識派のキャラ。
青春……恋愛やらみんなで一丸となって何かやることにちょいお熱なところはありますが、
それ以外は他面子と異なり常識を完備しているため、
主にツッコミ担当&振り回され役をやらされることに……

がしかし、逆に言えばあくが強いキャラを求めず、
手頃というか妥当なラインで安定したイチャイチャがしたいなら良いキャラかと。
ただ、ぶっちゃけこの手のキャラはそんな人気でないかと。
自分もそんな好みじゃなかったです、はい。




CG&立ち絵

大雑把な比率としては1/3日常系CG、2/3H系CGと言ったところで、
全体量が少ないこともあって、日常系のCGで映えるものはほとんどなかったかな~

原画さんは複数人いるみたいだけど(誰がどれ書いているのかわかっていないけど)、
方向性揃えられていて丸みのある、ちょい肉づきいい系な感じでしたね。

全体的な感想としては可愛さはなかなか良いけど、
エロさはいまいちってところだったかな~
そんなわけでかわいいキャラを見る分には○。




音楽&映像

ここらへんは質・量ともにあたりさわりない感じかな~っと。
曲調としてはあまり尖ったものがなく、雰囲気路線やシリアス系なしの、
学園モノに合いそうポップなものが多かったかと思われます。
ボーカル曲も概ねそんな感じ。





その他


追加エピソードあり

初回版には追加エピソードのDLシリアルついているっていうあれ。
1エピソードで1Hシーン追加ぐらいのレベルの内容ですね。



まとめ


瞳のいいキャラ見ようぜ!

結局のところは気にいるキャラがいるかどうか次第ですが、
僕的には上の感想が全てでした。
あれはいい砂羽ちゃんでしたね、うん。

別窓 | ゲームレビュー 企業 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
明石城行ってきた

2017-02-12 Sun 10:03Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
2017年2城目は関西のイベント行きがてらに明石城に行ってきました。

170207_00.png

本当は別のお城にいこうと思っていたんですが、
午後からのイベントに間に合わなさそうなのでアクセスの良いここにした次第。
そんなわけでわりと事前調べなしで行ってきた感じです。

170207_01.png

最寄り駅は名前の通り、明石駅になります。
駅のホームから城のエリア一帯が見える激近な距離にあるので大変行きやすいです。

170207_03.png

さて、駅を降りると本当に目と鼻の先に明石城……兵庫県立明石公園があります。
公園と言っていますが、二の丸~本丸あたりはそれなりに残っており、
各曲輪の中、そして石垣の周囲には公園としての設備が整えられた形になります。
また、スタジアムとか球場もあったりとかな~り大規模な公園となっております。

170207_04.png

ちなみに駅の路線と並行してある堀はこんな感じ。
結構広いですが、ちゃんとあるのはこの一辺くらいで他は道路沿いとかになるみたい。

170207_05.png

こちらは正面入口の様子。
結構な道幅があり、入り口の虎口の規模からも言ってなかなかに規模がでかい感じがします。

170207_06.png

入り口付近にある全体マップ。
石垣などが残って城らしさを持っているのは全体の1/5程度ってところでしょうか?
しかし入り口の堀や虎口が先程あったということは、
あそこから本丸までの一体もお城の一部だったのでしょう。

170207_07.png

んで、公園入っての様子はこんな感じ。
もうひたすらにだだっぴろい広場と言った感じ。
基本的にはグランドなどを除けばこんな感じで遊具や花壇とかがあるわけでなく、
子供とか遊び回れるような公園になっています。
結構ピクニック的なことをしている小さな子ども連れの家族が多かったです。

170207_08.png

こちら武蔵の庭園とよばれるエリアの入り口。
なんでも武蔵がいたとかなんとかで、それにまつわる庭園らしさを出している模様。
ちゃんと説明読まなかったのでうろ覚え。

170207_09.png

本丸の公園内から見上げた様子。
明石城でメジャーなアングルというか写真もこんな感じだと思います。

170207_10.png

先程の写真でわかるように本丸までは結構な高さがあります。
こちらは上にのぼる階段の一つなのですが、立派な石垣に囲まれており、
かな~り豪勢な門もあったんだろうなと予想。

170207_11.png

下から見上げた写真だけだとわかりづらかったと思いますが、
下から上まで石垣で断崖になっているわけではなく、
途中でこの写真のように段差を挟んでいるようでした。

170207_12.png

こちらは上に登っての二ノ丸ですね。
周囲の石垣は素晴らしいですが、
上に昇ってみるとあまり城跡らしいものがガッツリ残っているわけではなく、
よくある城跡を公園にしたような景観になります。

170207_13.png

各曲輪の間にはこのように他同様しっかりした石垣が佇んでいます。

170207_15.png

登ってきたとこ以外の昇り降りできるところ。
何箇所かありますが、詳細はマップを参照してみてください。

170207_16.png
170207_19.png

明石城の本丸隅にある2つの櫓。
中に入ったりはできなかったので、外からの様子を取っただけですね。

170207_20.png

同じ本丸にある天守台後。
これだけ立派なお城の割には意外と天守台は簡素だったかな?っという気もする。
まぁ、他がやたら豪勢すぎるってのもあると思いますが。

170207_21.png

本丸南の上り降り口。

以上、明石城でした~

石高のわりにはやたら金満臭のするお城だな~という感じでしたが、
行った後に調べてみたら色々納得でした(ここでは端折りますが)。
駅からも近くなかなか立派で良い感じですが、
資料類が見れなかったのは唯一心残りかな?

最後にちょっと話は変わりますが、明石ってことで食った明石焼きの写真をアップ!

170207_02.png
今中

170207_22.png
あかし多幸

量が多くて2件しかまわれなかったが、安くてボリューム満点でGoodです。
上の2つなら今中が僕的にはおすすめですね~

ではでは、今回はこのへんで。


別窓 | お城めぐり | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
唐沢山城行ってきた

2017-02-05 Sun 21:39Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
2017年1城目ってことで栃木県にある唐沢山城に行ってきました。

170205_00.png

唐沢山城は関東七名城の一つで、佐野市の北側の唐沢山一体の作られた山城で、
佐野氏の拠点となった城、そして唐沢山の戦いで有名な城ですね。
謙信を幾度と撃退したそうな。
後は、関東にしては珍しく石垣が多いってことで、
前々から行ってみたいお城の一つだったわけなんで、暇な土日を見つけて行った次第です。

170205_01.png

最寄りは田沼駅。
東武佐野線のひとつなんですが、この線は非常に本数が少ないです。
1時間に1,2本ってところで、タイミングは見計らっていく必要があります。

170205_02.png

田沼駅から唐沢山城までは少々距離があります。
山の入り口までは20分くらい歩く必要があるわけですが、道は1本で行けるので非常に楽です。
駅降りて南手側の線路を渡り、後はひたすらまっすぐ進むだけ。
途中の道ではコンビニも1件あったので、
軽い山上りまえに何か必要な準備があればしておくのがベストでしょう。

170205_03.png

山の入口はこんな感じ。
左に鳥居があって進めるっぽいですが、
こちらは東京農工大の施設につながるらしいので、道路沿いに歩く必要があります。
なお、歩道がちゃんとあるわけじゃないので、歩いていく場合はちょいと注意しながら行きましょう。
とは言えそんな交通量は多くないと思いますが。


170205_04.png

城の入り口まではこんな感じの道を行きます。
上記で書いたように歩いていく場合はご注意を。

170205_05.png

少々登るとこんな旗とか刺さっている駐車場が見えてきます。
この駐車場の奥の方に城の入り口となるところがあるので、奥に進みましょう。

170205_06.png

唐沢山で検索するとよく出てくる写真の場所にして、
唐沢山県立自然公園の入り口となるのがこちら。
公園と名はついていますが、あまり公園要素はなく城跡に神社がある程度です。

後は写真に見える大きな石がここが国指定の史跡であることを表す石碑、
奥に見える入り口が食い違い虎口になります。

170205_07.png

入り口にある唐沢山について説明する看板。

170205_08.png

虎口はいってすぐ右手に見える天狗岩。
見ての通り上に登れるようになっており、
周囲を見張る役割を果たしていたと言われているそうな。

170205_09.png

入り口入った後の武者詰にある看板。
親切なことに城のメインとなる三の丸以降だけでなく、
各方位から山頂を目指す経路やその途中にある堀などの情報も網羅されており、
唐沢山を巡る上では非常に役に立つ情報です。
写真かなんかに収め、これを見ながら回ることをおすすめします。

170205_10.png

虎口などがあった西城と呼ばれるエリアから、
帯曲輪(三の丸)方面を向いてとった写真。
城跡が神社になっているということもあり、主要な道はこのように完全に整備されています。
なので、三の丸付近だけをめぐるのであれば、
茂みっぽい道に入ることもなく気軽に回ることができます。

170205_11.png

こちらは上記でも書いた西城と帯曲輪方面を分ける堀で、四つ目堀と呼ばれているらしい。
先程のように道は完全に整備されてしまっていますが、
このような堀や後ほどでる石垣などはかな~りしっかり遺構が残っているのが
唐沢山城のいいところですね。
おかげで全体的なつくりが非常に理解しやすいです。

170205_12.png

西城エリアにある大炊の井と呼ばれる井戸。
丘の上から見下ろす形でとったものですが、パッと見で大きいのが感じ取れると思います。
大きさ直径8m、深さ9mで枯れたことがないと言われ、水源として非常に優秀だそうな。
お城に井戸があることは多々ありますが、
この手の大きさものが入り口付近にどーんとあるのは珍しいですね。

170205_13.png

四つ目堀を超えて一番最初のエリアの曲輪。
地図上は帯曲輪の一段下になっておりますが、ここも帯曲輪の一部なのかな?
結構の広さを持ち、上下にもそれなりの高さを誇っていました。

170205_14.png

んで、こちらが帯曲輪。
かな~り広いですが、跡地としては完全に整備されているのが見て取れますので、
前にどんなものがあったとかはさすがにわかりませんね。

170205_15.png

帯曲輪から二の丸を見上げた写真。
絶壁というほどの傾斜はありませんが、結構な高さが見て取れます。
パッと見普通に登れそうだし、昔はもっと崖になっていたのかな?

170205_16.png

先程の写真左奥に上にのぼる階段があります。
崖を登ろうとせず、無理せずこちらから回ってくださいw

170205_17.png

二の丸入り口の石垣。
それなりな高さなとこまで来ましたが、ガッツリ石垣が残っているのが見られます。
ここまで石垣がしっかり残っているのが見られる山城は、
まだあまり見たことがないので、おぉ~という感嘆がもれますね。

170205_18.png

二の丸にまだ入らず後ろの、北東方向に下ったエリア。
土屋敷跡となっていますが、帯曲輪と同じ程度の広さがあるエリアでした。

170205_19.png

道を戻って二の丸になります。
なんか駐車場になっていてパッと見それらしさはありませんが、
他曲輪との高低差や入り口の限定具合などを見ると
しっかり役割果たせているのが感じられました。

170205_20.png

二の丸から本丸を見上げた写真。
鳥居が見えるように神社の参拝口って感じですね。
なお、見てわかるとおりここにも石垣が残っています。

170205_21.png

本丸登って下をみた写真。
中央右手が二の丸に続く南手側の入り口です。
結構な高低差があり、かなり視界が開けた状態で見下ろせるのがわかると思います。

170205_22.png

本丸にある神社。
いちおうお参りはしてきましたよっと。
そして何気にこれが今年の初詣でしたわ

170205_23.png

本丸の南側の出口から本丸方面を向いて取った写真。
ここら一体は南局跡と呼ばれ、奥御殿があったそうな。

170205_24.png

さらに南側からもう一弾降りると社務所があります。
お守りとか買いたい人はここでどうぞ。

170205_25.png

こちらは社務所あたりから西側にちょっとすすんで、
南局跡の西側から二の丸に進むルート。
このような道が所々ありますが、
さきほどのっけた上から見下ろした写真のように基本上にある曲輪からは
見下されるような位置にあります。

170205_26.png

城の大手道で、今まで登ってきた帯曲輪~本丸の南側にある道。
最初のに示した四つ目堀をまーすぐすすむとこの道になります。

170205_28.png

大手道を更に一段降りたところにある道。
見ての通り、この道をを進むと整備されていない山道に進みます。

170205_29.png
170205_30.png

後はこんな感じの道が続いていますが、見どころが多いわけではないので、
隅々まで見たいぜーな人以外は大手道付近までで留めておくのが吉。
自分は山降りきったとこまで行きましたが、正直あまり大した成果はありませんでしたw

170205_32.png

大手道から本丸の東側を北に進む道。
写真だと小さいですが途中に井戸があるのが見受けられます。

170205_34.png

本丸北東にある各曲輪色々。
地図は色々のっていたので実際行ってみましたが、
それらしい後はあるもののキャンプ地跡になっていたり、
ちょっとした小屋がたっていたりとあまり見る価値はないかなーと言う感じでした。

170205_36.png

そうそう、高石垣の写真のっけていないの思い出したんで最後に写真のっけておく。
こちらも唐沢山で検索するとよく見られる写真の場所ですので、
是非実物を探してみてください。


以上、新年1発目のお城巡りでした。
唐沢山城はなかなかよかったですよ~

別窓 | お城めぐり | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
「キミの瞳にヒットミー」&「リアルエロゲシチュエーション」 合同発売記念トーク&ライブイベント レポート

2017-02-05 Sun 20:08Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
1/27に開催されたヒットミー含む合同発売記念イベントに行ってきましたんで、
サクッとですがイベント感想書いてみようかと思います。

内容的には発売日のイベントってこともあって、
おすすめの攻略順だとか、このヒロインはここが良い!的な感じの話をディレクター陣が行い、
アーティスト陣はそれぞれの曲に関する感想をって感じですね。

んで、もうちょいつっこんで内容言うと、
リアエロの方は名前からもわかるとおりエロがウリってことで、
ヒロイン勢のエロい子順だとか、こんな性癖ならこの順だとかを言ってましたね。
一方、ヒットミーはあんまり珍しいことは言ってなかったイメージかな?
タイトル的なことは話していたけど、あとはありがちはここが可愛いとかの話を
つらつら~と話していた程度だと思う。たぶん。

後はアーティスト陣の話ですが、
自分はまったく全然知らない人ばっかだなーっと思ったら、
こういうの歌うの初めてだーって話をしている人もおり、そりゃーそうだって感じでしたw
後はイベント券配布をソフマでしていたこともあり、
その時の話やらコスプレの話もあった感じでしたね。

そうそう、上間さんってかたは声優もされているそうでした(無知)
ちなみにこの後ライブもあったわけですが、
もろもろ含めて上間さんが一番よかったかな~という感想でした。

以上、あんまつっこんだ内容書いていませんがヒットー&リアエロ発売記念イベントレポでした。

あ、瞳のキャラソンCDはちゃんともらえました(これが目的)

別窓 | イベントレポート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
2017年1月下旬購入物

2017-02-05 Sun 18:52Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
今年一発目の新作エロゲ購入。

170205_37.png

シルヴァリオ トリニティとヒットミーですね、はい。
去年は新作を買わず旧作やるの多かったけど、
今年の目標の一つにそれなりに新作もやるっての追加しようかなーと思ったんで、
ちょこちょこ購入していこうと思います。
せめて月1ぐらいは頑張ろうと思う。

んで、前者は1月で一番楽しみなトリニティ。
まぁ、lightですし世界観引き継ぎって部分もあるので、ほぼほぼあたりは確実でしょう。
後者はまぁノリと気分で購入。人気声優でもよかったんだけどね、なんとなくこっちにした。

以上、新年一発目の購入でした。

別窓 | 購入物(ゲーム、CDなど) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

| 黒兎月ですよっと | NEXT