FC2ブログ
黒兎月ですよっと
 
『Ballade★LOVE×Live2020』&『Happy★LOVE×Live2019~Again2020~』 レポート

2020-02-19 Wed 23:45Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
FES様イベント除けば、今年初のゆいにゃんご本人としてのイベント
『Ballade★LOVE×Live2020』&『Happy★LOVE×Live2019~Again2020~』に
参加してきました!開催日は2/8で場所はいつもの初台です。

それぞれまったく別の公演内容ですが、
同日開催ということもありまとめて感想は書いていきます。


Ballade★LOVE×Live2020
01:ひとなつの
02:I don't wanna forget
03:Spell
04:晴れのち曇り、時々雨
05:I remembers
06:風花雪月
07:VOICE
08:いとしいきもち
09:君のままで
10:Believe
11:think of...
12:Blue eyes
13:Just I wish
14:feel
15:ONEDAY
16:真珠のうた
17:Home

Happy★LOVE×Live2019~Again2020
前ナレ:野沢雅子さんのモノマネなアイデンティティー田島さん※2019年時のそのまま
01:Love☆Emotion
02:キミチズ
03:Shining saver
04:にゃんだふる!
05:Happy Birthday!
06:blow a kiss
07:Love☆Jet!
08:ワンダー・リブレット
09:Traveling
10:雷火來夜
11:紅の光暁
12:燎火のフォルトゥナ
13:或る少女の物語
14:煌めき一閃
15:アイノウタ
16:Kadenz
17:Einsatz~zugabe~
18:Happy blossom!
19:Beautiful day
20:完璧な世界
21:Eternal Destiny
22:片翼のイカロス
23:Shiny
《シークレットゲスト:ベジータ&カイジ&安西先生の漫才!※ただし映像》
-アンコール-
24:青空アドベンチャー
25:はぴでい♪
26:STAR LEGEND
27:message!


まずはBallade★LOVE×Live2020の感想!
前からやろうやろうと言われておりついに開催されたバラードライブ!
EDも多数歌っているゆいにゃんは持ち曲として結構な曲数を持っていますが、
如何せんライブ映えするあげあげ↑↑な曲が多いのが常。
1曲もバラードない!みたいなこともあったりしますからね~
んじゃ、いっそのことバラードOnlyやるか!って思いで開催されたのが今回のライブです。

開催前はあまり聞いたことないのが多めになるかな~と思っていたんですが、
いざ開催していると、”お、聞き覚えあるやん”みたいなのが多いこと多いこと。
うん、実は結構ライブで歌っているんだなと今更ながらに実感しましたw
とはいえ初お披露目のものあるのはさすがのチョイですよね。
では、ピックアップどころの個別感想書いていきます。


Spell


個人的には始めて生で聞いた”Spell”
2007年のゲームの曲だっから結構古い。
まぁ、ゆいにゃんの曲の中でもっと古いのたくさんありますがw

曲としてはバラード曲の中ではやや力強さがあって、
今日の曲なかでは自己主張強めのほうかな~とは思います。
セットリスト的には早めなところで差し込まれたんですが、
いい曲順で入ったな~というのが印象的でしたね。
バラードOnlyだから緩急つけるの難しいですしw



君のままで


本日初お披露目曲でおとぼく2より”君のままで”。
ゆいにゃんの声がややロリよりの声のちょっと珍しいバラ―ド曲。
ゲームの女学院を意識してかどこか厳かな雰囲気をかもし出しつつも、
ゆったり硬すぎずな塩梅をいく曲。

おとぼく無印の”いとしいきもち”はよく歌われるけどこっちは機会なかったですからね~
個人的にはこっちの曲のほうがバラードとして好きなので( ´∀`)bグッ!
まぁ、作品補正もあるかもしれない←1より2が好き、でも3のほうがもっと好き(おい)


feel


Imitation LoversのED曲より”feel”。
自分はこれもイベントで聞いたのは初……のはずです。
だって冷静に考えりゃー14年くらい前の曲ですからね~
……まじかよw

んで、感じの曲はというとひじょ~~にゆったりした曲調で、
ゲームの内容とはガラッとかわってめっちゃ透き通ったようにきれいな曲です。
まさにTheバラードという感じがするし、
この日の中では一番グッとひこまれた曲ですね!



なお、歌以外の面からのイベント感想として印象的だったのは、
ゆいにゃんがこのライブは”ストレス”と仰っていたことですね~……ストレスってw
まぁ、普段あんだけ動き回っているので、
ふりきって動けないことにもどかしさを感じるって意味みたいでした。
ステージには一応イスもあったんですが、
3曲ぐらい目にはもう立っており使われていなかったですからねw。
ぶっちゃけ自分もテンションあげあげ系のほうが
め~~~~っさ好きなんで気持ちは分かりますw。

そんな色々な感想もありますが、
個人的にコンセプトライブはある一定のジャンル分けされた曲をガッツリ聞けるので好きです。
これはマジ。
生で聞き比べってそうそうできるものではないからね~
というわけでバラードライブ堪能しました!!





お次にHappy★LOVE×Live2019~Again2020~の感想。
Againと名がついている通りこちらは10月のバースデーライブまんまのセットリストでもう一度!
という内容になっております。
あの台風で来れない人そこそこいたみたいですからね……

記事長くなってきているのでこちらの曲の詳細感想は10月の時のを参照↓
Happy★LOVE×Live2019

なので全体的な感想を書くだけにとどめます。
まず、Againとなっていますがいくつ違うところがあります。
その中でも大きな点はダンサーちゃんががいないこと。
いや~これは正直でかい。もしこの日がゆいにゃんライブ初めてって人がいるなら
是非ともダンサーちゃんがいるときに来てほしい。
見栄えといいますか、熱さといいますか、かなり印象が違ってくる曲もあるからね。

んで、この関係でゆいにゃんが一人でダンスすることになるんですが、
ところどころ複数人で踊っているとこ前提のフリとかがあるので、
”あれ?だれもいなくね……”みたいなちょっときょっとんとするところがあるのはちょっと面白かった。
後は歌詞とかで”みんな”とかあるところとかね。うん。今日はステージ上一人だw……みたいな。
本来の楽しみ方ではないですが、ちょっとコミカルな面が見れて面白かったです。

後はスペシャルゲストのところが映像だったこと!
う~~~んこれも印象が段違いになる!!
いやね、アニワラ行っている人ならわかると思うけど、やっぱ生の空気感は違うんすよ。
というわけでアニワラ開催してください。そしてゆいにゃん呼んでください。
あの空気をみんなで楽しみたい!!
最近マジでやってないからな~


まとめ



バラードガッツリ&BDライブ再びで盛り上がった!

ですね~今までにないくらい緩急の激しい二部構成でしたが、
どちらもガッツリ楽しめました!


別窓 | ライブ レポート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
科学ADVライブ S;G 1010th ANNIVERSARY<振替公演> レポート

2020-02-15 Sat 11:11Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
去年の10月に開催予定だったけど台風の影響で延期されたイベント、
科学ADVのシュタゲ10周年記念ライブに行ってきました!

チケットは通しでしたが、中身的にはほっとんど異なる内容で開催されました。
この手のイベントにしてはかなり珍しい気がします。
ちなみに各正式タイトルはこちら↓

昼公演 『0と1のラウンドテーブル』
夜公演 『0と1のタイムカプセル』

同日開催でしたし、本記事ではまとめて感想書いていきますよー
まずは公式でも公開されているセットリスト


昼公演 『0と1のラウンドテーブル』
01:スカイクラッドの観測者(いとうかなこ)
02:宇宙エンジニア(いとうかなこ)
03:A.R.(いとうかなこ)
04:シンギュラリティー(いとうかなこ)
05:トポロジー(いとうかなこ)
06:フェノグラム(彩音)
07:約束のオーグメント(Zwei)
08:COSMIC LOOPER(いとうかなこ)
0と1のラウンドテーブル
 椎名まゆり(CV.花澤香菜)、橋田至(CV.関智一)、牧瀬紅莉栖(CV.今井麻美)
 桐生萌郁(CV.後藤沙緒里)、漆原るか(CV.小林ゆう)、フェイリス・ニャンニャン(CV.桃井はるこ)
09:刻司ル十二ノ盟約(ファンタズム(FES cv.榊原ゆい))
10:グラジオール(ファンタズム(FES cv.榊原ゆい))
11:密教の首飾り(ファンタズム(FES cv.榊原ゆい))
12:ライア(Zwei)
13:拡張プレイス(Zwei)
14:数奇なるファクタ(Zwei)
15:Play the game(亜咲花)
16:約束のパラダイム(牧瀬紅莉栖 cv.今井麻美)
17:La*La*Laラボリューション(純情のアフィリア)
18:IF(彩音)
19:Another Heaven(いとうかなこ)
20:Uncontrollable(いとうかなこ)
21:Find the blue(いとうかなこ)

夜公演 『0と1のタイムカプセル』
01:ファティマ(いとうかなこ)
02:非実在青少年(いとうかなこ)
03:非線形ジェニアック(いとうかなこ)
04:fake me(いとうかなこ)
05:F.D.D.(いとうかなこ)
06:空の下の相関図(いとうかなこ)
07:LAST GAME(Zwei)
08:純情スペクトラ(Zwei)
09:アマデウス(いとうかなこ)
0と1のタイムカプセル
 椎名まゆり(CV.花澤香菜)、橋田至(CV.関智一)、牧瀬紅莉栖(CV.今井麻美)、
 桐生萌郁(CV.後藤沙緒里)、漆原るか(CV.小林ゆう)、フェイリス・ニャンニャン(CV.桃井はるこ)
10:運命のファルファッラ(ファンタズム(FES cv.榊原ゆい))
11:アニーの指輪(ファンタズム(FES cv.榊原ゆい))
12:磔のミサフ(ァンタズム(FES cv.榊原ゆい))
13:非合理的かつ訂正不能な思い込み(純情のアフィリア)
14:いつもこの場所で(彩音)
15:邂逅のフェタリテート(彩音)
16:Avant Story(Zwei)
17:World-Line(今井麻美)
18:Open your eyes(亜咲花)
19:聖数3の二乗(いとうかなこ)
20:あなたの選んだこの時を(いとうかなこ)
21:Hacking to the Gate(いとうかなこ)


全然中身違うやんけ!!(誉め言葉)

冒頭でも書きましたがこの日の内容の感想としてはまずはこれでしょう。
2部制イベントは基本同じ流れにしつつ、セットリストを数曲変えるというのが定番ではありますが、
どうですこの内容?……同じとこないやんけ!!w
えぇ、ガチで全然別イベントでした。
これは曲の内容だけでなく、途中にあった声優人の生アフレコも全く違う内容でした。
うむ、やるやないか!(謎の上から目線)

さて、気を取り直して中身に感想書いていきますが、
最初声優陣のトーク感想、後半セットリストピックアップどころ、最後に全体通しての感想って流れでいきます。


「0と1のラウンドテーブル」
前半の部はラボの家賃アップの危機がまたまた迫り、
ラボ面のメンバーが集まって事業計画的なものを出して真面目にやっているんですって説明する流れに。
うん、まーどう考えてもまともなものは出てこないwだって真面目にやってないしw
とまぁ、そんなお題で繰り広げられるトーク。
各人のキャラを生かしての話が多かったかな~というオーソドックな印象はありつつ、
生アフレコ&生かけあいってのがポイントかな?
最後、花澤さんがお題の流れのちゃぶ台返すようなミスして、
関さんがめっちゃつっこんだりと生らしいイベントもあってめっちゃ面白かったw

「0と1のタイムカプセル」
午後の部は前半とは異なり、キャラの内面を描く方向性の内容でした。
掛け合いとかはなく、自分にとってのタイムカプセルってことで、
深い思いを描いていたかな~という印象、
まゆりは自分よりみんなのこと、るかはちょっと男っぽさ上げたりという、
いつもと同じでもちょっと違う感じがよかったかと。
ただ、好みとしては昼間のノリのほうが好きかな~
せっかく声優陣がこんなにそろっているんだから、
みんながこの場に一緒にいるからこそ!ってほうがやっぱうれしかったですね。
とはいえ、十分面白い内容でした。

続いてセットリストのピックアップどこ感想です。

Play the game(亜咲花)


ピックアップ1曲目は亜咲花さんの”Play the game”
亜咲花さんの歌聞くのは科学ADV系のイベントでだけですが、この子歌うめーんだわ。
この若さでこのうまさは正直スゲーと思う。一度生で聞いてみるとわかると思う。

んで、選曲はゲーム「OCCULTIC;NINE」のOP”Play the game”。
この子に似合う洋楽色高めのリズムと歌詞でテンポ高めのクールでカッコいい系。
まぁ、「OCCULITC;NINE」にはまったく触れていないのでそこに合うのかはよくわかっていませんが、
聞いていてテンションあがるしカッコいいのでお勧めですね。


約束のパラダイム(牧瀬紅莉栖 cv.今井麻美)


ちょいと変わりどころから紅莉栖のキャラソン、”約束のパラダイム”。
今井さん衣装もそれっぽくしていたので(だいたいイベントの時はそうですが)好感度〇。

印象的には激しさに上限持ちつつ、キャラ性をキープしながら歌っている感じかな。
そのおかげか、内面の熱い思いをためてためて歌っているような曲調に聞こえて、
ググッと内面から押してくる表現でしたねー。わりと好きよ、こういうノリ。



アニーの指輪(ファンタズム(FES cv.榊原ゆい))


FES様からは”アニーの指輪”をピックアップ。
いとかなさんを除けば、2番目に曲が多いFES様です。
なんでも今回から衣装を新調したのとことで、印象的にはダークさ増した感じかな?

本題からずれましたが、この曲は科学ADVのイベントとしては初……かな?(うろ覚え)
軽快でスピーディーな曲が多い本イベントでは目をひく、ゆったり調で雰囲気重視なのがポイント。
相変わらず雰囲気がずば抜けていいんですわ~
みんなもFES様の世界観に酔いしれるがいいのだ!



邂逅のフェタリテート(彩音)


個人的に始めて聞いた彩音さんの”邂逅のフェタリテート”。VitaのシュタゲのOPらしい。
印象的にはひっじょ~~~に彩音さんらしい曲だなって感じ。
ハスキーボイスとかスピーディーで力強い感じが特にそう考えさせます。
ただ、かっこよくていい曲だな~とは思うんですが、ややシュタゲ色は薄い気がするのは難点かもw



まとめ



最後全体通しての感想としてですが、
今回科学ADV系のイベントとして今までのいっちゃん楽しかったですね。
前後半でのがらっと内容変わる感じ、声優陣が一同にかいしての生アフレコ、
ライブのセットリストといい全体的にポイント高かったし、会場も悪くなかった。
まー、あそこの会場なんで入場に手間取るのはご愛嬌ですがw
何はともあれ、今回のイベント楽しかったし、2020年よいイベント始めになりました!


別窓 | ライブ レポート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
恋姫†礼舞 KOIHIME LIVE 2019 (昼・夜)

2019-11-19 Tue 00:35Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
11/9に開催されました恋姫ライブに行ってきました!
昼夜の2公演でしたが、もちろん両公演参加です!

まずは公式が出していたセットリストからのっけます。
昼夜で差分があるところは括弧書きでどちらのものか記載しています。


01:HE∀ting Sφul-革命 ver.-(片霧烈火)
02:Bгave Sφul(片霧烈火)
03:暁天のアステロイド(Rita)
04:燎火のフォルトナ(榊原ゆい)
05:碧空のシュトラーセ(片霧烈火)
06:時空のパルス(Faylan)
07:夢、遥か ~散りゆく花~(Faylanカバー)
08:美しき勇者(榊原ゆい)
09(昼):君恋ノ唄(茶太)
09(夜):Reachable(榊原ゆい+Ayumi.カバー)
10:Hφwling Sφul(片霧烈火)
11(昼):蒼天の向こうへ(片霧烈火+kirinaカバー)
11(夜):久遠 ~詩歌侘~(茶太)
12:Wing of Destiny(Comela)
13:LOVE LOVE Make You、LOVE迷宮!(Ayumi.)
14:深紅の呂旗-The ONE-(kirina)
15:あさきゆめみし(茶太)
16:我等詠ウハ兵ノ道標(片霧烈火)
17:彼方の面影-革命 ver.-(KIYO)
18:夢笑顔(茶太)
19:志在千里~喚作百花王~ KAKUMEI ver.(茶太)
20:Go over→∞(片霧烈火 feat.kirina)
21:The(END) of KH†MS(片霧烈火+全員)


タイトルを裏切らないこれぞ恋姫ライブ!!

恋姫と銘打っているのでくる曲はもう言わずもがな!
戦国恋姫ふくめて”ですよね~”の曲たちで、
聞きたいものはガッツリ聞くことができました。

とは言え一部予想外のものとして巣作りカリンちゃんOP&EDで入るんだwとか、
深紅の呂旗とか覚えていないのもありましたが、いいサプライズになりました。

後は特筆するのは演出がしっかりしていたこと。
桃香たちメインビジュアルに写っているヒロイン勢の撮り下ろしボイスがあったり、
曲の前に魏・呉・蜀の作中の1シーンが流れてから曲に入ったりは大変Good。
ちゃんと今日は”恋姫”のライブだってわかっている構成で
さすがはメーカーライブと言う感じですよ。

また、昼夜の感覚が短いからぎゅっと短い感じになったりするのかな?
など一部不安もあったんですが、
時間をフルフルに使いきって曲を大幅カットすることなくやりきったのはさすが!
というわけで全体的満足度は高かったわけですが、
中でも個人的ピックどころを更に厳選して感想書きます。



碧空のシュトラーセ(片霧烈火)


ピックアップ1曲目は革命の蜀”碧空のシュトラーセ”
ぶっちゃけここは曲単品もさることながら、
前の2曲を含めて革命OP3連発の締めっというのが非常にずるい!(褒め言葉)
魏がきて、呉がくるとなると……おぉぉぉーーーー!!ってなるやん?
映像も入るし、みんなバッチリ色揃えるしで最高やわー
ってわけでここはテンションがググッとあがる三連発の最高潮だったわけですよ!



Reachable(榊原ゆい+Ayumi.カバー)


このデュエットくるのかーーー!!な、ゆいにゃん+Ayumiちんによる”Reachable”
いや~この御二方仕事での絡みはちょいちょい見ますが、
ステージ上で歌うのはそこまで多くはないですからねー
オリジナル聞けないのは残念なところもありますが、
ぶっちゃけ聞いた感じとしてはこのお二人の声質の歌い方のほうが好きでしたね。
後、この曲は結構デュエット映えする曲だな~と思ったのも大きかも。
結構オリジナルと違ったイメージで聞こえました。
あ、ちなみにXのほうは自分未プレイですがね(おい)



あさきゆめみし(茶太)


何につけても演出がいっちゃんせっこいーー!!

(もちろん褒め言葉)


いやね、孫呉の血脈プレイしている人ならとうぜんあそこでしょ?
うん、わかるわかる……な演出映像ありからの歌に入るわけですが、
わかっていっても……いや、むしろわかっているからこそググッと来るものがあります。
革命中No1の燃えるところといっても過言ではないですからね~
しかし曲自体は熱くアップテンポというわけではなく、
むしろスローテンポな曲なんですが逆にこれが胸に響くんすよねー
哀愁やら決意やら覚悟が伝わるような……ね?
そんんわけで本日No.1のピックアップ曲でした。



The(END) of KH†MS(片霧烈火+全員)


最後はこちら”The(END) of KH†MS”の全員歌唱Ver。
これはタイトルも相まってラストにふさわしい1曲でしたね。
メーカー系の合同ライブの締めは全員で歌うのが鉄板ではありますが、
やはりこういうのがあってこそお祭りの締めだな~という感じがしますからね。
それはそうとこの曲は恋姫系では珍しい軽めのポップ調なのが特徴。
楽しい気分で終わる上ではベストな曲だったかなと思いました。


まとめ


演出込みで大変素晴らしいライブ!

思っていたよりも構成、演出ともに大変素晴らしかったです!
今後恋姫シリーズがどうなっていくのかはまだまだ不明ですが、
引き続き応援させていただきます!!

別窓 | ライブ レポート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
Happy★LOVE×Live2019 レポート

2019-11-10 Sun 13:20Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
レポートあげがだいぶ遅れてしまいましたが10/13に開催されました
返ってきた!ゆいにゃんのBDライブ”Happy★LOVE×Live2019”に行ってきました!
あの台風の翌日というなかなかにハードな日でしたが無事開催&参戦できたのでレポート書いていきます。
以下、セットリスト!


前ナレ:野沢雅子さんのモノマネなアイデンティティー田島さん
01:Love☆Emotion
02:キミチズ
03:Shining saver
04:にゃんだふる!
05:Happy Birthday!
06:blow a kiss
07:Love☆Jet!
08:ワンダー・リブレット
09:Traveling
10:雷火來夜
11:紅の光暁
12:燎火のフォルトゥナ
13:或る少女の物語
14:煌めき一閃
15:アイノウタ
16:Kadenz
17:Einsatz~zugabe~
18:Happy blossom!
19:Beautiful day
20:完璧な世界
21:Eternal Destiny
22:片翼のイカロス
23:Shiny
《シークレットゲスト:ベジータ&カイジ&安西先生の漫才!》
-アンコール-
24:青空アドベンチャー
25:はぴでい♪
26:STAR LEGEND
27:message!


今回は各ピックアップ曲の感想に入る前に全体的なことを少々。
ご存知の通り今回のライブはゆいにゃんのバースデーライブでありますが、
”正式”にバースデーライブとして開催されたのはかな~りひさびさで、
実に2014年以来!!……マジか

1ファンとしてはまずは思うのは何につけてこの1年に1回のお祭りが返ってきたという
得も言われぬ感情ですよ。
こうね、全体的な構成やらなんやらからひしひしと感じるものがあるんだよなーやっぱり。

こった前ナレからはじまり、今回のアルバムを引っさげてのセットリスト、
”Happy Birthday!”からのお祝いシーン、
アンコールに挟まる毎回趣向を凝らした何か、
そして締めにくる”message!”

うん!うん!!うん!!!
これよ!これ!!
この感覚こそ嘗て我々ゆいにゃんファンが魅了されたバースデーや!!

主催側の気持ちが伝わる構成はもちろんなんですが、
ファン側の今日はバースデーを楽しみに&お祝いにきているんだという空気感といいますか、
そいういうのも相まってこのイベントですよ。
う~~~ん、たまりませんな。



では、話を戻しましてピックアップどころの感想を書いていこうと思います!


雷火來夜



まずはなんといっても曲の好みとしては今回のセットリスト曲中No.1な”雷火來夜”。
これステラグロウの”キャラソン”なんですよね~
RPGの戦闘曲としてふさわしい、アップテンポでテンションだだあがりしていく感じがいいのはもちろんですが、
キャラソンとして歌わているのもめっさポイント高いんですよね。
感情がのってくるというか、生で聞くと破壊力アップといいますかそんな感じなんですよ~

そうそう、話は曲から外れますが今回ステラグロウ推しのファンの方が色紙の寄せ書きしていたので
自分も一筆コメント書かせて頂きました。
キャラ絵も入っていてめっちゃ気合入っている感じだったんで推し愛すげぇな!!ってなりましたし、
自分もステラグロウプレイ勢として好きなので、ゆいにゃんにその思いがちょっとでも届けば幸いです。



完璧な世界



アルバム出た時の感想でも書きましたがこれは世界観がやばい。
いい意味で、あのゆいにゃんが我を抑え、世界重視でど~~~ぷり曲の世界感に入らすのがすごいのなんのって。
アルバムのイベント感想では収録とかうたっている時の様子を想像するしかありませんでしたが、
今日のライブはついにそのお姿を拝見できるわけですからね!
というわけで、この曲は始まる前からどう見せて&歌ってくれるのか?とワクワクしていたわけですが、
それが叶えられたわけですからね!そりゃーテンションもあがるってもんですわ。
この感覚は生で見てこそだと思うので、なかなか言葉にするのが難しいのがあれですね……
とにかくすごい!!の一言です(語彙力不足)



シークレットゲスト:ベジータ&カイジ&安西先生の漫才!



ゆいにゃんパートじゃないけどこれはピックアップせざるをえないでしょう!!
アニワラ行ったことある人ならお馴染みのあの面々での漫才をアンコール前に披露!
逆にアニワラいったことないひとにとってはかな~りインパクト大きかったと思うんですよ。
自分も初めてあのイベント行った時のインパクトやばかったですから。

各キャラをベースにしつつゆいにゃんを絡めたネタが披露されていました。
今回のライブのことだったり、アニワラのことだったり、年齢のことだったり……
大丈夫なのか最後のネタはwという感じもありましたが、うま~くまとめるとこはさすがの芸人さん。

惜しむべきところははゆいにゃん自身がアンコール前の着替え中ということで、
ゆいにゃん自身が絡んでの漫才はなかったことですね。
マジのあの御方の漫才やっている時の立ち振舞と空気感は声優のそれじゃないので是非みんなに見てほしい!
っというわけでみんなアニワラ行こうぜ!!!……で次のアニワラいつですか?



青空アドベンチャー



アンコール一発目はこちらの”青空アドベンチャー”。
ポイントはなんといっても背面のスクリーンに本作品の姫川 舞のライブステージ映像と
シンクロしてのお披露目だったことでしょう。
映像自体はプロモとかで使われていたのでご存知の方も多いははずですが、
3Dのキャラ使ってライブ1曲うたう映像があるんですがそれを同時に流しての構成でした。
つまり踊りを間違えるとばれる!(笑)
とはいえ、当然そんなへんなことになることはなく見事なシンクロを見せてくれるゆいにゃん!
いや~さすがです。中の人としてこういうシンクロを見せてくれるのもライブならではですよね!



message!



そしてBDライブの締めと言えばこれですよね!!”message!”
自分基本美少女ゲー界隈推しな人間なんで、当然ゲーム主題歌が大好きなわけですが、
この曲はオリジナルだけどめっさすきなんですよね~
タイトルから分かる通りのメッセージ性強い曲ですし、ゆいにゃん自身思いを語ったこともありますし、
今までのライブの締めにも使われていたこともあり、やっぱこれが締めじゃなきゃ感が強い!マジで!!
おそらくこれをラストに聞いてこそのBDライブだと感じている人は間違いなく多いはず。
といわけで素晴らしい締めでした!



まとめ



最後に、話は本筋とそれますが今回は台風の影響でてんやわんやだったと思います。
実際台風影響で空席もありましたし、知り合いでも断念せざるをえない人もいましたが、
開催してみるとあの記録的な台風の翌日にも関わらずかなりの数のファンが来ていたと思います。

これもゆいにゃん自身天気チェックや毎日状況つぶやいたり、
よっぽどのことがなければ開催しますなど、
最終決定はできないまでも自身の言葉で方針を出してくれていたからこそ、
ファンもそれに向けて準備できていたからだと思います。


最後、少々話が内容とそれましたが、
バースデーライブ開催ありがとうございました。そしてめっちゃ楽しかったです!
また来年もバースデーライブがあるのを楽しみにしています!


別窓 | ライブ レポート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
PASTA!2 -PALETTE PREMIUM FESTA- レポート

2019-09-23 Mon 02:42Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
9/16に江戸川区総合文化センター大ホールで開催されましたPSATA!2に行ってきました。

http://palette.clearrave.co.jp/pasta2/

前回から6年ぶりくらいですかね?
なので作品としてはさくさくと9が加わった感じではありますが、
公式サイトのページ見ればわかる通り内容的にはましろと9になっております。
はい、さくさくはもちろん、過去作も完全ドスルーとなっておりますw

いや~、確かにそこらへん人気あるの分かるし、
全部を掘り下げられないのはわかるんだけど、
名目上はぱれっとのイベントを謳っておいて完全に他作品ドスルーなのはどうなのよ?
って正直自分は思うんですけどね……まぁ、人気の差と言われたらそれまでですし、
前回のノリからわかっていたことではありますがねw

後、イベントの内容自体としては7割トークの3割ライブって感じだったかな~
別にこれ自体は悪くないし、予想通りではあるんだけど、
サイトとか見た感じここまでトーク多いのはわからないのと、
途中休憩があってテンポ悪いのだとかもあって、
イベントの構成&告知的にはどうなんよ?って正直思わなくもない。
もしかしたらぱれっとチャンネルで説明していたのかもしれないけど、
自分はそこまで見るほどじゃないしなー

ただ、9のほうのトークイベントは自分は結構楽しめましたね。
当然前回はここらへんの話がなかったら目新しい感ありましたし、
荻原さんのトーク力は流石に高いですから!
ただまぁ、自分9プレイしてないんですけどね(おい)
しかし、個人的には前回のように声優陣をガッツリ呼んでの構成にして欲しかったなー
というのが本音かな~
そっちのほうがわざわざイベントを開いたからこそ!ってのを感じられますからね。

んで、ラストはみなさんお待ちかねのライブパート。
ここは作品&アーティスト絞れているので予想通りの内容といったところでしたね。
期待を超えるものはなかったけど、期待には答えてくれたという感じでした。

そんなわけで総括としてはイベントのノリ&構成を
正しく理解して来ていたら楽しめるでしょうというものでしたね。

別窓 | ライブ レポート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

| 黒兎月ですよっと | NEXT