黒兎月ですよっと
 
EGG -Extra Games Garden 2018- レポート

2018-01-10 Wed 23:50Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
2018年ライブ始め!
っというわけで今年初っ端のライブ&イベントとしてEGGライブに行って来ました!
エロゲソング好きーとしては、前回は仕事で行けなかったこともあり、
今回は行けてテンション高めです!
ではでは、感想書いていきますね~


01:キラ☆キラ(AiRI):キラ☆キラ
02:Hey Darling!(松下):ワガママハイスペックOC
03:JOYFUL(大島はるな):ワガママハイスペックOC
04:Miracle Heart!!(大島はるな):ワガママハイスペック
05:グルッポ(茶太):Like a Butler
06:カンデコ(茶太):愛しい対象の護り方
07:ほらね(茶太):かしましコミュニケーション
08:Wondering Truth(榊原ゆい):LOVELY×CATION
09:Call to me, Call for you(榊原ゆいカバーver):LOVELY×CATION2
10:幸せなキスを(霜月はるか):新妻LOVELY×CATION
11:シンソウノイズ(霜月はるか&Ceui):シンソウノイズ ~受信探偵の事件簿~ 
12:voice(Astilbe x arendsii ):シンソウノイズ ~受信探偵の事件簿~ 
13:ReAliZe(米倉千尋):9-nine- ここのつここのかここのいろ
14:ソラノキオク(米倉千尋):9-nine- そらいろそらうたそらのおと
15:ふたり(米倉千尋):9-nine- ここのつここのかここのいろ
16:アレセイア(eufonius):紅い瞳に映るセカイ
17:ヒカリ輝くセカイ (eufonius):いろとりどりのヒカリ
18:glowing world ~輝きの、セカイへ~(eufonius):紅い瞳に映るセカイ
19:ユーフォリアム(鈴湯):アストラエアの白き永遠 Finale -白き星の夢-
20:Girl meets Love(片霧烈火&鈴湯):花咲ワークスプリング!
21:希望の旋律(Prico):DEARDROPS
22:Happy Crossing(AiRI&Prico):d2b VS DEARDROPS - Cross the Future -
23:永遠に咲く花(AiRI):枯れない世界と終わる花
24:The Brave Under The Summer Sky.(原田ひとみ):夏空のペルセウス
25:Rendezvous(原田ひとみ):罪ノ光ランデヴー
26:Tetra.(原田ひとみ):トリノライン
27.夢の無限回廊(橋本みゆき):ハピメア
28.アオイトリ(橋本みゆき): アオイトリ
29.TIME(橋本みゆき):明日の君と逢うために
30.eyes to eyes(Duca):想いを捧げる乙女のメロディー
31.marry me?(Duca):Golden Marriage
32.桜色の想い(Duca):桜舞う乙女のロンド
33.Maiden's Garden(片霧烈火):花と乙女に祝福を
34.ラブ・パラダイス(片霧烈火):W.L.O.世界恋愛機構 未来のために、いま恋をしよう。
35.Answer(片霧烈火):G線上の魔王
36.紅空恋歌(片霧烈火):車輪の国、向日葵の少女
37.永遠のアセリア(川村ゆみ): 永遠のアセリア
38.血狂穢喰(Ayumi.):虚空のバロック
39.Gregorio(榊原ゆい):Dies irae ~Amantes amentes~
40.Einsatz(榊原ゆい):Dies irae Also sprach Zarathustra -die Wiederkunft-
41.悠久の翼(原田ひとみ):ef - the first tale.
42.秋色(橋本みゆき):秋色恋華
43.ever lasting garden(全員):EGGテーマソング


多分のセットリストなんで間違っていたらすみません。

んで、新年1発目から素晴らしいセットリスト!!
ですね~今回はプレイしている作品の曲も多く、
作品プレイしていなくても曲は知っているものばっかりだったので、
め~~~っちゃ楽しめましたね!

さて、この中から更にピックアップどこを選んで個別感想を書いていきたいと思います。


Call to me, Call for you


ゆいにゃんの選曲がまさかのこれ!!
いや~これは予想できないわ、さすがにw
”Wondering Truth”来た時は、「お、可愛い系でまずはせめて来ますか……」
っと納得でしたけど、まさかのここにつながるんかい!って驚きでしたよ~

言わずもがなですが、本曲のオリジナルアーティストは佐藤ひろ美さん。
引退されたこともあり、ラブリケつながりという流れでカバーだったわけですよ。
レア曲とかそういうレベルじゃないですからねw
オリジナル歌手とは異なりますが、やはりいいゲームの曲は語り継いでいって欲しいですよね~
というわけで、超絶レアバージョン曲聞けて満足です( ´∀`)bグッ!



シンソウノイズ


事前から予想された曲でEGGであるから聞ける!
と思って楽しみにしていた筆頭曲はシンソウノイズ。
なんせしもつきんとCeuiさんのデュエット曲ですからね~
単独ライブでは聞けず、ゲーム系の総合ライブだから約束された曲ですよ、ええ!

また、本曲はデュエット曲でよくある勢いとかパッション重視な曲調ではなく、
お二人の雰囲気というか持ち味を活かした、非常に雰囲気がいい曲なんですよね~
声を重ねているところとかやっぱ生で聞くと違いますからね!
もちろん作品やっていることもあって思い入れ増し増しでした。



marry me?


ここ最近のDucaさん率高くね?とか思いますが、はい、Ducaさんから”marry me?”です。
この曲は歌もさることながら、Golden Marriageがすっげー好きだったんで、
作品補正が半端ないんですよね……うん、あれはいいゲームだった……

そんな思い出にしたりつつ、優しい曲調に浸るのはいいもんですよ~
タイトルが表している通り、今回のセットリストの中でもトップクラスに幸せソングでしたしね。



永遠のアセリア


これはセコい!!(いい意味で)

いや~これはやられたわ……
ってかこの曲でまじかよ!?ってなった人めっちゃ多いですよね?
永遠のアセリアですよ!アセリア!
名作と名高く、著名な作品ですからね~

ぶっちゃけ今やるとめっちゃ面白い!ってところまではいかないと思いますが、
あの時代あの時だからこ、強く胸に、そして記憶に残っている作品です。
しかもエロゲのくせに渋いカッコよさを持った曲ってのが更にそそるんですよ~

んで、そんな作品&曲がシークレットゲストとして、
予想していないところから出てきたらみなさん心奪われ大興奮ですよ!
もちろん自分もその一人でした。
EGGの運営さんめっちゃいいチョイスでしたよ!


まとめ


新年1発目から満足度高い!

うん、全体的に納得のセットリストだったし、
シークレットゲストもイケてるボリューミーなライブといいライブでした!

別窓 | ライブ レポート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
Frontwing LIVE 2017 -First Flight- レポート

2017-12-31 Sun 22:11Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
2017年のライブ納め!
というわけでFrontwing LIVEに行ってきたのでサクッと感想書かせて頂きます。

セットリストは順番等覚えていませんが、
パンフの方に歌った曲一覧は記載されていたのでそちらの情報を載せておきます。


☆29日のみ、★30日のみ
カナリア(カナリア ~この想いを歌に乗せて~ OP):全員
LINK(私立アキハバラ学園 ED):橋本みゆき☆
LITTLE MY START(魔界天使ジブリール -episode2- OP):榊原ゆい★
そらうた(そらうた OP):榊原ゆい☆
Happy Leap(タイムリープ OP):榊原ゆい
It's show time(タイムリープぱらだいす OP):榊原ゆい
終末のフラクタル(グリザイアの果実 OP):Faylan
ホログラフ(グリザイアの果実 榊由美子ルートED):eufonius
HOME(グリザイアの果実 周防天音ルートED):橋本みゆき
SKIP(グリザイアの果実 松嶋みちるルートED):茶太
ワールドエンド(グリザイアの迷宮 OP):佐咲紗花
Angel(グリザイアの迷宮 アフターED):茶太★
創生のタナトス(グリザイアの迷宮 ED):Faylan☆
One-chance!!(ピュアガール OP):佐咲紗花&河野万里奈☆
One-chance!!(ピュアガール OP):佐咲紗花&Faylan★
FISSION(グリザイアの楽園 OP):奥井雅美
Ceremony(グリザイアの楽園 ED):佐咲紗花
BREEZE(グリザイアの楽園 プロローグED):橋本みゆき★
CHOOSE THE WORLD(グリザイアの楽園 挿入歌):Faylan★
eden's song(グリザイアの楽園 プロローグOP):はな
MAJICK(アイドル魔法少女ちるちる☆みちる OP):はな
KISS YOU(アイドル魔法少女ちるちる☆みちる ED):花&茶太
恋をしようよ Let it snow(ゆきこいめると):Duca
アイオライト(果つることなき未来ヨリ アイラルートED):Duca
Traveler's tale(ISLAND OP):riya(eufonius)
きみがいた(ISLAND グランドED):eufonius
プレゼント(ISLAND ED):茶太☆
世界の果て(グリザイア:ファントムトリガー OP):河野万里奈


思っていたよりも最近のゲームのセットリスト!……ですね。
”Frontwing” LIVEってことで間違ってはいないが、
もうちょい昔の曲のカバーとかつっこんでくるのかな~と思っていたんです。
がしかし、思っていた以上に最近の曲でガッツリ固められていましたね~
ライブのビジュアル絵にジブリールいるし、そこそこ来るやろおもっていたら1曲……
まぁ、ぶっちゃけプレイしているのがほぼグリザイアシリーズ以降の自分としては、
めっちゃ楽しめる構成となっていましたがw

では、何曲かピックアップして感想書いていこうと思います。



It's show time



ゆいにゃんからは当然この1曲”It's show time”でしょう!
前にアルバムにも入った曲でレア度という意味ではあまり高くないですが、
お祭り気分にさせるというか、ポップに可愛くテンションあげる曲としてはかなり優秀!

また、グリザイアに代表されるように全体的に最近の曲が多い中、
グリザイアより前の世代の曲ってことで、昔のfrontwing時代をしみじみできる
数少ない曲の一つでもあります!
というわけで時代を感じるとともに、序盤でテンション上げていく曲として良かったです。
後、何と言ってもゆいにゃんの衣装もすっげー可愛くてテンションあがりました!



ワールドエンド



佐咲紗花さんの曲としては……もといグリザイア系の曲としてはこの曲が一番すきです!
ライブではちょいちょいお見かけするのですが、
この曲を聞けることはなかったですからね~

曲自体はスピーディーで爽快感高めな曲調、
僕は強くなる~からサビに入るところとかむっちゃ好きだし、
作品自体が好きってのもあってこの曲は強かったです、はい。



アイオライト



FWライブで聞けて一番嬉しかった曲はなに?
と言われると自分的にはこの”アイオライト”が一番!
なにせDucaさんがレア気質というか、
この1年だけ他のライブにも色々顔出しているってことで、この曲はレア度高めだし、
(単独ライブには行かないので)
メーカーライブということもあり作品画像流したりで相乗効果がね……うん、いいわ。

Theバラードという程曲調は大人しいわけではないけど、
しっとり……でも力強くの曲調でくる曲なんで、
物語の過去回想とかに非常に合う曲だと思ってます。
特に良き思い出も、悪き思い出も……っていう回想にね。
んで、演出的にも実際の作中使用としてもそれにマッチしていますからね~
うん、聞けてうれしかったですね!



FISSION



アンコール前の締め!ってことで、ここを締めるのは当然まっくん。
曲としては1曲だけでしたが、奥井さんの歌はいつ聞いてもいいですわ~

ぶっちゃけた印象としては、他のグリザイア曲と比べるとメジャー度低めでは?
と思っていますが、発売に合わせてコンスタントにグリザイアはプレイしていたので、
楽園のOPとして自分的にはすっげー印象にのこっています。
”あぁ、ついに最終章始まってしまうんや……”みたいなね。

後はやっぱFWライブとして一同にグリザイア曲聞けて、これで締める!
(もちろんアンコールはありますが)
って意気込みみたいな盛り上がりも良かったですからね~
演出、見せ場的に非常に良かったです。



Traveler's tale



ちょっと他の曲とは感想の傾向が変わるけど、
好きかどうか、印象に残っている曲という意味とは異なり、
聞けてググッと興味を惹かれたってのがこの曲。
えぇ、現在アニメ化の続報でたりで話題がホットな「ISLAND」の曲です。

また、単純にアニメ化の話だけでなく絶賛この作品をプレイ中ってのもあるんですよ。
ライターがごぉさんなんでぜってー当たりだろうと思っているし、
このライブで一層テンションあげさせられたというか、作品への興味を惹かれた感じ。
まぁ、ぶっちゃけFWライブ前に終わらせたかったんですが、間に合わなかったもんでw

この曲はここで聞いたという事実を胸に刻みつつ、
「ISLAND」をプレイした後でもう一度振り返り色々噛み締めたいと思います。



まとめ



最近のFrontwingとしては理想的!

セットリストでわかるようにほぼグリザイア以降の世代で構成されたライブでした。
ここらへんが好きって人(自分もそうですが)には理想的なライブだったと思います!


別窓 | ライブ レポート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
tone work's Live Fes.2017

2017-09-24 Sun 18:32Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
9/16に開催されましたtone work'sのライブに行ってきました!

http://toneworks.product.co.jp/livefes2017/index.html

当初行く予定はまったくナッシングだった&そもそもtone work's作品やったことない
という状況だったんですが、チケ余っているんだけどどう?と誘われたので行ってきた次第。
まぁ、作品&歌は知りませんが、
個人的的にまだ手を出していないだけでやってみたいメーカーではあるし、
アーティスト的には行くのありだわ~って感じだったので。

んで、感想としてはやっぱ曲が全然わからんwって感じなのですが、
作品の映像流したりで世界観大切にしていたし、
純粋に曲としては良い雰囲気のもの多かったのでかなり楽しめましたね!
ちな、曲が全然わからなかったのでここではセットリスト割愛でw

何はともあれ、たまにはこういった普段自分が行っている界隈以外のライブも
ありだと思っているので(ただし美少女ゲーム関係に限る)、
ちょいちょい機会見つけては行ってみたいですね。

では、今回はかなり軽めの感想ですがこのへんで~


別窓 | ライブ レポート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
MILK BACK DROP(ミルクバックドロップ) Vol.9 レポート

2017-08-15 Tue 12:17Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
8/6になんばのMILULARIで開催されましたミルクバックドロップに参加してきました!
本イベントはアニクラDJイベントでMAX100人強という近さを売りにしたイベントというのが特徴で、
時間も13:00~20:00と非常にガッツリ!
そんなイベントにゆいにゃん出るしこれはいくっきゃねぇ!ってことで行って来た次第です。

DJゾーンのセットリストは多いですし、
ぶっちゃけゆいにゃん目的ということもあるので、
ここでのセットリストはゆいにゃん曲だけのせますね。


01:そして僕は…
02:BRiGHTNESS FALLs
03:ミラクルメロディー
04:ラムのラブソング
05:戦刃恋歌
06:Try Real!
07:片翼のイカロス
08:Eternal Destiny
+α



さて、前フリがだいぶ長くなってしまいましたが、
まずは端的にこのイベントの感想を書きましょう。
ズバリ……



めっちゃ神イベだった!!



ですね~
何が言うとゆいにゃんと他ではできない盛り上がりができたというのが一番のポイント。
元々はゆいにゃんのステージ時間は40分ほどだったんですが、


誰が出演時間は40分だけだと言った?


っという感じで、出演時間終わった後もDJの方がゆいにゃん曲流すたびに現れ、
果ては観客側スペースに混じって他の曲で一緒にUO降ったりして盛り上がったりと
なんともまーめっちゃフリーダムですよ!
おかげ様で他のイベントではできないようなノリを楽しめ、
参加者ももうわけわかんないノリで盛り上がってめ~~~~ちゃ楽しかったです!

もちろん元々のステージ時間も素晴らしく、
距離の近さが他会場とくらべて圧倒的に近いですし、
新曲の”BRiGHTNESS FALLs”のライブ初お披露目とかも大変Goodでした。
後、自分の周りの面々では”ラムのラブソング”が高評価でしたね。
やっぱなかなか聞けない曲ってのはポイント高いですわ。



とまぁ、だいぶゆいにゃん視点で感想を書いてしまいましたが、
全体的な点でも2点ほど触れさせて頂きたいと思います。


①前半と後半のテンション差
まず分かりやすかったのは前半と後半のテンションの差。
言わずもがなですが、本イベントはゆいにゃん目的で来られている方が大多数です。
がしかし、こちらの面々(自分含む)はアニクラ系イベント不慣れで、
前半はどうもノリがわからないかな~という感じに見受けられました。
まぁ、端的にいうと大人しく聞いている感じだったかなと。

一方、後半はゆいにゃん登場で熱が上がったこと、
ゆいにゃんが度々出て盛り上げたこともありだ~いぶノリノリな感じだったと思います。
後、大まかな感触として前半はアニメ曲重視で、後半はエロゲソング系がめっちゃ増えた感じ。
個人的には盛り上がりの波の違いはこれがひっ~~~~~じょうに大きい!
というか最近のアニソン系ほとんどわからない上に、
エロゲ畑の人間としてはこっちの曲じゃないとテンションあがらんのですよ、はい。
なので、曲的にも後半がめっちゃ楽しかったです。



②めっちゃマナーがいい
アニクライベントって聞くとわちゃわちゃした感じと言うか、
自分の押し曲のときに兎に角暴れる人がイメージなんですが、
今回のイベントでは目立ってマナーが悪い人がいなくていい意味でビックリ。

オタ芸うっている人もいましたが、ちゃんとスペース意識していたし、
周りを撒き散らして暴れる感じもなく至って平和にイベント楽しめました。
アニクラ界隈ではそういうのあるってわかってはいるんですが、
そういう暴れる人が嫌いな自分としては、平和に楽しめて良かったですね~



以上、ミルクバックドロップ感想でした。
正直なところ思っていた以上に楽しめてかなり良かったです。


別窓 | ライブ レポート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
トラベリング・オーガスト2017 -桃幻鏡- レポート

2017-08-10 Thu 21:06Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
7/23に開催されましたトラベリングオーガストに行ってきました!

170810_02.jpg

今年で4回目、フルオーケストラとしては2回目となりますね。

さて、そんな今回のコンセプトは「物語仕立て」とのことで、
さらには最新作たる『千の刃濤、桃花染の皇姫』が世界観のベースになるということ。
作品をプレイしている人はわかると思いますが、
これによりよくあるオーケストラで使われる楽器に和楽器が追加されることになり、
和楽器+クラッシック音楽が今回の醍醐味といえますね!

個人的には千桃の曲はAugust作品の中でも頭一個分飛び抜けて好きなので、
期待が高まっていたのなんのってね……
そんなわけでまずは全体的な感想を一言、


世界観と音の広がりがたまらん!!


ですね~
ではでは、いくつかキーワードをピックアップしてもう少し突っ込んだ感想書きます



①これぞオーケストラ!

前回のオーケストラの時の感想の一つとして、ボーカル曲は微妙というのを自分は書きました。
この時はオリジナルの歌姫ではなく、オーケストラ用に別の方を用意して歌っておられたわけですが、
確かに上手く歌えてはいるんだろうけど、どうもキレイに歌い過ぎているという感じが否めなく、
世界観を見せようという感情が伝わってきませんでした。
なんといいますか、心に響くモノがないというかそんな感じ。

んで、今回はその欠点が改善され完全にオーケストラ一色での魅せ方!
もうね、これがたまらんのなんのって……
本来の音に注目して聞くことができ、
音でダイレクトにAugust作品を表現しようとしている様は最高ですし、
途中で世界観を途絶えさせることなく全体を通して一連の流れで聞けるのはよかったです。

そういう意味では今回は声優の小トーク的なのもなく、
物語の語り部的な立ち位置でのナビゲータだったのも大変良かったです。
仙台エリさんのナビGJ!

また単純に前回と同じ様に演奏しているだけではなく、
曲の組み換えやアレンジもされているみたいで大変Goodでした。


②何と言っても和楽器!

二点目は何と言っても和楽器の話題でしょう。
今回は千桃の曲を中心に、和楽器の演奏者達が加わる形態をとっており、
指揮者の方いわく和楽器と混成でやるのはかなり珍しいとのこと。

んで、この異なる音を奏でる和洋の楽器が混じっているわけですが、
それぞれの音の違いで流れや雰囲気を壊すことなく、
良いアクセントとなり相乗効果で音がよくなっていたように思えます。
まあ、ここらへんは原作の曲調を知っていればそこまで不安はありませんでしたが、
やっぱり実際に演奏を見ると感嘆を漏らさざるを得ない感じでしたね~

個人的には何本もの尺八を使い分け演奏していたところや、
胡弓の予想より響く音にビックリしつつも、
普段では聞けない音楽を生で聞けて大変満足のいくものでしたね。




以上、サクッとですが感想はこんなところかな~
今回は個人的に不満なところが皆無だったし、
千桃スキーな自分としては満足度めっ~~~ちゃ高かったです!

またBDが出たらガッツリ見返し、聞き直したいと思いまっす!

別窓 | ライブ レポート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

| 黒兎月ですよっと | NEXT