黒兎月ですよっと
 
『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』 レポート

2017-05-07 Sun 19:42Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
私的なGWの恒例イベント、高校時代の同期と集まってのコナン鑑賞に今年も行ってきました。
今年は前評判でわりといいと聞いていたのでちょいと楽しみだったのですが、
実際どうだったのかといいますと……

うん、わりと良いと思う!

なんとか期待通りの内容でした~
っというか、迷宮の十字路 ぶりぐらいの良さげなクオリテイだと言えるレベル。
まぁ、逆なことを言えばここ10年ぐらいは微妙だった……ということか。うん。

内容的にはカルタ関係者をめぐる殺人事件、
そして、平次&和葉を主軸とする関西組の活躍と恋模様っといった感じ。
まぁ、あれよねコナン&蘭は見飽きたし、
こっちのメンツの方のやり取りの方が好きですしね。

んで、ちょいとネタバレしない程度に内容触れていくと
割りと今回はちゃんと探偵ものっぽいな~ってとこが良かったです。
トリックとかは映画なんでいつもどおりナッシングなんですが、
初っ端から殺人事件やら爆破事件が起きてその描写が良さげだったのと、
トリックはないまでも動機や人物関係、
残されたメッセージの意図などを探る描写は悪くなかったかと思います。

後は今作で和葉を真っ向から煽ってくる紅葉。
平次への好意を前面に押し出し、言葉にだし、和葉を挑発していく様はなかなか……( ´∀`)bグッ!

まー、和葉の好意とかも露骨ですが、少年マンガゆえの描写……ってのにとどまっていますが、
今回は露骨に意識させたのはなんか王道ながらにイイね!っと思った次第ですよ。

以上、ざーっくりですがね映画感想としてはこんなとこですかね。
最初にも書いたとおり今年はそこそこ良かったですよー

別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』 レポート

2016-05-27 Fri 16:12Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
こちらは私的な毎年恒例イベント、高校時代の同期と集まってのコナン鑑賞。

今年はタイトルからうっすらわかるように、
そして前々から告知されていたとおり黒の組織関係のお話とな。

内容ですがコナンは年1で映画見る程度なんで原作の流れがわからず、
毎年毎年誰こいつ?みたいなのけっこーいるんですが今年も少々ありましたね。
小室さんって誰よっていうね……

まぁ、それはいいとして感想どうなのって話ですが、今回もバリバリのアクションもの。
映画のコナンはトリックとかナッシングですからね~
最後に探偵物っぽかったのっていつだろ……

んで、今回目玉的な組織のお偉方はちょろ~っと存在をほのめかした程度で、
進展としてはあんまないんだろうな~って感じ。
メインっぽい人物も映画での使い捨てっぽい描写だったしね。知ってたけどw

後はジンさんの迂闊っぷりが目立った。
なんかすっげー大物っぽい立ち振舞多いけど、実は結構抜けていますよねあの人。
お前キール疑うの何回目だ?とか、簡単に安室逃がしてしまうし、
機関銃で観覧車ごと始末するぐらいならミサイルとかロケランぐらい持っておけとか、
ってかその前にあそこまで入念に爆薬仕掛けているならもっと別の準備できただろとかetc…
そして赤井さんのなんでもかんでもスナイパーライフルで対応しようとするあの姿勢。
あの人もこだわりがある人ですね。うん。

とまぁ、他にも色々ありますが冷静に見てはいけませんねw

そんなわけで突っ込みぐらいしかない、ざっくりした感想ですが今年のコナン映画でした。


別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
『名探偵コナン 業火の向日葵』レポート (2015年GWその5)

2015-05-06 Wed 22:27Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
毎年恒例高校同期との集まり&コナンの映画鑑賞!
ってわけで今年も行ってきましたコナンの映画。今年でこの集まりも13年目かな?

今回はキッドが出てきての話で、ゴッホの名画“ひまわり”をめぐりミステリー。
名画とか絵とか言われる心がさわぐ昨今としては惹かれるものがありますね。

とまぁ、そんなことはいいとして内容がどうだったとかというと、
なんか色々雑だな~という印象。
犯人の動機やら、その他事件をややこしくした人物の介入の流れ、
キッドどころかその諸々の犯罪者が多数紛れるチョイスをする次郎吉。
そんな気はなくても建物どころが地形レベルで簡単に崩壊する美術館etc…
なんだろう……設定的に無駄な描写やざるすぎるだろうそこ!ってのがやたら目についた。

一方いいとことしては今回はアクション比重が高かったかな。
キッドが数回襲来しますが、そのどれもアクションものですし、
最後は当然コナン交えてのアクションものになりますからね~
こちらは映画の定番とはいえいつもよりド派手になっていたかと。

後ちょい気になったのが灰原の扱いかな?
原作読んでないんで今回限りなのかわかりませんがあの流れ……必要?
もしくは原作に織り込み済みの流れなのだろうか?
今後どっかでおもしろい展開になると期待。

っとまぁ、コナン感想はこんな所。
なお、第14弾の制作もきまったらしいし、来年の予定も決定ですね!

別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
楽園追放

2014-11-30 Sun 01:12Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
141130_40.jpg

最近話題の楽園追放を見てきましたよっと。
もともとCM見ていて気にはなっていたんですが、
回りで見た人の評価が予想より遥かに好印象みたいな感じだったので
自分もはやしたてられて行って来た次第であります。

ちなみに新宿のバルト9に行ってきたんですが、
アンジェラの等身大(たぶん)の人形もありました。

141130_41.jpg

なかなかの気合の入れようですが、ややおっぱいが大きすぎですなw
……とまぁ、戯言はここまでとしまして、真面目な感想をサクッと書きます。

内容的には近未来もの。
全人類の大多数がサイバー空間で過ごす世界、
楽園とも例えられるその世界が、今では文明が後退した地上よりハッキングを受ける。
その調査のため調査官のアンジェラがマテリアルボディと呼ばれる実体を得て地上に向かう……

っとザックリストーリーを述べるとこんな感じ。
話のポイントとしては、そんなサイバー化した世界を知り、
行く権利さえ持ちえながらも地上で暮らす男ディンゴ、
そして自立思考を手に入れたあるAIとの交流を通しての価値観の対比、
“人間らしさ”という定義あたりですかね?

全体的なテーマ、流れとしてはわりと予想し得る王道的なものかと思いますが、
要所要所では「おっ、この作品はそう表現するんだ」的なところがちょいちょいあります。
しかし、奇抜というほどの表現や展開はないので、
上記のテーマ的な話が好きな人は普通に楽しめる内容だと思います。


一方、上のようなテーマ外の作品のできですが、
個人的には全体的にかなり高クオリティだと思います。

登場人物はかなり少ないですが、メインどこのアンジェラ役ことくぎゅーの演技、
ディンゴ役の三木さんの演技ともにGoodです。
特に前者のくぎゅーの演技は個人的には結構気に入っています。
喜怒哀楽の表現はもちろん、新しい価値観への戸惑い、いざこざに巻き込まれての困惑具合、
そして途中から吹っ切れての半ばヤケッパチなアンジェラの演じ方などが良い。
戦闘シーンとかのテンションの上がり具合とかかなり好きです。


後は終盤のロボットの戦闘シーンが個人的にはかなりツボ。
発展した技術を持っておきながら、何故かミサイル&マシンガンと言った重火器による戦闘。
しかも、市街地線でトラップや補給(球切れ)を意識した戦闘シーンはかなり熱いのでオススメ!
そして忘れちゃ行けないフル3Dアニメーションですからね!

以上、こんだけ素直におもしろい!と思えるアニメ映画は久々かもです。
魅力の一旦でも伝われば、興味ある人は是非見に行くことをオススメしますよ~


別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
『名探偵コナン 異次元の狙撃手』 レポート (2014年GWその8)

2014-05-11 Sun 11:10Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
GWイベントの締めはこいつ、


コナンの映画!


毎度毎度のGWイベントで、高校時代の友達と見続けている映画です。
今年でおそらく12年目になりますかね?

今年の映画の感想をざっくり言いますと、
なんか映画のらしさが少ない、普段のアニメの延長っぽい内容だったな~っと。

まぁ、実際には毎週やっているアニメどころか、
原作の漫画すら読んではいないのですが、
舞台が身近な都内だったこと、登場人物が思ったより見慣れたメンツだったこともあり、
そう感じたんだと思います。

評価できるポイントとしては今年は犯人がやる気まんまんだったことですかね?
あんだけ気合が入っている犯人は久々に見た気がします。
ただ、謎解き要素は相変わらずうっすい感じでしたがね~
後、アクションがいつも以上に無茶がある感じだったのが印象的かもw

以上、今年のコナンの感想でした。
来年の製作も決まっているみたいなので、この集まりはまだまだ続きそうですw


別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

| 黒兎月ですよっと | NEXT