黒兎月ですよっと
 
高島城行ってきた

2017-05-07 Sun 21:53Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
2017年9城目は諏訪地方にあるお城の一つ高島城。

170507_51.png

諏訪の浮城とも呼ばれているお城なのですが、
これは嘗て衣之渡川・中門川などの川を掘りとし、
諏訪湖と阿原(沼沢地)に囲まれていただからそうです。
とは言え、現在では干拓されたのでその名残をみることはできませんが、
日本三大湖城 の一つとして名を連ねるそうです。

170507_37.png

そんな高島城の最寄り駅は上諏訪。

170507_38.png

周囲の案内看板。
自分は今回行きませんでしたが、
諏訪地方に来るなら諏訪大社とかと合わせていくのも良いかもしれませんし、
観光地として有名なだけあってこの手の案内は欠かさないみたいですね。

高島城までは町中を看板に従い歩いていけばサクッとつくので、
道順は省略したいと思います。

170507_40.png

まず見えて来るのはこちらの三の丸跡看板
このあたりは川がいくつもあるのですが、衣之渡川と中門川との間が三の丸らしいです。

170507_41.png

さきほどの看板があったのはこちらなのですが、
写真からわかるとおり三の丸一体は市街地化しているので、
あまりそれらしい区画などを感じることは難しいかもしれません。
ただ、川で区切られているってことでイメージはしやすいかも。

170507_42.png
170507_44.png

先程の看板を通り過ぎて進んでいくとやがて高島城の本丸が見てきます。
復元具合はなかなか立派で橋と門はなかなかのもの。

170507_43.png

天守はこちら。
正直もっとしょっぽい感じかと思っていたのですが、
こちらも門に劣らずなかなか立派に復元されておりますね。

170507_45.png

中は他のお城同様公園かされております。
入り口の門とかは大層な感じでしたが中は普通の公園で、
家族連れでGWを過ごされている方が多数いらっしゃいました。

170507_46.png

高島城の説明看板。浮城と呼ばれていることなどが書かれています。

170507_47.png
170507_48.png

多門跡、角櫓跡などなど。
ここらへん見ても分かる通り、結構きれいに管理されているし、
観光地として復元にも力を入れているんだろうな―という感じです。

後はいつもどおり天守に入って展示物等を見ました。
展示物の量としては見た目の派手さに比べて意外と簡素だったかなという感じ。
ただ、諏訪氏周りの話とかは戦国時代の前半という感じですし、
他ではあまり見られない一族に特化ということもあり結構興味深く見られたかな。
贅沢言えばもっと色濃く量も充実してくれたらよかったのになーとは思いますが、
そこまで求めるのは酷ですかね……

以上、高島城でした。

最後おまけで上諏訪でもお蕎麦食べました。

170507_39.png


こころ小坂ってお店で食べました。
開店と同時くらいに行ったのですが、1時間待ちでかなり人気店みたいでしたね。
今回の信濃旅行で食べたお蕎麦ではここのが一番美味しかったです(二店舗しか行ってませんが)
別窓 | お城めぐり | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
上原城行ってきた

2017-05-07 Sun 21:22Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
2017年8城目は諏訪氏の本拠地として有名な上原城に行ってきました。

170507_50.png

170507_20.png

上原城の最寄り駅は茅野駅。
最寄りと言っても上原城は山の中にあるので少々歩く必要があります。
自分が歩いた感じでは上原城の主郭に行くまで約40分という感じでした。
ただ、経路は比較的簡単なのが救いです。

170507_21.png

駅を東に出たら線路沿いに北に進みます。
写真のように線路の真横を通れるところもありますが、そうでない箇所もあるので注意。
Googleマップとか見ながら線路に一番近い道を歩いていくのがいいでしょう。

170507_23.png

線路に沿って北上していくとやがて上記のような交差点にでます。
写真だと少々わかり辛いですが、
ミラー下にある茶色の看板が上原城は右に行くように示しています。

上原城の経路で迷うのはここぐらいで後はひたすら道沿いに山を登って行きましょう。
登山道とかがあるわけではないので、
最初はこの住宅横を歩きつつ、後半は道路をひたすらに歩いて行く感じになります。
道路は城跡の主郭の真横まで続いているので、車であればサクッと行くことも可能です。

170507_25.png
170507_26.png

城跡の入り口にある看板など。
余談ですが自分が行ったタイミングで近所の方が山の草とかを大人数で刈られていました。
ネットで上原城を調べた時に同様のことを書いている記事を見たので
結構高頻度で整備されているのかもしれませんね。

170507_27.png

城跡の道。

170507_28.png

主郭の背後にある大堀切。
たぶん上原城で一番見どころがあるのはこれかな?
入ってすぐのところにあるのですが、
主郭と離れの山をきるように大きな堀切がきられていました。

170507_29.png

上原城跡からの景色はこんな感じ。
西側の結構広い範囲を見渡せられます。

170507_30.png

上原城は結構な高さにある割には曲輪の大きさがかなり小ぶりな城でした。
大まかに三段にわかれており、一番下(三の郭)に金比羅神社があります。
写真はその神社から二弾目に上がる場所ですが、
高低差もさほどないことがわかります。

170507_32.png
170507_31.png

二の郭。
写真程度のスペースしかなく、かなり小さいのが分かるかと思います。
また、写真の看板で上原城の大まかな構造がわかります。
今回まわった三の郭より上の他に、諏訪市館跡という開けた居住区があったみたいです。

170507_33.png

物見岩
ニの郭と三の郭の間にあるかなり大きな岩。
このまま城にあったとしたら結構邪魔だったと思うし、
何かシンボル的な岩だったのでしょうか?

170507_34.png

170507_35.png

主郭と主郭跡を示すことの看板。
主郭は意外と大きめで、基本的に上に行けば行くほど小さくなるイメージですが、
上原城は三の郭~主郭までほぼ同じ位の多きで結構珍しいな~と思いました。

写真としてとっているのは郭周りだけですが、
周囲には細い通路が郭の周りをはっていることも確認できましたし、
堀も幾つかまだ見受けられるようでした。

構造としては思っていた以上にこぶりであまり大した技巧もない感じでしたが、
行った跡に調べてみると諏訪地方は小ぶりな城が多いこと、
また諏訪氏の上品さというか身分を鑑みて、
堅固なお城というよりは地位を象徴するものとして……って色が濃かったそうで、
なるほどって感じですね。

以上、上原城でした!

別窓 | お城めぐり | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
松本城行ってきた

2017-05-07 Sun 20:39Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
2017年7城目は現存天守12城の一つ、松本城に行ってきました。

170507_49.png

自分が行った現存天守としては4城目になりますね。
しかし、今まで自分がいったのは丸岡、丸亀、備中松山と小ぶりな天守だけだったんで、
かな~り立派と聞いている松本城はどんなものなんだろう?と期待しつつ行ってきました。

170507_02.png

まず最寄り駅ですが当然松本駅になります。
とは言え、松本までは結構距離があり電車よりもバスの方がアクセスが楽&安いので、
自分は新宿からのバスを利用していってきました。

松本城は比較的駅から近い上に案内もあるのですが軽く道順を示しておきます。

170507_03.png

駅を出たら写真上の中央やや右の大通りを進みます。

170507_04.png

お次に写真上の十字路まで来たらここを左に行き、後はま~っすぐ進むだけ。
おそらく駅から15分程度の距離だったと思う。

170507_05.png

こちらは松本上の案内図。
写真を見てわかると思うのですが、松本上の曲輪配置はひっじょ~~~にシンプル。
そしてぶっちゃけたところ、曲輪とかの配置などに関してはあまり見どころがありません。
松本上で楽しむべきは建築物となりますね。

170507_06.png

こちら入り口のいっちゃん最初にある石碑。
松本城は現存12天守の一つ、そしてその中でも限られた国宝に指定されたものになります。
そんなわけで観光の目玉としてはバッチリであり、
自分が行ったのがGWということもありかなりの観光客がきているようでした。

170507_07.png

橋を渡り、二の丸に入っての風景がこちら。
右奥に既に天守が見えていますね。
そして二の丸内はごらんのように公園として整備されています。

また、写真は撮り忘れましたが公園入ってすぐの右手に松本市立博物館があり、
松本に関するいろいろな展示物があるので是非はいって見てください。
ただ、思ったよりは展示物充実していなかったかな~という気がしなくもないですが……

170507_08.png

ちなみに松本城の堀はこんな感じ。
比較的いい感じで、二の丸に渡れるところは何箇所かあるので複数箇所で見ることができます。

170507_10.png
170507_09.png
170507_11.png

こちらはお城の東にある太鼓門枡形とその説明看板。
門の由来、構造、復元の経緯や歴史などが書かれています。
櫓門の二階部分は小さいですが、展示もしているので是非よっていくのをオススメ。

170507_12.png
170507_13.png

こちらは二の丸御伝後の入り口&二の丸御殿後。
見ての通り、建物としては何も残ってはおりませんが、
どのうような建物があったのかの説明看板、
それにそって区域と何があったかを示す石があるので、
想像を働かせて思い描くのがいいかもしれません。

170507_14.png

本丸へ渡る橋。
本丸へは埋橋という橋が別にかかってもいるのですが、
そちらは封鎖されており実質渡れるのはここだけになります。

170507_16.png

そしてこれがお待ちかねの松本城天守!
いや~さすがにこれは立派ですわ……
素人が写真で撮っただけなのにこの威圧感はパないっす。

170507_15.png
天守の説明看板。

ちなみに松本城の天守と一言でいっていますが、正確には以下から構成されるみたいです。
 
天守:五重六階本瓦葺
乾小天守:三重四階本瓦葺
渡櫓:二重二階本瓦葺
辰巳附櫓:二重二階本瓦葺
月見櫓:一重地下一階附本瓦葺

一番高いのが天守、一番右にあるのが乾小天守で、
その間を繋いでいるのが渡り櫓となります。
そして天守の一つ左にあるのが辰巳附櫓で、一番左が月見櫓となるそうです。

170507_18.png

天守を別角度から撮った写真。
先程少し話題に上がった、埋橋という橋からとった写真ですね。

天守内は写真撮っていませんが、現存天守というだけあって立派なものでした。
よくあるコンクリづくりではなく、木でできた廊下や階段など、
うまく表現はできませんが、なんか圧倒される感じがありましたね。うん。

ただ、中に至るまで建築物の保存が重視されているせいか、
天守ないの展示物はあまり多くありませんでしたし、
松本の歴史とかよりは火縄銃とか鯱とか、
モノに関するものが大部分を占めていたという印象でした。

なので、松本城は歴史とかをガッツリ楽しむと言うよりは
天守とかの作り等含めたモノを楽しむがオススメだと思いますし、
そうしたほうが満足度はかなり高いと思いました。

以上、松本城でした!
噂に違わぬ素晴らしい天守だったと思います。

以下おまけで、松本で食べたもの色々。

170507_01.png
山賊焼き。
松本きて初めて知ったんですが、残族焼きって2種類あるらしいです。
よくスーパーで売られているのはタレで焼くほうなんで、
長野の揚げるほうのは知らんかったのです。
写真は松本駅構内のお店で食べたんですが、なかなかボリューミーで腹いっぱいになりました。

170507_19.png
水舎というお店で食べたお蕎麦。
信濃っていったらやっぱそばですよそば。
ただメインで食べた写真お蕎麦より、
サイドメニューで頼んだニジマスの空揚げのほうがうまかったですw(写真は撮り忘れました)

別窓 | お城めぐり | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
高槻城行ってきた

2017-05-01 Mon 10:25Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
2017年6城目は高槻城に行ってきました。

170501_00.png

淀川の北側、京都と大阪をつなぐ道の真ん中あたりという、
位置的にかな~りいいところにあるお城跡ですね。

170501_01.png

最寄りは大阪の高槻駅。
今回は京都から乗り換えで行きましたが、
新大阪からでもアクセスはよいところですよ。

距離的には大した距離はないのですが、
市街地なので少々城跡までの道が面倒くさい感じとなっています。

170501_02.png

南側の出口からでてエスカレータをおります。
分かれ道があるので右へ。

170501_03.png

先程のところを進み突き当りの商店街まででます。
ここは左へ曲がります。

170501_04.png

写真の高架下をくぐり、城北通りというところを突き当りまでまっすぐ進みます。
後は案内看板とかでてくるのでそれに従う感じで進みましょう。

170501_06.png

城跡前に見えてくるのがこちらのしろあと歴史館。
ぶっちゃけ、高槻城跡はまともに見るものがほっとんどありません。
なんでここをガッツリ見るのが一番楽しめるので、是非よっていくことをオススメ。
歴史館の人はなかなかフランクで、高槻の歴史とか結構色々説明していただきました。
ありがとうございますm(_ _)m

170501_07.png

ジオラマとかもあるし、展示物は結構充実していました。
ただ、このジオラマの面影を感じられないのは残念。

170501_08.png

歴史館の外にある城跡であることを示す看板

170501_09.png

工事中なのが見てわかると思いますが、現在進行中で発掘作業等がされているそうです。
二の丸あたりに相当すると思います。

170501_10.png

城跡……というか公園の入り口。

170501_13.png
170501_14.png

右近の説明看板とか銅像とか

170501_15.png

唯一の見どころ的な石垣。
まぁ、模擬復元ですし、大した規模感もないのでうーんという感じでした。

170501_17.png
170501_18.png

公園周辺の看板とか石碑。
見るものとしてはこんぐらいですかね?
後は本当に普通の公園って感じで、家族連れの人が色々遊んでいるのが見られるぐらいでした。

以上、城跡としてはほっとんど見るものがありませんでしたが高槻城でした。
歴史館はそこそこ見るものあるし、大阪&京都からアクセスがいいので、
ワンチャン暇があれば行ってもいいかねってぐらいでした。

別窓 | お城めぐり | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
浜松城行ってきた

2017-04-23 Sun 14:12Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
2017年5城目は浜松城に行ってきました。

170423_00.png

行ってから気づいたのですが、今静岡は大河関係で結構ホットな感じみたいですね。
直虎のポスターが至るとこにはってあったり、お土産類でも色々見かけました。

170423_01.png

さて、気を改め最寄り駅は当然浜松駅です。
静岡って通りすぎることは頻繁にあっても
止まることはほっとんどなかったんで結構新鮮ですね。

浜松駅から浜松城まではちょっとだけ距離があって歩いて15分ほど、
市街地なので歩いていくルートはいくつでもあるんですが、
今回は大通り沿いに進むルートで行きました。

170423_02.png

駅を北口に出て浜松駅北口を北西方向に進んだ交差点(上記写真)を北へ

170423_03.png

大通りを進み常磐町の通りを西へ
後は道沿いに進むだけで浜松城が見えてきます。

170423_04.png

浜松城が見えて北あたりで一度少し大きめの通りを南にいくと浜松城出丸跡があります。
出丸跡と言ってもちょこんと石碑がある程度で言われないと
それっぽさも感じ取れない程度のものではありますが。

170423_05.png

んで、こちらが大通り南側から浜松城を見上げたところ。
ちょっと高さがあり平山城であること、また遠目にも石垣に見えると思います。
ちなみに浜松城は出世城、そして野面積みの石垣が有名なお城でもあります。

170423_06.png

ちょっと影で見づらいけど浜松城の案内看板。
これ見るとわかるんですが、浜松城は本丸近辺以外はほぼ公園化されています。
城跡公園というと曲輪の形がわかったりするものとそうでないものがあるんですが、
ここは完全に後者ですね。ほっとんど名残がわかりません。

170423_07.png

ちなみに桜は結構きれいに咲いていました。
花見をしている人も結構いたので、憩いの場としてはそこそこいい感じっぽい。

170423_08.png

そしてこちらが先程はなしていた野面積みの石垣。
要は自然石をそのまま積み上げる方法のことですね。
自然石というだけあって、でこぼとしており取っ掛かりにして登られそうですが、
排水が良いだとかメリットもあるらしいです。
とは言え、初期のころの手法らしいのでなかなか時代を感じさせていいですよね。
後は、浜松城は東を意識した作りになっているように見受けられ、
当時を意識して(徳川方から見て対今川、武田)の作りなんでしょうね。そこは面白かった。

170423_10.png

二の丸の看板。
本丸の東一段低い箇所が二の丸なんですが、
現在は市役所と小学校になっており、残念ながら名残を感じ取ることはできませんでした。

170423_09.png

こちらは本丸ですが、以外と狭いです。
後はうっすら左奥に見える像があると思うのですが、こちらは家康像になっております。
一応ここの目玉の一つらしいです。

170423_14.png

天守門を下から見上げたところですが、なかなか立派なのが伺えます。
天守門に至る道は結構狭い感じですが、入り組んだ複雑な作りでもなく、
敷いて言えば高低差がある程度でしたかね。裏側からも登るところがあります。

170423_18.png

門をくぐると天守台と天守があるんですが、
今気づいたことに天守&天守曲輪の写真とるの忘れていた……
ただ、こちらも本丸同様に大した広さはなかったですね。

そうそう、浜松城は本丸が天守の下にあるというちょっと変わった作りらしく、
上記で書いた天守曲輪というのが天守近辺の曲輪となるそうです。
正直なんでそんなつくりなのかはよくわかりませんがそういうことらしい。

以上、浜松城はこんなものですかね?
正直知名度のわりに思ったより小ぶりな城だったし、
本丸近辺しか見れるものがなかったので見応えとしてはいまいちかな~

170423_28.png
170423_26.png

こっちはおまけで曳馬城跡。
浜松城の前身となる城の跡で、浜松城の東側にちょこんとあります。
今では神社となっているようで、ぶっちゃけ大したものはないのですが、
浜松城きたらついでに見てみてはいかがでしょうか?

以上、今回はこんなところで!



別窓 | お城めぐり | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

| 黒兎月ですよっと | NEXT