黒兎月ですよっと
 
抱きまくらカバースタンド&色紙ディプレイ場所制作

2013-03-21 Thu 01:02Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
そろそろ部屋のレイアウトを改善したいな~と思いたったので、
ホームセンターに行き色々買ってきましたよっと。
本当はベッドシーツの飾り方を変えようと思っていたのですが、
これは!って方法が思い浮かばず、工作スキル不足の僕としては挫折した次第。

そんなわけで今回は抱きまくらカバースタンドを作り、
ついでに色紙展示スペース復活しようという結論に至りました



まずは色紙スペースのため購入した物↓

130320_01.jpg

磁石も写っていますがこちらは結局使いませんでした。
使ったのはプラスチックのシャーシ的な何か(なんと言えばいいのか不明)と両面テープ。
前は色紙を入れる透明のケースを両面テープでとめていたのですが、
これでは差し替えがしづらいこともあり、結局撤去してしまいましたからね。
んで、今回の作業結果↓

130320_02.jpg
展示の様子

130320_03.jpg
上下の溝でで色紙を入れているケースを挟めるようにしています。

これで横から抜き差しすることで入れ替えることができますね。
今回の購入分では扉全部をカバーできるほどの量を買わなかったので、
今度買い足して一面を埋めたいと思います。



お次は抱く枕カバースタンドに使った購入物

130320_04.jpg
130320_05.jpg


1枚目の写真+2枚めの赤丸で囲われた部品で作りました。
材料的には以下のものになります


矢崎化工 イレクターパイプ
150cm(縦用)×2
45cm(横用→足に変更)×2
30cm(足→横用に変更)×2
ジョイントJ-5(角が丸いやつ)×2
ジョイントJ-59A(T字)×4
ジョイントJ-118B(追加分)×2


当初は1枚目の材料だけで作る予定だったんです。
抱きまくらの横サイズ45cmだしいけるかな~と思っていたんですが、
ジョイント部分でパイプの太さ分横の長さが増えてしまったため、
追加分のジョイントに変更することにしました。

んで、抱きまくら装着できたし、OKかな~と思ったんですが……

130320_06.jpg

抱きまくらによっては若干チャックの付き方が違うんですね……(もしかしたら伸びているだけかも)
下の端まで届く奴は装着できたのですが、
上のようなタイプ(こっちのほうが多い?)は入り口の長さが足りず装着できませんでした。

そんなわけで結果的にはこうなりました↓

130320_07.jpg

横幅を30cnの棒に変え、でも横が弛むほどの長さにはしたくなかったので、
T字のジョイントでちょい横幅を稼いでいます。
これで結構ギリギリ入り口につっこむことができます。
んで、使わなくなったジョイント部分等はディスプレイが倒れないように、
足場に使うことで流用しました。

ちなみにお値段は……



2440円!!


市販されている抱く枕カバースタンド買うよりは結構お安い感じですかね?
でも結構な値段するな~
ジョイント部分や横幅の棒ミスったりもしたので、
パーツを正確に買えば後2、300くらいは安くなるかもですが。

んで、展示した様子

130320_08.jpg


結構良くね?

最後にちょい利点と欠点をまとめてみる

利点
 ・横は弛むことなく飾れている
 ・ものが頑丈で既成品を組み立てるだけで作れて値段が安い
欠点
 ・縦幅が150cmしかなく少したるんでしまう(既成品だけで160cmは難しそうだった)
 ・ものを揃えるのが少々面倒くさい

ってところですかね。
まぁ、個人的にはだいぶ満足したのこれで良し!
別窓 | 作ってみた | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
作ってみたver2.0

2009-07-28 Tue 22:01Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
やるきがでない今日このごろ。
最近やるきある日とない日の差が非常に激しいきがします。


ってなわけで、勉強パス→ゲームのながれになったのだがこれもだめぽ。
ん~ノベルやってるんですが気分がのらない日は駄目ですね……


そんなわけで、この前ちょいとした事情でノートの痛パソ化が解除されてしまったのでつくりなおすことにしました。
まぁ、つくり直すといっても結局は画像を作って貼るだけなんですがねw


そんなわけで完成したのはこいつ

090728_01.jpg


いや、パッと見ただの画像じゃね?ってツッコミはなしでお願いします。


ぶっちゃけ話、今回は本当に画像つくって周りの枠きってはっただけなんですよね~なんていうか何もないとこ(黒い部分)切ってもDELLマークがあるところは見れないし、本音をいうと切るのがめんどかったというか……


ちなみに今回は解像度をちょいあげてで、用紙設定を変えて

「100pixel/inch」
「写真用紙 光沢プロフェッショナル」

でやってみました。実際見た感じとしては、気持ち前回よりよくなったかなってぐらいですね。

あと、写真よくみるとわかるのですが、実は画像製作時消し忘れで右のほうに変な線が残ってしまった。印刷しなおそうと思ったら用紙が丁度きれてしまったので、今回は我慢するしかないっすね。
別窓 | 作ってみた | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
3年の眠りより目覚める……

2009-02-17 Tue 02:46Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
アイロンが!いや~一人暮らしをし始めて数年がたちますが、入居前に買って以来封を開けることさえしなかったアイロンがついに日の目を見ることになりました。

理由はと言いますと……

痛シャツを作ってみよう!


ってことです。以前にプリンタを買ったことを書きましたが、それ以降まともに使われていないので、もっと遊んでみようと思った次第です。

材料はこちら
090216_01.jpg

カラーTシャツ用転写紙 A4 2枚入り  1029円
ダイソーのカラーTシャツ         210円


写真にはA6サイズのも写ってますが今回は未使用です。

デザインは、初回のため転写紙の耐久性などもわからないので、凝ったデザインにしてボロボロ取れやすい状態になる可能性を減らすため、シンプルに壁紙用の絵を印刷しただけにしました。
具体的には解像度を変えて(100dpi)A4サイズより少し小さいサイズにしただけですよ。

実際の印刷物
090216_02.jpg

プリントしたのはエステル嬢!なんせ今月末に夜明け前より瑠璃色なMCもでるからね!もちろん余白部分は切り取りますよ。


話変わるけど今月の26日は欲しいものが出すぎるんですが……
おまけにPC(サブ)も壊れたっぽいし、どうしましょう?(金銭的に)


印刷後は20分ちょいと乾くの待ちました。その後は、アイロンをドライで180度まで温めてから加圧していきます。転写紙の説明に書いてあった通り1ケ所当たり20秒を2回ほどで、全体にムラがでないよう均等に加圧し、端がはがれないように周りもしっかりとプレス。

後はさめるまで待機なり

んで完成品
090216_03.jpg


うむ。そこそこキレイにできた!

090216_04.jpg


わかりづらいかもしれませんが、端の部分もしっかりとついてる様子。

ただ、壁紙データのをただ張っただけなのでデザイン的には微妙かもしれませんね……
完成はしましたが実際の耐久性等は未だ不明なので、使いながら調べてみて、結構丈夫ならば複雑なデザインなものにも挑戦したいですね。

普段から着るかはわかりませんがねw
別窓 | 作ってみた | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
劇的ビフォーアフター

2009-02-02 Mon 00:19Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
(_≧∀≦)ノ☆ウヒョー!!!


ウヒョヒョー!!!☆ヽ(≧∀≦_)


ヒャッ━ヽ(゚∀゚*)ノ━ホォゥ!!


とりあえずヤバイ!です


ええ、意味不明です。でも、許してくれ。この感動を抑えることができないんだ。

今の気持ちを顔文字で表すと

アヒャヘ(゚∀゚*)人(*゚∀゚)ノアヒャ

って感じなんだ。


…………


…………


…………


…………


…………


おk。落ち着いた。まず、結論から言うと自分は痛パソを侮っていたわ。

本日、プリンタを買ってきたことは書いたと思う。そして、そのプリンタでやりたかったってことが痛パソ制作なんだ。ニコニコとかの痛PSP作ってみたに影響されたんですよ。うん。

そして、帰ってきてからいろいろやって、先ほどできてペタリと貼り付け。

だから、ヤバイんです!

ええ、ちょっとうざいですね。でも、許して。

まさかここまでの破壊力があるとは……自分へのPCへの愛着が大幅に強化されてしまいました。

ってわけで、劇的ビフォーアフターの様子をどうぞ!

before
090201_04.jpg

after
090201_05.jpg

ん~~~ガチよくね?ちなみに痛パソの否定は認めません。
麗華お嬢様の否定はもっと認めません。

っと言うわけで皆さんも作りましょう。そうしましょう。



以下参考物&制作情報

痛PSP作ってみた



プリンタ→PIXUS MP540
シート→A-one インクジェットプリンタ用フィルムラベル光沢 品番29282
画像→A4サイズに合わせて自分で制作
切り取り→ハサミ



張ったのは上のシートですが、それとは別にダイソーで売ってた安物光沢ラベルでも試してみました。ちなみにできは値段相応で光沢もいまいちだし微妙なきがしました。やっぱり、それなりに値段が張るほうがいいと思われます。

切り取りは最初カッターで髪の束一つ一つ切っていたのですが、どうも素人の自分ではきれいに切れずぎざぎざになってしまいました。そこで、髪の間は張るものと同じ色(この場合黒)にして、キャラの外側のラインだけをハサミで切るだけに変更。
このほうが簡単かつ綺麗に仕上がる気がします。


プリンタの設定は写真の光沢にしてみました。ここはいろいろ試してないのでどれくらい違うのかわかりませんが、とりあえず納得のできだったのでスルー。

プリンターの質によるできも比べることはできませんでしたが、これぐらいの値段たいなら十分いいのが作れるのではないでしょうか?まぁ、憶測ですが……


どちらにしろ一番大事なのは自分がお気に入りの画像を入手or制作できるかがミソですね。

以上制作メモでした。
別窓 | 作ってみた | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

| 黒兎月ですよっと |