黒兎月ですよっと
 
銀の刻のコロナFD -Fortune Dragon's- レビュー

2013-02-21 Thu 22:12Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
1月発売のソフトからはこいつ…銀の刻のコロナFDをプレイ!
コロナかわいいよね、コロナ!
本編はプレイ済みなので、FDのほうのみ買ってプレイしたので感想書きますよっと。



概要

タイトル:銀の刻のコロナFD -Fortune Dragon's-
メーカー:ETERNAL
公式ページ:http://www.eternal-will.jp/corona_fd/index.html

130209_02.png


ジャンル:S・RPG
シナリオ:座敷猫with企画屋
原画:キグナス、ぎん
SD原画:こもわた遙華
音楽:四十万行道

歌:4曲
 Split Second(CAO)
 嘘つきと傷あと(翠下弓那[水霧けいと])
 灰かぶり姫(翠下弓那[水霧けいと])
 ワンダートキメキ☆システム(翠下弓那[水霧けいと])
CG:70枚(うちSD8枚、差分除く)
BGM:43曲
Hシーン:15シーン
プレイ時間:16時間



「この世界に様々な滅びが迫っています」

そんな言葉から始まった世界を滅びから救う戦い。
仲間と共に幾度もの滅びの時間を繰り返し、ついに世界を滅びの運命から守り抜いた。

その戦いの中心だった龍護寺では、もともと住んでいた刻乃たち、
そして統果やコロナ、ミュリアルなどもそのまま暮らしている。
さらに、助けだされた赤も加わり、相変わらず騒がしい日々が続いている。

元の世界に戻っていった、智明たちチームの三人や、竜一・明日翔けなどの協力者とも
連絡を取り合いつつ、時折舞い込んでくる魔物や霊的なものに関する依頼をこなしながら、
過ごしていた。

そうして、約一年が経過した。

刻乃や茜は皇河学園を卒業し、他の者もそれぞれが無事に進級を果たした。
そんなある日、共滅びの運命と闘った論説部部長・雲母から
ミドルスタン経由で龍護寺に連絡が入る。

「しばらく休暇を取るから、龍護寺で過ごさせてもらえないだろうか」と。

前の事件では満足なお礼も出来なかった統果たちは、これを快諾した。
統果たち論説部の到着を心待ちにしていたが、論説部の面々は龍護寺に現れることはなかった。

そして、流れ星の降る夜、物語は動き始める。

隕石が落ちてきたかのような凄まじい音、その場所に行ってみると、
傷だらけの少女と、瀕死の重傷を負った少年がいた。

何かが起こり始めている。統果はそんな予感を覚えつつあった――


公式ページ ストーリー 本編より引用

無印コロナについては以下を参照
http://kokuduki38.blog6.fc2.com/blog-entry-505.html



シナリオ


FDとしては妥当!


本作のシナリオ面の構成としては、

・銀の刻のコロナの続き……いわゆるアフターストーリー的でボリュームもある本編
・同じく銀の刻のコロナの続きだけどショートエピソード的なコロナ編
・かなめルートの途中にあたる日常を描くかなめ編

の以上3本仕立て。
プレイした感触としては本編が12時間程度、
残り2つはどちらも1時間程度でしたね~

そんなわけで本編がメインとなるわけですが、内容については結構真面目に物語があります。
所謂FDらしくいちゃらぶがメインってわけでなく、
ちゃんとした話があり、ちゃっかりまたもや世界を救っているという感じでしょうか。
新キャラ登場とかもあり話はそこを軸に進みますが、
過剰に登場キャラが増えるわけでもなく、基本前回のメンバー+αどまりなので、
無印コロナを終えたけど彼らの物語をまだ楽しみたいって人には良いと思います。
とは言っても、ここはFDなんでそこらへん考慮した上でってことでよろしくです。

んで、FDで忘れちゃいけないのがキャラクターにスポットをあてた後日談……
もとい恋人とのその後的な要素。
本編にそこそこボリュームがあるせいか、こちらはやや軽め。
メインどこのコロナや刻乃などは本編で回収しつつ、
その他のヒロイン勢はクリア後に見られるおまけで回収ってパターン。

そんなこんなでシナリオ全体的には、真面目な後日談多めでイチャラブ成分低めだけど、
FDとしては抑えるとこは抑えているし妥当かな~ってところですね。



システム


程よく遊べるシステム!


ここに関しては前回の無印コロナとほぼ同様のシステムを継続。
そんなわけで、サクサクと遊べつつSDキャラが良い感じに動き、
ちょいちょい考える要素もあるのでゲーム要素としてはとっつきやすく良い。
一方、やり込み要素的なものは相変わらずそこまでないし、
操作性に関しても劇的に向上しているわけではないので(とは言ってももともと十分だが)、
良くも悪くも変わらないって言ったところですかね。


ただ、システム面に大きな変更はないけど、
モードの要素は増えて、バトルアリーナモードというものが存在します。
本編にあるシステムを引っさげ、敵キャラ含む自由なキャラ編成で(ボス含む)
自由に遊ぶと言った感じでしょうかね?
ちなみに細かい区分としては、すごろく、ボス討伐、トーナメントといくつかあり、
ちょいちょいルールは違いますが、要は好きに編成をして遊ぶという原則には変わりありません。

ただまぁ、そこまで時間をかけてやるほどじゃないし、
使ったことないキャラでちょろっと遊べればいいかな~ぐらいなんで、
ちょっとしたおまけと思うぐらいが吉ですかね。

後、バトルアリーナのプレイムービーのリンクも貼っておきますね。






キャラクター

無印メンバー+3人!

ってわけで、無印からいるメインどころは前回の感想を参照してもらうとして、
ここでは追加されたキャラ3人について書いてみましょう。




前回の最終決戦の際に暴走し、主人公達の前に立ちふさがった龍人の少女。
戦い後の今ではコロナ達と共に龍護寺に住み、コロナの姉として振舞ったり、
ミュリアルを見習って完全なるニートを目指して過ごす日々。

実は主人公勢の中でもズバ抜けて年上なんだけど、
基本的な性格はコロナと同じ好奇心旺盛、本能に忠実、主人公ラブと言った感じで、
意外……でもないけどかなり子供っぽい素振りがGood!
コロナと比べるとちょっと背伸びしている感や
コロナと仲良くじゃれあっているところが愛でる上では良いですな。



ゼオン

新規キャラでは唯一の男キャラ!
ある日龍護寺の森の中重症で倒れていたところをフィーと共に助けられ共に住むことに。
立ち位置としてはみんなの弟、そして重要なツッコミ担当として可愛がられています。

主人公の弟的ポジションというだけあって、言動はかなり主人公とシンクロしています。
行動は変態面での描写がないので、ぶっちゃけ真面目な純情少年といったところ。
ただ、言わずもがなで今作のキーパーソンですし、
後半はその素の性格と恵まれない立ち位置の関係もあって微妙な役どころに……
まぁ、こうなるのはわかっていましたがねw



フィー

新キャラその2。
ゼオンと共に森で発見された少女。
キャラ的には大人しめの小動物系。もちろんゼオンへの好感度は高め設定!ってところ。

結論から言ってしまうと色々不遇な少女ってところだろうな~
如何せん龍護寺面子だけで美少女分は十分な上に色んな面で赤に負けている気がします。
その上ストーリー上の扱いも……
ってな感じなんで、幸薄系美少女として応援してあげましょう!




CG&立ち絵

CGはやや少なめですがFDとしてはこんなところですかね~
ストーリー性は少ないので、この一枚がいい!って感じのCGはなく、
全体的にサブヒロインまで含めて広く浅く、そして程よくカバーしている感じ。

気になる点としては崩れたようなCGが微妙にあるのは気になったな……
後は色んなキャラにCG描くのはいいんだけど、
どうでもいい男キャラにも微妙にさいていますw


まぁ、コロナかわいいから許すよ!(結論)




音楽&映像

BGM関係は前回使用しているもの+αって感じなので量多め。
ただ、新規追加分は結構少なめかな?たぶん。
基本使い回し的な曲が多かったと思います。

なお、新規ボーカル曲もありなんで、
こっちはOPムービーとあわせてリンク貼っておきますぜ。
結構好みの曲なんでおすすめっすよ。






その他

バトルアリーナモードありだけどシステムのとこで書いたのでそっち参照で。



まとめ


良くも悪くもコロナのFD!


シナリオの質や量、遊べる要素にHシーンなど色々考慮してそんな感じですかね。
そんなわけで妥当なFDだと思うので、
無印コロナが気に入った人はプレイして損はなしかと。


別窓 | ゲームレビュー 企業 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

| 黒兎月ですよっと | NEXT