黒兎月ですよっと
 
巫剣神威控 レビュー

2013-10-29 Tue 00:29Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
さて、そろそろ冬コミの足音が聞こえてきたし、
たまった同人ちょっとでもくずそーぜ!
ってわけで同人ゲームプレイ始めましたよっと。



概要

タイトル:巫剣神威控
サークル:ZENITH BLUE
公式ページ:http://zenithblue0.blog.fc2.com/page-1.html(サークルブログ)

131029_01.jpg


ジャンル:アクション
プレイ時間:4時間


怒涛の剣劇アクション

魔を祓う者「巫剣」である壬佐は、魔剣を奪い
行方をくらませたかつての洞門、鈴華を追っていた。

剣劇、格闘、奥義を使いこなし華麗に斬り舞え!
技をアップグレードして襲い掛かる魔モノを退けろ!

煌めく斬撃、神速の剣技


パッケージ裏より引用



システム



これは完成度高い!!



ですね~
いや、久々に高クオリティの作品に出会った気がします。
んで、公式サイトにはあまり紹介っぽいものはありませんので、
たまにはしっかりシステム面について書いてみようと思う。
あくまで自分なりに……ではありますが。

ジャンル的には剣戟3Dアクションバトルもの。
円形のステージ上で、第一集団、第二集団……とわらわら湧いてくる敵を
格闘と剣戟を駆使してなぎ倒していきます。

アクションとしては上記で触れた格闘と剣戟をベースにしつつ、
回避やガードなどの防御系、ゲージを必要とする奥義を組み合わせて戦う事になります。
剣戟はゲージを消費し、その回復には格闘を当てる必要がある仕様。
これにより見た目はバリエーションにとみ、
かつコンボでテンポのよいアクションが見られます。

また、攻撃を与え続けると敵は出血状態になりダメージ率がアップしたり、
敵を倒し続けると敵に血みたいなのが集まっていき斬心というアクションが取れます。
効果としてはHP回復、出血状態の的にダメージ、
そして剣をおさめるアクションがカッコよい!←重要
って感じになっております。

んで、上記様なシステムでだいたい5ステージぐらいの構成だったかな?
ちょい正確な数忘れてしまいましたが……
ボリューム的にはほどよい感じで、4時間で1周は出来ました。

攻略的にはゴリ押しクリアはなかなか難しく、
ボスの攻撃は連撃をくらうとあっという間に半分くらいは持っていかれます。
そんなわけで基本はヒット&アウェイ!

雑魚はバッサバッサ倒しつつ、ボス戦はガチンコでプレイと、
なんかアクションの良い面を両方抑えているな~って感じで好感触でしたね。
後、ここでは殆ど触れていませんが、
アクションにレベルがあってそれを成長させるシステムもあったりします。
とりま、システムはこんなところで。



キャラクター

メインキャラクターは2人

主人公となる壬佐、
魔剣を持ち出し敵となった鈴華。

後はその他雑魚敵わんさかと、ボスが数隊って感じですが、
こちらは設定的なものもさほどないので割愛で。


壬佐

黒髪の美少女with剣。
なんつーかあれだね、あざといね!(褒め言葉)

グラフィックの綺麗さと相まってかな~り美少女オーラが出ています。
しかもアクションもカッコよい上に剣戟が様になっていますし、
カッコよい系の美少女ですね、ええ。
それに何気にスタイルもいいし……

んで、本作はボイスもついているんですが、これまた良い感じ。
イメージにあっていて、キリッとした感じがGoodでした。



鈴華

打って変わって金髪系美少女。
じゃっかんヤンキーっぽい口調が見た目と相まって、
すごく三下系キャラくさいです。
魔剣に魅せられてってのもそれに拍車をかけていますね。
もちろん最後も(ry

敵としては若干役者不足感ありますが、
話の規模&ゲームボリュームからすると色々と都合の良いキャラでしょう。


以上、キャラは少ないのでこんなところで。



その他


やっぱビジュアルアル面での綺麗さ!!


でしょうね。
正直結取り上げるべきネタは沢山あるのですが、
何につけてもグラフィックなどのビジュアル面での綺麗さがやばい。

キャラが綺麗なのはもちろん、アクションでもヌルヌル動きますし、
剣戟の軌跡、敵を倒した時などの効果などなど……
うむ、ガチでレベル高し。

こちらはムービーのリンクはっておきますので是非ご覧あれ。





まとめ


これはかなりオススメのゲーム!


グラフィック、アクション、演出、
どれをとっても高クオリティ間違いなしなので、
万人にオススメですね。


別窓 | ゲームレビュー 同人 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

| 黒兎月ですよっと | NEXT