FC2ブログ
黒兎月ですよっと
 
小金城行ってきた

2017-11-12 Sun 18:15Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
2017年17城目は小金城に行ってきました。

171112_00.png

お城巡りは夏の徳島良好ぶりなんで、3ヶ月以上も空いてしまいましたね……
とは言え今週は3連休とかではないので、日帰り圏内の小金城に行った次第です。

さてそんな小金城ですが、
歴史としては千葉氏の家老原氏の重臣であった高城氏の居城らしいですby wikipedia
……そうなんか、初めて知った。
基本、城の配置と城主の知識が信長の野望からきている自分は
ここまで千葉氏の勢力圏だった事知りませんでした。
創造だとどのシナリオでも千葉氏の勢力圏じゃない&高城氏が城主じゃないですからね。

まぁ、それはいいとしてそんな感じの小金城に行ってきたので、
写真あげつつレポート書いていきます。

171112_03.png

近場の駅は北小金と小金城趾の2駅があるのですが、
自分は前者の北小金駅から行きました。

一応、遺構がないところも含め城の全体をぐるっとまわったのですが、
個人的には北小金駅から行くことをオススメ。
というのも小金城は大部分が既に都市部として取り込まれており、
遺構がはっきり残るのは大谷口歴史公園の近辺のみで、
割合で言うと全体の2割もないと思われます。

そんなわけで全体像が掴みづらく、
事前に入念な下調べをしていないなら達磨口後にあるマップを参照にし、
ぐるっと1周回るルートが全体像を掴みやすいと思うからです。
また、市街地で結構道が入り組んでいますが、
達磨口までなら北小金駅から北西の道を道沿いに歩くだけでつくので
迷う心配もないってのがもう一つのオススメ理由ですね。

171112_04.png

というわけで達磨口までのナビゲートを最初に書きます。
こちらは北口降りてすぐのところで、
写真中央に見える道を右、その後一番最初の曲がり角を左に曲がります。
斜めっているのでイメージ的には稲妻型で進む感じです。

171112_05.png

上記の道を曲がると鳥居が見えるのが目印で、
後はこの道を道沿いにまーっすぐあるくだけです。

171112_06.png

途中小道の階段をおりたり

171112_07.png

上記マンション見えても道沿い(前方左前)に進みます。

171112_08.png

ここまでくればOK。
というか、中央のミラーのすぐ下にある緑看板が達磨口であることを示す看板です。

171112_09.png

先ほどの看板奥のエリアにはいると
こんな感じで小金城達磨口であることを示す看板があります。
図の左上が小金城の縄張りなので、これを参照に後は周りましょう。
と言っても、最初にも言ったとおり遺構があるのは大谷口歴史公園ぐらいです。
後は地形的なアップダウン、家が建つエリアの区切り方などから各曲輪はここか!
ってのを楽しむのがオススメ。
遺構はないですが、地形的には結構このマップの通りなので回る価値はあると思います。

171112_10.png

先ほどの説明看板があるエリア。
ちょっとした曲輪になっているのが感じられますよ。

171112_11.png

達磨口から大谷口歴史公園へ行く途中の風景。
ちょっとわかり辛いですが奥が少し高台になっており、
こんな感じで曲輪が区切られ、防衛施設になっていたのかな?と想像できます。

171112_12.png

マップで腰曲輪と記載されていたエリア。
曲輪の上には幼稚園が建設されているみたいで、
流石に中に入ることはできませんでした。

171112_13.png

こちらは大谷口歴史公園。
入り口の写真とるの忘れましたが、いかにも公園って感じの入り口があるので、
そこにある階段を登って行きましょう。

171112_14.png

こちら小金城見どころの一つ障子堀。
堀底の障子は見受けられませんでしたが、
横に説明看板があるので詳しくはそちら参照ですね。

171112_15.png

障子堀の説明看板

171112_16.png

大谷口歴史公園の頂上。

171112_18.png

でっかい石碑があります。
石碑の左にある地図は現代と城の縄張りを照らし合わせたマップとなっており、
散策する上ではこれがかなり役立ちます。
どこまで行くかをこれで判断しこの後はめぐるのがいいですね。

171112_19.png

大谷口歴史公園を反対側に少し降りると見えるのが、
小金城もう一つの見どころの畝堀。
堀の方向と直行に連続した畝が堀だそうです(遺構としては見られませんが)。
全国的にも珍しいのと、北条氏勢力下の城の特徴でもあるらしいです。
こちらも詳細は近場の看板参照。

171112_21.png

大谷口歴史公園を登って来た時途中にあった道をいくとこのような場所にでます。
ちょっと開けた場所で、金杉口跡という虎口の一つだそうです。

171112_22.png

金杉口説明看板


遺構としてはこんなものですかね~
最初のほうにも言ったとおり、遺構としては少ないですが、
マップ見ながら地形を見るとどこがどの曲輪だったのか?
ってのが意外と感じ取れるので、現在の地図と縄張り図を両手に
ぐーるぐーる城の圏内を散策するのをおすすめです。
個人的には結構楽しめましたので。


以上、小金城でした!


別窓 | お城めぐり | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

BACK | 黒兎月ですよっと | NEXT