FC2ブログ
黒兎月ですよっと
 
コイカツ! レビュー

2018-06-19 Tue 00:20Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
3D系に定評のあるILLUSION。
TEATIMEとかはふれていましたが、なんだかんだ本家はふれてこず、
今回機会があったのでコイカツ!プレイしてみましたよっと。



概要

タイトル:コイカツ!
メーカー:ILLUSION
公式ページ:http://www.illusion.jp/preview/koikatu/index.php

ジャンル:3DキャラメイクH恋愛シミュレーション

歌:1曲
 青空アドベンチャー(榊原ゆい)
プレイ時間:15時間

父親の海外転勤のため叔母の家の近くで独り暮らしをすることになった主人公。
しかも知らぬ間に叔母が学園長を務める女学院に転入する事が決められていた。
それは、初心な女生徒たちを男性に慣れさせるための叔母の画策だったのだが…。

男女比1:多のドキドキ状態の中、
主人公とヒロインたちの『コイカツ部』が走り出す!


公式ページストーリーより引用


システム

滑らかで自由度高く、サクッと遊べてGood!


本作は3DキャラメイクH恋愛シュミレーション。
つまるところ好みの子を3D化しちゃって、学校でH楽しむぜー的なのがメイン……
と言うかそれしかすることの選択肢がないこのゲーム。
若干のシナリオはなきにしもあらずですが、本当におまけレベルです。
メーカーの主旨として何ら間違っていないし、H楽しむのに注力するぜーという潔さは好きです。

んで、本作の売りは何と言っても3Dメイクしたキャラと学校で好き勝手やれることでしょう。
システム的には親愛度、H度的なものがあり、
これを上げるのがかな~り面倒なのですが、
一度上げ方がわかってしまうとサクサクっと上げることができます。
そうして、親愛度上げた後は好き勝手学校の好きなところでやっちゃってください!
というのがこのゲームの全てです。えぇ、本当にこれしかないですw

とは言え、その自由度はかなり高く、教室、保健室、屋上、グランドなど、
行き来できるところはどこでも可能ですし、
机の上、壁、ベッドなどオブジェクト的なものでもOKと来ていますし、
一度親愛度上げた子は拒否ることはほぼなし(性格とか場所により若干制限あり)。

ビジュアルはトップスなど一枚単位で、ぬぎ、半脱ぎ等選択できるし、
事前用意した衣装をその場で着さすことも可能。
体位は徐々に増やす形式をとっているので、最初こそ限られますが、
全部出しきったあとは好き勝手選べますし、バリエーションも結構多めです。
動きもヌルヌルだし(・∀・)イイネ!!


後はキャラスタジオ的なのもあり。
こちらはかな~~りコツ掴むまで時間かかりそうなのと根気がいりそうですが、
自分の好きなポージングや場面をつくったりできるので、
こだわってなんかつくりたい!って人はめちゃくちゃやりがいあるかと思います。


以上、あまり突っ込んだこと書いていませんが全体的な感想としてはこんなところですかね?
まとめると最初はパラメータとか体位増やすのがかなり面倒だけど、
一通り出せた後は好き勝手遊べる感じでしたよー



キャラメイク

普段感想かいているゲームとは異なり、シナリオ的なものがあまり重要ではない本作。
一応、名前がありちょっとしたエピソードorシナリオがあるキャラもいますが、あくまでおまけ。
メインは自作orDLしたキャラたちとのふれあいになるでしょう。
というわけで、ここではザクッとキャラメイクの感想を書きましょう。
なお、前提として自分は3Dポリゴンとかそういうので遊んだり自作したりの経験はほぼなしです。

自分もそれなりにキャラメイクをチャレンジしてみましたが、
パーツを組み合わせてのキャラメイクは思った以上にサクサクできます。
髪、表情、胸などに始まる肉体は結構細かいレベルでパラメータいじることができますし、
色付け等も細かい数値単位で設定可能。
なので自分好みのビジュルアルの子を作りたい!
って意味ではサクサクつくれてよいかと思います。
ボイスと性格は事前データ数にそのまま縛られるので(組み合わせとかはないので)、
他の肉体の組み合わせと比べたらだいぶ数は減りますが、
それでも30オーバーの性格が収録されています。
ヒロインとしてよくあるよなー的な性格は一通り網羅されているかと。

一方、自分好みではなく既存のゲームや漫画のキャラをつくるとなると大変。
というのもやっぱパーツが足りないんですわ……如何ともし難いことに。
髪型も強いて言えばそれっぽいはあるけど、
テンプレ的な髪型以外は対応がだいぶ難しいです。

またそれ以上に問題なのが衣装。
学園ものなら対応はそれなりに可能ですが、それ以外だと難しいの何のって。
服枠ではなくオプションパーツを駆使しして作成することになると思うのですが、
やっぱサクッとできるものではなく、多大な苦労をかけても”うーむ……似ていない!”
という感じなのでw
どちらかというとキャラ作成は後者の意味で頑張ろうと思っていた自分としては残念でした。

とは言え、3Dキャラメイクのゲームとしてとっつきやすいのは事実ですし、
サクッと楽しむ分には全然問題がなく、可愛らしさある3Dキャラを楽しむ分にはかなり良いかと。
今後もアペンド的なものが配信されることを考えるとかなり良いゲームだったと思います。




音楽&映像

本作ビジュアルノベル系ではないので音楽関係はあまり特筆しませんが、
無駄に一曲ボーカルソングがあります。
個人的にはすっげーうれしいとこだし、
なんならステージ演出とかまであってフルだしなぜそこまでやった?というレベルです。
うむ、無駄に頑張るこの姿勢は嫌いじゃないです。






その他


今後もアペンドあり!


まだまだ大型アップデートが予定されているようです。
パーツ追加にとどまらず、性格追加とかもあるそうですし、
まだまだ楽しめることでしょう!



まとめ


最初は手間がかかるが遊び&やり応えあり!


ですね。
こだわりとやる気次第ではキャラとかスタジオメイクとかに無限に時間取られそうですw
もちろん、サクッと遊ぶ分にもとっつやすいので、
個人的には全体的に良かったと思います。

別窓 | ゲームレビュー 企業 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

| 黒兎月ですよっと | NEXT