FC2ブログ
黒兎月ですよっと
 
幽世ノ災厄ト現世ノ戦姫~さやか篇~ レビュー

2020-09-27 Sun 11:15Σヽ(゚∀゚;)トウコウ


概要

タイトル:幽世ノ災厄ト現世ノ戦姫~さやか篇~
メーカー:でぼの巣製作所
公式ページ:https://www.debonosu.jp/debo/game/kakuriyo/index.html

200927_01.jpg


ジャンル:Hなことで戦う力を得るヒロインが頑張るAVG+SRPG
シナリオ:日野 亘、衆堂ジョオ
原画:Gユウスケ
音楽:ヨナオケイシ、押上極

歌:1曲
 幽世戦唄(Ayumi.)
CG:19枚(差分除く)
BGM:鑑賞なし
Hシーン:18シーン
プレイ時間:7時間

時は現代、とある地方都市で――
不在がちの両親に代わって神社を切り盛りする 三室みむろ さやかは、幼馴染の柳原ハルと喋るもこもこ毛玉(うさぎ?)の神さまと平和に暮らしていた。

しかし、街を襲った地震を境に妖怪たちが出現し、平和な日常が崩れてしまう。妖怪が暴れ、人々が怖れる惨状に心を痛めるさやか。

神さまからこの事態をなんとかできるのは、退魔の力を持つ陰陽師の血筋であるさやかだけだと告げられる。
しかし退魔の力を使うには、男性とエッチなことをする儀式が必要となると言われてしまう。

「……私にしかできないことならやるしかないよね」

困惑するさやかだったが、持ち前の正義感から戦うことを決意する。

「こんなこと頼めるのハルくんしかいないから……お願い」

他に頼りのないさやかは、幼馴染みのハルにエッチな儀式の相手をお願いし、ハルもまた戸惑いながらも覚悟を決めて、エッチに望むことになる。

こうして退魔の力を得たさやかはハルや神さまと協力して、街の各地に現れた妖怪たちと戦うことになる――。


公式ページ物語より引用


シナリオ&システム

いつものでぼの巣ロープラ版

ですね~
個人的にはでぼのロープラ系をやるのは初めてで、いつもはフルプラのやつしかやらないんですが、
シナリオやらシステムやらはレベル感変わらず、ロープラ用にぎゅっと内容短めた感じでした。

シナリオ的にはロープラでキャラ数も少ないからヒロインとマスコットキャラが掛け合いしつつ、
突如でるようになった妖怪退治を進めていきつつ、
システム的にはかな~り簡易なSRPGという感じ。やりこみ要素だとか、ひねられた要素はなし。
まぁ、いつもの感じなんでお察しを。

うーん、書くことマジでないな。こんなところです。



キャラクター

本作はロープラということもあり、まともにスポットがあたるキャラはヒロインのみ。
っということでヒロインたるさやかについて軽く触れます。

三室 さやか



真面目な頑張り屋さん

本作のヒロインで神社の娘。
性格は正義感強めで真面目。
突如現れた妖怪にも自分が率先してなんとかせねば……と考えるくらい。
とは言え、堅物ではなく神様(黒い毛玉)とユーモラス&テンポよい会話行ったりと、
意外とくだけた面もあり。まぁ、深く考えていないだけの可能性もあるがw

エッチな方面にはかな~り初心……なんですが、興味は深々系。
一度やるとなったらなんやかんやノリノリである。
主人公とはエロゲであるあるの幼馴染ノリで接してくるので程よく楽しみましょう。
(言うてそんな絡み多くないですが)





CG&立ち絵

ぶっちゃけ、本作の特筆ポイントはここ。
なんと、原画はGユウスケさんなんですよねー、山本先生ではないんです。
きっとこれ目当てで買った人も多いはず。

しかも、内容的にCGはほぼHCGなんで、
Gユウスケさんがこればっか書いているのは珍しいなーという感覚。
まぁ、この人には熱いバトルCG書いてほしいって気持ちのほうが本当はでかいですがねw



音楽&映像

音楽もちょいいつもと違いヨナオさんとかが関わっています。
まぁ、light色々ありましたからそういうことなんですかね。
とは言えBGM鑑賞がないので、あとから聞き返せないのが……っといったところ。

後、主題歌はAyumi.ちんが歌っていますね。
ここは大変Good。この手のノリの歌好きなんでいいですね。
公式に主題歌リンクがあったんではっときます。





その他

特になし



まとめ

いつものでぼの巣クオリティー

です!

別窓 | ゲームレビュー 企業 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

| 黒兎月ですよっと | NEXT