黒兎月ですよっと
 
すみれ レビュー

2017-01-22 Sun 21:08Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
本年度プレイ2作品目はねこねこソフトからすみれですよっと。



概要

タイトル:すみれ
メーカー:ねこねこソフト
公式ページ:http://www.din.or.jp/~nekoneko/game.htm

170122_01.jpg

ジャンル:ADV
シナリオ:片岡とも、御導はるか、池波智香
原画:秋乃武彦、笹井さじ、司ゆうき、あんころもち、オダワラハコネ
音楽:Elements Garden , 井出今日子(KYOKO IDE) , Ebi , SENTIVE , bassy

歌:4曲
 Sleeping Pretend (真里歌)
 すみれ accapella ver (薬師るり)
 すみれ(薬師るり)
 ピアノ(氷青 )
 
CG:78枚(差分除く)
BGM:13曲(ボーカル曲除く)
Hシーン:8シーン
プレイ時間:9時間(メインストーリーのみ)

ーー今から数年後。もしくは、ほぼ現在。
かつねネトゲやソーシャルゲームが、賑わいを見せた頃から、3年ほどが経過した頃。
既に寂れた感のあるネトゲ界隈。日本。東京。

ネット上にある、通称「ギャルゲ学園」と呼ばれる、
なりきりチャットの進化版のような場所。
ギャルゲ・エロゲ好きの集まるコミュニティ。
こちらもかつては大変な賑わいを見せていたが、
現在ではINしてくる者も僅かとなり、
「懐かしさ」や「惰性」で来ている者が大半。

主人公もそんな一人。
2年前。まだ大学生だった頃をピークにして、
今は惰性だけで、ここに顔を出していた。

ーそんな彼には、2人の悪友と呼ぶべき仲間がいた。

元はアニメ・エロゲ好きの同じ趣味の者に過ぎなかったが…
いつしか男同士、バカ話やエロ談話で盛り上がれるような、
気の許せる友達へと変わった。

……でもそれは……ネット上だけの親友リアルについて詮索するのはタブー。
お互い、そこには触れない紳士協定があった。

公式ページ舞台設定より


シナリオ


面倒くさい子をひたすら正すだけのストーリー

端的に言って本作のシナリオはひたすらに面倒くさい……
もっと言えばぼっちな子を不器用なりに正していくことを繰り返すシナリオです。
自然な流れでぼっちになったすみれ、
積極的に周りを拒絶する雛姫、
ちょっと特殊環境下でぼっちになったあかり
っとまぁ、多少気色の差やらはありますがみんなぼっちですね。

主人公もぼっち気質ではあるんですが、
作中でも少々述べられるように愛想笑いスキルと、
社会に出たことで最低限の人付き合いはできるようになったという感じ。
後は、妹の存在にだいぶ助けられて何だかんだで、
ぼっちではあるけどダメ人間ではないってレベルですね。

最初のほうはネット上のシーンではバカノリのシナリオも少々ありますが、
基本的には上記のようにぼっちの子を正すプロセスを3回回すシナリオなんで、
かわいい子ただひたすら見たい!バカノリを楽しみたい!って人にはおすすめできず、
不器用な人たちの交流ストーリーをみたいって人には良いかと思います。
まぁ、ぶちゃけ自分の今の気分にはあいませんでしたがw




キャラクター


初芝すみれ(モエ)



典型的なぼっちからのお調子ノリ

前後半、そして主人公の交流で明確に性格が変わった少女。
前半はネガティブ思考、基本受け身姿勢からの人付き合い苦手ときて、
かな~り地味で自分に自信がないため交流しづらい子。
ただし、ちょ~っといいことあったりすると調子のって見え張ったりするので、
その後現実を突きつけられた時に気持ちが落ちるところまで落ちます。

ただ、調子のってとは言え、周りに合わせることも状況次第ではできるので、
ヒロインの中では比較的マシなぼっちでしょう。
雛姫ほど積極的に周りを拒絶はしないし、あかりほど特殊な環境でぼっちではなく、
何も特別なことはなかったのに気づけばいつの間にか……ってタイプですしね。

そのためか中盤以降はかなりの性格に改善が見られます。
見知った身内にはだいぶ砕けた感じになりますし、
周りともそれなりのコミュニケーションをしていき、
ネガティブ思考をやめるだけでだいぶよくなるねーという感じでした。
後半はお調子者でやきもちやきーのすみれをご堪能あれ、


佐々木雛姫(ピンク)



ネット&現実の落差が一番激しい子

すみれと比べぼっち歴とネット依存がかな~り高く、たぶん本作で一番ダメな子。
そして一番面倒くさい&リアルとネットでの落差の激しさもピカイチ。
基本的にはすみれ同様リアルで打ち解けるまでは何回もアタックするはめになるのですが、
やり取りの内容だとか、打ち解けるまでの手順の多さだとか、
すみれよりも深く多く殻にこもっていますねー

しかもリアルで交流をもってからもネットでの様子は全く変えないなど、
使い分けというかダメ人間っぷりが板についています。
というかリアルでの小動物気質というか、ダメダメでビクビクな感じは終始かわらないので、
ダメな子を意地でもなびかせるぜー的な人でないと合わないんじゃないかなーっと。


篠原あかり



リアル&ネットでも砕けた感じだが、しがらみが面倒

他のキャラと比べると自然な感じでぼっちになったー的なタイプではなく、
ちょ~と特殊な環境で積み重ねたものから抜け出せなくなったタイプ。
そんなわけで、表面的な性格はリアル&ネットどちらでもそれほど変わりなく、
かなり打ち解けやすく悪ノリもしやすい。
また、この面子内では自身の目的もあるため、
わりとグイグイひっぱっていくリーダ気質もあり、面倒見も良いので全体的にいいやつ。

とは言え、最初で書いたように他2人と比べぼっちになったプロセスが少々特殊なので、
解決までのプロセスもちょい違う感じになります。
とは言えあの性格もあり、ちょっと手順が違うだけで比較的面倒くさい要素は少なめ。
素直じゃないというか、色々つもりつもってひねくれた感じを正してやるぜって人におすすめ。




CG&立ち絵

だいぶ少なくね?
って感想が一番にくるCG量でしたね~
原画はねこねこらしく本作もかなりの人が書いていますが、
分業していてこのCG量はなんでなんだろーなと思いますね。
そして人によってだいぶタッチは違うので、
ここらへんは安定しないがしゃーないかってところですかね?



音楽&映像

CG以上にBGMは少なさが目立ちます。
ボーカル曲数はそこそこあるのに、振り返ってみてBGMこんな少なかったんだ……
という感じ。
まぁ、曲数のことはこれ以上言及しまいとして、
曲調としてはやっぱ切ない系のがだいぶ耳に残りましたね。
ここらへんの使い方は導入する部分などの関係もありなかなか良い印象でした。





その他


過去ゲームの振り返りあり!

記念作品ってことで、作中内で過去ゲームの振り返りができます。
ここらへんは当時ゲームをやっていた人には結構ポイント高いかも。
ただまぁ、自分は全然触れてこなかったので全部スキップしましたがね……



まとめ


ダメな子立ち直らせたいなら○

全体的にはシナリオ量、CGや音楽など少なめでポイントは低いですが、
シナリオはだいぶ傾向がとんがっているので、これが合えばプレイしてみてもよいかもってとこ。

別窓 | ゲームレビュー 企業 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

廻るセカイで永遠なるチカイを! レビュー | 黒兎月ですよっと | はにかみCLOVER レビュー
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 黒兎月ですよっと |