黒兎月ですよっと
 
働くオタクの恋愛事情 レビュー

2017-07-10 Mon 23:23Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
最近はあかべぇ系列に触れる機会もめっきり減りましたが、
なんとゆいにゃんがメインヒロインをやっている!
というわけで働くオタクの恋愛事情をプレイですよっと。



概要

タイトル:働くオタクの恋愛事情
メーカー:あかべぇそふとすりぃ
公式ページ:http://www.akabeesoft3.com/products/hataraku_otaku/

170710_01.jpg

ジャンル:ADV
シナリオ:辻丸弘人、簀ノ下 踊
原画:蒼月しのぶ
音楽:西坂恭平

歌:3曲
 To "five" Kiss(櫻川めぐ)
 One "more" Kiss (ふくはらよる)
 Answer Cover ver.(榊原ゆい)
CG:80枚(差分除く)
BGM:29曲(ボーカル曲除く)
Hシーン:54シーン
プレイ時間:4時間(亜麻音ルートのみ)

タクシードライバーの山口徹也は、どこにでもいる社会人。
そんな彼は、アニメや漫画やゲームが大好きな――いわゆる「オタク」
仕事では真面目に働いて、プライベートでは好きなアニメを楽しんで……
それなりに充実しているが、周りに趣味を共有できる人がいないのが、少し寂しい。

そんなある日、彼は1人の女性客を乗せる。
彼女の持ち物をきっかけに、懐かしいアニメの話で盛り上がる2人。

「わたし、こういうところで働いているんです。
よかったら、今度遊びに来てください」

車を降りるとき、彼女はそう言って名刺を差し出した。
「アニソンバー」と書かれたそこは、オタクな人たちが集まる場所であるらしい。

自分と同じような人たちがいる場所。
ほんのすこし興味が沸いて、訪れてみる。

そこは、自分と同じ興味を持ち、同じように熱中する人たちがいて、
アニメやゲームが好きな女の子がいて……
気取ることも、余所行きの顔をする必要もない空間だった。

アニソンバーでの、共通の趣味を持つ人たちとの出会い。
それが、徹也の日常を、少しずつ変化させていく――

公式ページSTORYより引用


シナリオ


ご都合主義すぎる!


本作の感想を一言で書くならこの一言かな……
なんつーか気持ち悪いぐらい、オタクが夢想する都合の良い色恋って感じで、
ちょっと自分的にはないわーって感じました。
ちなみに今回自分は亜麻音のルートしかやっておらず、共通的なルートも短いので、
亜麻音ルートでの感想が主になってしまいますが悪しからず。

まず、趣味の話をすればどの作品の話でも阿吽の呼吸で返しが返ってきます。
まぁ、ここまではOK。メジャーどこの会話とかならありえんくもない。
がしかし、オタク同士にありがちな同じ作品見ているけど
好みとか癖は違うみたいな”あっ、ふれんとこ……”みたいな空気にもならず、
趣味どころか好み、方向性までそっくり同じっていうね……
しかもどの女の子ともそんな若干気まず気な雰囲気になることがないという。
いやー、これはない。ガチで。(憧れるのは理解できるが)

後は女の子とやるまで早すぎやしませんか?
全体量が少ないってのもありますが、ヒロイン勢以外との即合体もありますし、
面倒くさいことは一切なし、気心知れまくりってどこ見ても理想的過ぎて、
僕的には逆にだいぶ拒否反応出てしまいました……

二次をリアルに当てはめて考えるなってのは当然ありますが、
ぶっ飛んだ設定あるもろ作り話系じゃなく、
リアルに寄せてくる系だとここらへんは考慮の範疇になりますからね……

後はどうでもいいけど”働くオタク”の恋愛事情というより、
”ガールズバーに入り浸る男”の恋愛事情という雰囲気の方が近い気がするはこれ。

以上、シナリオは微妙っす。



キャラクター

1ルートしかやっておらず、他ヒロイン勢がほっとんど出なかったので、
攻略した亜麻音と、唯一他ヒロインでちょくちょく出た実莉について軽く感想書きます。

美川 亜麻音



理想のオタクの女の子

オタク趣味をアニメ、漫画、エロゲまで幅広~く網羅&語ることができ、
その一方では人当たりも気さくで天真爛漫、編み物趣味だったりとめっちゃ家庭的と……
なにこの子?(オタク的に)リアルパートナーにしたい子のテンプレ的なキャラじゃね?
しかも全方位において優秀っていうね……
しかもしかもCVゆいにゃんですよ。ゆいにゃん。
あー、うん、何かハイスペックぶりに納得できそうかもw

とまぁ、個人的なCVドストライクなところは置いといても、
上記のように非常に優秀な子で、欠点らしい欠点が皆無で、
オタク趣味全開なのに振る舞いはむっさ女の子っていうできるっ子ぷり。
そしてあっという言う間に主人公ラブになります。
こまい趣味嗜好の方向性さえ合って、
リアルにいれば嫌いな人はいないんじゃね?……いればですが。



豊浦 美莉



キャラを作っている感じが逆にいい

バーの店長ということもあり、気さくで気配りができる女の子。
がしかし、実際のところあのキャピキャピした”みのりん”というキャラは作ったものというね。
素なところではあんなテンション上げ目ではなく、
わりとクールで物事をわかっている感じの女性といったところ。

理想的な好みを考えるなら亜麻音だけど、現実問題こっちのほうがあるよね!
ってことで、ギャプというか現実味というか、
なんかもろもろ込めると美莉の方がありだな~と思う自分であります。
まぁ、こっちはこっちで都合のいいところも多いですが、あくまで比較してって話でw




CG&立ち絵

原画は蒼月しのぶさん。
あかべぇの謝恩会とかで拝見したことあるので人なりはしっていましたが、
原画書いているゲームやったのは初めてですね~
というかそもそもそんなに数書いているわけではないみたいですが。

系統的にはぽっちゃり体型多めって感じかな?
スラッとした可愛い少女というより、肉付き良さげな女の子って感じのキャラ絵ですね~
そんなわけで好みの別れるところではあるでしょう。

枚数はプライス的にはそこらへんはキープですよねってラインですし、
シーン数と枚数を比較するとわかりますが、大部分はエロシーンで日常系CGは少なめ。
1シーンで体位変える系も少ないので、短いの何パターンもって配分です。



音楽&映像

Answerのカバーが全てを持っていった!ですね。
うん、音楽関係で述べるとしたらまずはこの一点を外すことはできませんよね。
扱い的には単純なカバー曲ではなく、キャラソン(キャラがカバーしている)扱いなので、
そこらへん踏まえた上で聞くとこの微妙な塩梅がいいですよ~

とまぁ、上記が一番語りたいとこではありますがOPも少々取り上げます。
こっちは下記にOPのリンク貼っているので見てください。
見ると分かるかと思うのですが、雰囲気的にはわりとムーディーなものとなっています。
バーとか夜の街とかとあいそうですが、作品の中身的にはもっと軽いんで、
OPの雰囲気そのままで作品を想像しないのが吉です。





その他

作中で流れるあかべぇのあれやこれや。
特にバーの背景でG線のムービーとか流れているのはいいですね。
良さげなアニソンバー(アニメじゃないがw)という雰囲気を出す、
いい演出だと思いましたよ。



まとめ


女の子と軽く遊びたいならあり

ってところかな~
シナリオ短いけど、その分女の子とはサクッとくっつく……もといやるので、
総評としてはそこらへん目当てとわりきるならアリかもしれないってところですが、
過度な期待は禁物です。

別窓 | ゲームレビュー 企業 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

茜色の境界線 レビュー | 黒兎月ですよっと | こすずの小部屋 出張所!2017夏
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 黒兎月ですよっと |