黒兎月ですよっと
 
トラベリング・オーガスト2017 -桃幻鏡- レポート

2017-08-10 Thu 21:06Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
7/23に開催されましたトラベリングオーガストに行ってきました!

170810_02.jpg

今年で4回目、フルオーケストラとしては2回目となりますね。

さて、そんな今回のコンセプトは「物語仕立て」とのことで、
さらには最新作たる『千の刃濤、桃花染の皇姫』が世界観のベースになるということ。
作品をプレイしている人はわかると思いますが、
これによりよくあるオーケストラで使われる楽器に和楽器が追加されることになり、
和楽器+クラッシック音楽が今回の醍醐味といえますね!

個人的には千桃の曲はAugust作品の中でも頭一個分飛び抜けて好きなので、
期待が高まっていたのなんのってね……
そんなわけでまずは全体的な感想を一言、


世界観と音の広がりがたまらん!!


ですね~
ではでは、いくつかキーワードをピックアップしてもう少し突っ込んだ感想書きます



①これぞオーケストラ!

前回のオーケストラの時の感想の一つとして、ボーカル曲は微妙というのを自分は書きました。
この時はオリジナルの歌姫ではなく、オーケストラ用に別の方を用意して歌っておられたわけですが、
確かに上手く歌えてはいるんだろうけど、どうもキレイに歌い過ぎているという感じが否めなく、
世界観を見せようという感情が伝わってきませんでした。
なんといいますか、心に響くモノがないというかそんな感じ。

んで、今回はその欠点が改善され完全にオーケストラ一色での魅せ方!
もうね、これがたまらんのなんのって……
本来の音に注目して聞くことができ、
音でダイレクトにAugust作品を表現しようとしている様は最高ですし、
途中で世界観を途絶えさせることなく全体を通して一連の流れで聞けるのはよかったです。

そういう意味では今回は声優の小トーク的なのもなく、
物語の語り部的な立ち位置でのナビゲータだったのも大変良かったです。
仙台エリさんのナビGJ!

また単純に前回と同じ様に演奏しているだけではなく、
曲の組み換えやアレンジもされているみたいで大変Goodでした。


②何と言っても和楽器!

二点目は何と言っても和楽器の話題でしょう。
今回は千桃の曲を中心に、和楽器の演奏者達が加わる形態をとっており、
指揮者の方いわく和楽器と混成でやるのはかなり珍しいとのこと。

んで、この異なる音を奏でる和洋の楽器が混じっているわけですが、
それぞれの音の違いで流れや雰囲気を壊すことなく、
良いアクセントとなり相乗効果で音がよくなっていたように思えます。
まあ、ここらへんは原作の曲調を知っていればそこまで不安はありませんでしたが、
やっぱり実際に演奏を見ると感嘆を漏らさざるを得ない感じでしたね~

個人的には何本もの尺八を使い分け演奏していたところや、
胡弓の予想より響く音にビックリしつつも、
普段では聞けない音楽を生で聞けて大変満足のいくものでしたね。




以上、サクッとですが感想はこんなところかな~
今回は個人的に不満なところが皆無だったし、
千桃スキーな自分としては満足度めっ~~~ちゃ高かったです!

またBDが出たらガッツリ見返し、聞き直したいと思いまっす!

別窓 | ライブ レポート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

弓張月の導き雲はるか レビュー | 黒兎月ですよっと | 2017年7月下旬購入物
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 黒兎月ですよっと |