黒兎月ですよっと
 
MILK BACK DROP(ミルクバックドロップ) Vol.9 レポート

2017-08-15 Tue 12:17Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
8/6になんばのMILULARIで開催されましたミルクバックドロップに参加してきました!
本イベントはアニクラDJイベントでMAX100人強という近さを売りにしたイベントというのが特徴で、
時間も13:00~20:00と非常にガッツリ!
そんなイベントにゆいにゃん出るしこれはいくっきゃねぇ!ってことで行って来た次第です。

DJゾーンのセットリストは多いですし、
ぶっちゃけゆいにゃん目的ということもあるので、
ここでのセットリストはゆいにゃん曲だけのせますね。


01:そして僕は…
02:BRiGHTNESS FALLs
03:ミラクルメロディー
04:ラムのラブソング
05:戦刃恋歌
06:Try Real!
07:片翼のイカロス
08:Eternal Destiny
+α



さて、前フリがだいぶ長くなってしまいましたが、
まずは端的にこのイベントの感想を書きましょう。
ズバリ……



めっちゃ神イベだった!!



ですね~
何が言うとゆいにゃんと他ではできない盛り上がりができたというのが一番のポイント。
元々はゆいにゃんのステージ時間は40分ほどだったんですが、


誰が出演時間は40分だけだと言った?


っという感じで、出演時間終わった後もDJの方がゆいにゃん曲流すたびに現れ、
果ては観客側スペースに混じって他の曲で一緒にUO降ったりして盛り上がったりと
なんともまーめっちゃフリーダムですよ!
おかげ様で他のイベントではできないようなノリを楽しめ、
参加者ももうわけわかんないノリで盛り上がってめ~~~~ちゃ楽しかったです!

もちろん元々のステージ時間も素晴らしく、
距離の近さが他会場とくらべて圧倒的に近いですし、
新曲の”BRiGHTNESS FALLs”のライブ初お披露目とかも大変Goodでした。
後、自分の周りの面々では”ラムのラブソング”が高評価でしたね。
やっぱなかなか聞けない曲ってのはポイント高いですわ。



とまぁ、だいぶゆいにゃん視点で感想を書いてしまいましたが、
全体的な点でも2点ほど触れさせて頂きたいと思います。


①前半と後半のテンション差
まず分かりやすかったのは前半と後半のテンションの差。
言わずもがなですが、本イベントはゆいにゃん目的で来られている方が大多数です。
がしかし、こちらの面々(自分含む)はアニクラ系イベント不慣れで、
前半はどうもノリがわからないかな~という感じに見受けられました。
まぁ、端的にいうと大人しく聞いている感じだったかなと。

一方、後半はゆいにゃん登場で熱が上がったこと、
ゆいにゃんが度々出て盛り上げたこともありだ~いぶノリノリな感じだったと思います。
後、大まかな感触として前半はアニメ曲重視で、後半はエロゲソング系がめっちゃ増えた感じ。
個人的には盛り上がりの波の違いはこれがひっ~~~~~じょうに大きい!
というか最近のアニソン系ほとんどわからない上に、
エロゲ畑の人間としてはこっちの曲じゃないとテンションあがらんのですよ、はい。
なので、曲的にも後半がめっちゃ楽しかったです。



②めっちゃマナーがいい
アニクライベントって聞くとわちゃわちゃした感じと言うか、
自分の押し曲のときに兎に角暴れる人がイメージなんですが、
今回のイベントでは目立ってマナーが悪い人がいなくていい意味でビックリ。

オタ芸うっている人もいましたが、ちゃんとスペース意識していたし、
周りを撒き散らして暴れる感じもなく至って平和にイベント楽しめました。
アニクラ界隈ではそういうのあるってわかってはいるんですが、
そういう暴れる人が嫌いな自分としては、平和に楽しめて良かったですね~



以上、ミルクバックドロップ感想でした。
正直なところ思っていた以上に楽しめてかなり良かったです。


別窓 | ライブ レポート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

ギロチン体感イベント@電気外祭り 2017 SUMMER in 大宮 レポート | 黒兎月ですよっと | 弓張月の導き雲はるか レビュー
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 黒兎月ですよっと |