FC2ブログ
黒兎月ですよっと
 
ウソシリーズ レビュー

2017-10-22 Sun 14:32Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
プレイはだいぶ前に終わっていたのですが、感想書くのがだいぶ遅れてしまった……
シリーズものなんで個別では4作品あるんですが、
今回はシリーズものってことでまとめて感想書きますね!



概要

タイトル:
 ハルウソ-Passing Memories-
 ナツウソ-Ahead of the reminiscence-
 アキウソ -The only neat thing to do-
 フユウソ -Snow World End-
メーカー:Campus
公式ページ:
 http://www.campus.gr.jp/product/haruuso/index.html
 http://www.campus.gr.jp/product/natsuuso/index.html
 http://www.campus.gr.jp/product/akiuso/index.html
 http://www.campus.gr.jp/product/fuyuuso/index.html

171021_01.jpg
171021_02.jpg
171021_03.jpg
171021_04.jpg


ジャンル:ADV
シナリオ:工藤啓介
原画:りいちゅ
SD原画:Gユウスケ
音楽:押上極

歌:4曲
 A new day-today will come(Ayumi.)
 Liar for you xxx(AiRI)
 crazy blood to you(橋本みゆき)
 Snow World End(榊原ゆい)
CG:通常CG/SDCGの順で記載(差分除く)
 ハルウソ:24枚/1枚
 ナツウソ:24枚/1枚
 アキウソ:24枚/2枚
 フユウソ:26枚/1枚
 HCG比率:7割強
BGM:鑑賞モードなしのため不明
Hシーン
 ハルウソ:13シーン
 ナツウソ:13シーン
 アキウソ:10シーン
 フユウソ:11シーン
プレイ時間
 ハルウソ:6時間
 ナツウソ:6時間
 アキウソ:7.5時間
 フユウソ:7.5時間

――人は誰もがウソをつく。

自分を守るための嘘。
自分を否定するための嘘。
自分を誤魔化すための嘘。
自分であり続けるための嘘。

嘘にも種類があって、誰もが嘘をつく理由を持っている。

理由は分からない。けど、嘘をついているのは分かる。
そんな中途半端な能力を持つ少年・櫻井宗一郎。

しかし、その能力を得た代償は必要な訳で。

彼は能力を得た代償を支払うため、数々の依頼をこなし続けていく。
その結果、今では『学校一の問題児』と囁かれるまでになっていた。

そして月は流れ――春。

出会いと別れが共存する、巡り合いの季節。
宗一郎は『学園一の美少女』ともてはやされる少女、姫野桜月に呼び出される。

美女と野獣、そう評されてもおかしくない二人の立ち位置。
自分とは住む世界が違う――そんな風に宗一郎は思っていた。

――だけど。

緊張した面持ちのまま、桜月は自らの想いを告げる。

「好きです。あなたのことが……好きです」

『学園一の問題児と』『学園一の美少女』が織り成す、すれ違った恋模様――開幕。

ハルウソの公式ページSTORYより引用


シナリオ


季節毎に毛色がだいぶ違う!


初っ端はこの感想かな~
当初は全体的な視点から感想書こうと思っていたんですが、
各季節ごとにだいぶ毛色が違うんですよ……
こういったシリーズ物は単発でも遊べるのが大前提なところありますが、
ここが思った以上に機能していたって感じかな?
というわけで、この後は各季節ごとに感想書いていきます。



ハルウソ
ひたすらにエロエロ!

うんハルウソに関してはマジでこれ。
一応、シリーズの最初の作品ってこともあり全体設定のさわりはありますが、
あくまで触り程度だし、このハルとナツはヒロイン勢が能力に無関係なメンツなため、
設定につっこんだ話はなく、ヒロインと過ごす日々が話の大半を占めます。

さらに桜月は重めの面倒くさい系ヒロイン、だけどエロ方面には優秀で、
なおかつ男にはわりと都合の良い流れもオッケーなノリなキャラでもあります。
そこにダメ押しで契約的な要素も加わり……
うん、そんなわけで物語始まってすぐ(単品としてはロープラということも関係しますが)、
主人公と関係を結び、正式な恋人というわけでもない間柄なのにもうやりまくりです。
上記のため恋人に至る経緯とか、正式に恋人ではないのでイチャラブ色がかなり省かれており、
描写的にはエッチして、エッチして、エッチしてって感じです、はい。

ただ、桜月がエロ方面にはかなり優秀な子なんで、ハルウソは正直これでいい気がましたね。
後、面倒くさい子ではあるが、一途ではあるので慣れると可愛い感じもする。


ナツウソ
ウソシリーズで一番の青春劇

ですね。サクッと公式の紹介見ればわかるとおり葵は古き良き正統派のツンデレキャラ。
ナツウソはそんな彼女がメインであり、
桜月のように関係が急接近したりというわけでもなく、
特殊な能力を持っておらず、また人間の才能的にも飛び抜けて優秀というわけでもありません。

そんな彼女は、かつてとあるきっかけで主人公と接近して距離を縮めるが
ちょっとしたすれ違いで関係がやや拗れ、
お互い悪からず思っているのに作品開始時には微妙な距離感を保っています。
また、作中では凡才故に物語で良くある困難に直面、
それを自分の限界を理解することや、周りや主人公の協力で乗り越える描写等もあります。
つまるところ、なんかすっげー王道の学園ものっぽいストーリーです。

もちろん恋仲になった後はダダ甘える子になるので、
恋人同士のイチャラブ……もといエッチも充実しているので、
エロ成分増しの王道的な学園ものがしたいぜ!って人にはオススメの内容になっていました。



アキウソ
気色がだいぶ変わって一波乱が強くなるよ!

ハルウソ、ナツウソとかのイチャラブやエッチ、青春劇っぽい感じからちょい流れが変わり、
世界観の描写……端的に言えば魔法絡みの描写がだいぶ増えます。
長さ的にはそこまで大差がないのに、こちらの描写が増えるで、
ウソシリーズの中ではイチャラブよりシナリオ重視の傾向にあります。

具体的には主人公周りの能力絡みとかではなく、エリスに関する物事が中心に動きます。
前2つ作品のヒロイン、桜月と葵は能力関係では絡みがない一般人なので、
他ヒロインとの絡みもだいぶ限定されたというか、
他作品以上に1ヒロインに焦点を当てた内容になっていたかと思う。
ただ、そうなるとキャラが限定されすぎて描写の幅がないってことで、
今作からはニューフェースの新キャラ雫が登場し、話の広がりやらもろもろを補ってくれます。

また、後半は能力関係の話とは別に部室を守るためのひと波乱もあったりするので、
エリスの能力関係、部室守る!の2本立てという感じでもありましたね。
イチャラブ以外にももうちょい話が欲しい!という方はここらへんから手をつけると良いかも。



フユウソ
ウソシリーズで頭ひとつ飛び抜けてGoodな作品!

ウソシリーズ占めの作品ということもあり、
前の3つとくらべてもだいぶ内容のある作品となっています。
アキウソと違い、主人公の能力レッドラインに焦点があたると共に、
ウソシリーズのポイントでもある”ウソ”が主題となっているシナリオでもありますし、
やたら思わせぶりな態度撮ってきた雪華様の思惑とかもわかるので、
占めとしては優秀な作品だった思います。
ビックリとか絶賛レベルの内容まではいきませんが、結構綺麗にまとまっていましたしね。

んで、上記が主題になりつつもヒロインの見せ方も一番良かったと思う。
いや、まぁ、自分がゆいにゃん好きなんでそこの補正があることは否定できませんが、
ヒロイン勢の中で一番変化の振り幅が大きく、
内面描写、態度の変化、エッチのエロさと全部において他ヒロインを圧倒していた感ある。
端的に言うとエロくて可愛かった。ついでに想像以上に重い女の子だったw
何はともあれシリーズの占めとしては大変Good



とまぁ、こんな感じかな?
全体的な傾向としては後半に行くほどシナリオ色が強くなるのと、
恋人関係はモノによってかなり気色は異なるが、全編を通してエロは結構優秀だと思いました。
個人的には結構好きだったですね。はい。




キャラクター

ここではメインヒロインついてそれぞれ感想書いていきますね。

姫野 桜月


艶めかしいエロ担当

シナリオ部分感想でも書いたとおり彼女はエロっぽい描写が非常に多いです。
そのこともあって、彼女に関する描写は概ねそっち系。
主人公誘惑したり、都合にいいようにやらせたり、
他の女の子といちゃついていたら詰ってきたりetc...
また、彼女はわりと思いが重い系でもあります。ぶっちゃけめんどくさい系。
ですが面倒くさい系ではあるけど病む程ではないので、
最終的にヤキモチやく程度(他ヒロインをいじりまくりはしますが)、
更に彼女の欲求を満たしている限りは、
かな~り男にとって都合の良いポジションでもウェルカムという立ち位置。
まぁ、要するにエロ担当としては非常に優秀です。はい。

後は、ヒロイン勢の中では一番表裏が激しいですが、
親しいメンツにはそれを隠す気ないので、わりと愛嬌としてありかな~という良さもありますね。
サラッと赤字出まくる子なんで、はたから見ていて面白い子でもありました。



和泉 葵


古き良きツンデレキャラのテンプレ!

ですね。葵のことを端的に説明した感じですが、全編通してこれだと思う。
ヒロイン勢の中で一番赤字(ウソ)が多い子なんですが、
隠せていいないというか、露骨というか、赤くなくても分かるわい!ってレベル。
主人公に対して好き好きオーラも隠せていないし、
そのくせ言動的には素直になれずツッケンドン、
でも関係深まるとかな~り甘えてくる子です。

また、良く言えばできた子、悪く言えば我欲を貫くのが弱いこともあり、
自分以外に主人公の思いが向いたときには
思いは捨てきれずとも明確に一線ひいて接したり、
主人公たち部活の活動をそこはかとな~くフォローしたりと、
人柄的にかなりできた子オーラ高いよこの子。内面的にはヒロイン勢で一番優秀だと思う。

とまぁ、こんな感じで素直じゃないところはあるけど、
性格ネジ曲がっていたり、変な力とかもっていないので、
作中では普通に青春しているな~色を楽しめるのが良いところでした。
後は、むっさMっ気強いので小柄な子をいじめたい人は是非(おっ)



エリス・F・カートレット


ぐーたら気分屋

基本的な描写としては部屋でぐーたら、ゲームにアニメなどのサブカル消費、
主人公に色目使うメンツには取り敢えず噛み付くなど、
理知的な行動よりも本能的な行動が多い子。

主人公に好意を寄せているのは明らかだけど、
全体的な描写としては色恋的な要素より、
身内が取られることに対して噛み付いているイメージが強かったかなー
まぁ、アキウソではだいぶごろにゃんな関係にはなりますがね。
とりま、自分の印象としては全体的に主人公のパートナー、
良き女友達ってのがしっくりくる子でした。
つまりところ、キャラとしては優秀だけど、ヒロインとしてはやや力不足的な。



帝堂 雪華


変化が一番かわいい!

中の方曰くラスボスっぽい立ち位置のお方(実際立ち位置的には間違っていない)。
ハル~アキに描けて意味深な発言や描写が多くフユ前までだとミステリアス、
そして常に立ち振舞が優雅、
また作中では才の頂点とも呼ばれるようなキャラで、全編通して優雅な華という感じ。

そんな彼女もフユウソに入るとだんだんと内面が見えてくるわけですが……
端的に言って予想以上に可愛い生物でしたよこの子。
そして桜月以上に思いが重い子でしたw
さらにさらにですっげーダメ男製造機ですよ彼女w

とまぁ、シナリオ的な重要なポジションにいるのもそうなんですが、
個別シナリオで一番ヒロイン力が開花したなーと思いました。
シナリオ内で徐々に柔らかくなっていく彼女の立ち振舞、
しがらみというか今まで自分を縛っていた思いから開放された後の彼女は
だいぶイメージがかわるなーという感じでしたね。
そんなわけで、シナリオ&キャラの両面の描写から一番良いヒロインでした。
ついでにいっちゃんエロくもありましたw





CG&立ち絵
りいちゅさんの絵がめっちゃ良い!!

ですね。
個人的に絵を絶賛することはあまりないのですが、
りいちゅさんの絵はかな~り良いです。マーベラスです!
本作は塗りもいいことと相まって、艶めかしさとかが大変Goodですし、
もちろん普通に可愛い路線でもいけるので、
学園もの系にはかなりマッチする絵だな~と思いました。
個人的には頭身高めの可愛い系が好きなんでCGに関してはめっちゃ満足度高かったです。
強いて難点を言えば背景とかはまだまだ改善の余地ありって感じですかね。



音楽&映像

プライスを考えると満足度高め。
ボーカル曲は1作品1曲と聞くと少ないように感じますが、
単品で見るとロープラなので、そこを考慮すると十分納得のボリューム。
なおかつ、個人的にはかなり好きな面々が歌っているので非常に満足度高いです。
というかいいメンツ使っているし、ここらへん嫌いって人は少ないでしょう。
ただ、BGM系の視聴モードがなかったのは残念。



その他

特になし……かな?



まとめ

中の上にくらいには良い!

シナリオ、キャラ、CG、音楽&映像など全体的に高クオリティだったと思う。
ロープラだから内容すっからかんというわけでもなく、
そこそのシナリオ、キャラの可愛さはGoodでしたしね。
個人的にはわりとオススメ出来る学園モノ作品。

別窓 | ゲームレビュー 企業 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

Amenity's Life レビュー | 黒兎月ですよっと | ギロチン体験イベント@chara1 oct.2017
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 黒兎月ですよっと |