黒兎月ですよっと
 
ノラと皇女と野良猫ハート1+2パック レビュー

2017-12-31 Sun 00:00Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
アニメでアニメ映像流れず終わったりなど何かと話題がつきないノラとと。
2つ発売に合わせて1+2パックを購入&プレイしたので感想書きますね。



概要

タイトル
 ノラと皇女と野良猫ハート
 ノラと皇女と野良猫ハート2
メーカー
 HARUKAZE
公式ページ
 http://harukaze-soft.com/nora/
 http://harukaze-soft.com/nora2/

171230_01.png
171230_02.jpg


ジャンル:絶対キミと添い遂げる臆病で勇敢なブレイブハートストーリー
シナリオ:はと
原画:大空樹
SD原画:日下部ハルカ
サブ:日下部ハルカ、亜門、ひずみ
音楽:RE-D、ぽみ、森リーモ慎之介、AH、はと

歌:13曲
 ノラトトハート(神代岬、遥そら、桐谷華、小鳥居夕花 )
 Re:Start!(雪ノREN)
 Brave Guardian (雪ノREN)
 僕が君を護る理由(都乃)
 月(しろめ)

 クライングハート(花園めい、雨場つかさ)
 Like to Shine!(雪ノREN)
 Drawing future(雪ノREN)
 桜色に染まる坂道(雪ノREN)
 snow filament(しろめ)
 知らない王国(Sottsass)
 Sky Baby(しろめ)
 笹鳴雨

ノラとと
 CG:89枚(差分除く、アイキャッチ系は除く)
 SDCG:21枚(差分除く)
 BGM:45曲
 Hシーン:20シーン
 プレイ時間:17時間

ノラとと2
 CG:113枚(差分除く)
 SDCG:19枚(差分除く)
 BGM:52曲(1との重複未カウント)
 Hシーン:17シーン
 プレイ時間:11時間

死者の世界――冥界。

己が魔力に絶対な自信をもつ皇女パトリシアは、
母の命により、地上を滅ぼそうとしていた。

地上生命の根絶を目論むパトリシアの真意とは――?

ノラとと公式ページストーリーより引用


シナリオ


ギャグがキレキレで良い!

本記事初っ端にも書いたとおりアニメ化して色々騒がせたり、
ふつ~に売上が好調なのか色々とプッシュが激しいノラとと。

まずは全体からの感想という面でいうと、
何につけても一番ひかるのは独特なギャグのノリだと思います!
特に共通ルートが顕著で、ツボるに人にはめっちゃ受けが良いのでは?と思いますし、
全編を通してその勢いが衰えないのは評価に値すると思っています。
また、特色としては主人公がネコになるので、ここを活かしたノリが良いと思いますし、
勘違い等あってお互い別のことを考えていたり話しているのに、
絶妙にコミュニケーションが成立進んでいくところとかもかなり面白かった。
んで、個人的にはこれらのノリはかなり好きだったんで、
結論となってしまいますが、個人的にはノラとと結構好きですね、はい。
ただ、難点は作風が独特な分人によって合う合わないがかなりあると思います。
ノリと勢いでガツガツ行くギャグが合わない人には少々きついかもしれません。

後はエロゲ的いちゃらぶ方面。
こっちはギャグと比べると結構ガラッとイメージ変わるかなという印象。
印象的にはサクッとしているか、面倒くさいなこいつの二択。
メインで言うと前者はシャチとパト、後者は未知とユウキ。
前者はデートとか日常描写はやや弱めでエロに偏り気味、
かつ締まるようで締まらないような終わりだったかなーという感じ。
後者は単純に、「あ、このヒロイン面倒くさい子や……」という感じです、はい。
まぁ、そこがいいという人にはいいんでしょうけど、個人的にはちょっとなーという感じ。
未知とか分かりやすいぐらいに面倒くさくて重い女の子ですよ。はい。
ただ、ルート入らなきゃ好きなキャラなんですけどねー

個別ルートについては上の感想でだいたいな傾向は言えていると思いますが、
後記載するとしたら2でヒロイン化したキャラについてででしょう。
こっちのがほうがストーリー良いと思いますが、
特にノブチナのストーリーは他ヒロイン勢と比較して頭2つ分くらい良かったと思います。
ノブチナの葛藤や内面描写、家族関係の描写等が
他ルートとは比較にならないほど良かったと思いますし、
それを学園という舞台を使ってうまく見せる展開とか、
泥臭く、でも青春らしいノリで進めて行く話は高評価でしたね。

とまぁ、シナリオ面からはこんなところかな。
総括的にはいちゃラブ少なめ、エロ&シナリオボチボチ、ギャグGoodというところでしょう。



キャラクター

キャラ数はボチボチいますが、
ここでは話のボリュームが多い1でのメイン4人+2のメインから2人をピックアップ。


パトリシア・オブ・エンド


優雅でズレている独特のテンポがGood!

冥界の皇女様にして主人公をネコにした張本人。
皇女様というだけあって立ち振舞は気品と優雅さがあり、
言動も気高いものが多いのだが、地上との価値観や考え方がズレており、
悪意がなくとも自然に物語を面白おかしくしていくだいたいの元凶。
また、根は真面目ということもあり、信念や思いに一直線で何事にも真剣。
他キャラとテンションやノリが合うと変な方向に話を加速させていく要員でもある。

物語のきっかけを与えたキャラでもあり、
全編を通して作中において話の種をばら撒いていくキャラでもあるので見どころは多し。
また、上で書いた彼女のズレている感覚が絶妙に話の流れにマッチして、
ズレているんだけどズレてない話を展開していく様とかはかなり面白いと思う。

後は子どもたちの絵本読み聞かせなど、
エロゲでは珍し目なホクホクするエピソードも多数あるので、
見守っていて和むキャラでもありますね。
普段のドタバタ劇の渦中にいるギャップも相まってw



黒木未知


良くも悪くも真面目すぎる

本作における数少ないツッコミ要員。というか唯一か?
委員長属性というのが型にはまるタイプで、
普段はノラたち一派に翻弄されつつも、稀有なツッコミでポジションゲットしている子。
というか彼女いないとボケて終わるのでマジ重要だと思うこの娘。

ただ、ガチガチのお硬い系というわけではなく、
個人としてはノラ一家にも世話になっており、
他キャラと比べると関係性は一歩引いた感じはありますが
恩義……というか親愛?的な情はかなり深い模様。

また、普段は上手く立ち回れる子でもあるのですが、
根が真面目というか一直線すぎることもあり、関係性が恋愛に傾くとまー大変なこと。
端的に言って、重い&面倒くさい女の子の典型だと思います。
まぁ、彼女の場合は親という環境要因が大部分をそれを占めている感はありますが、
なくてもそっち系だと思うよ、彼女。
そんなわけでそこらへんで好き好きは別れるんじゃないかな~と思いますが、
共通でのキャラとしては好きですね。



夕莉シャチ


見守る母性&良心

我が強い……もとい前面にぐいぐい押し出してくるヒロイン勢が多い中、
一歩引いたポジションから、ただしいつもそばで見守っているのが彼女。
ノラ家の家事をしきっていることもあり、ノラたちの関係&見守るポジション的に、
ノラ家の2代目お母さん的なイメージが強い。

こんなイメージなので物語上はハチャメチャな展開を勢いづけたり、
何か物語のきっかけを生むことは稀です。
だけど、ノラはもちろん、ノブチナや井田ですら良心と見ていてるシャチのポジションなんで、
彼女がいることで影響を受ける面々を生むというのが重要かと。
ただまぁ、やっぱヒロイン力は他面々と比べると大分劣るかな~と思う。
個別ルートもパンチ不足でしたしね。



明日原ユウキ


元気ハツラツ悪ノリ大好き。だけど意外と繊細

主人公達の後輩……なんだけどその実同い年の少女。過去にちょいとあって1年遅い模様。
作中で他キャラを”~パイ”的な呼称で呼んではいますが、
主要メンツとは長い付き合いということもあり、後輩要素を感じさせることはほぼなし。
重要なのは1年遅れていることですが、まぁここはルートやってください。
ってから今気付いたけどこのゲーム先輩キャラいませんね。(マジで今更)

んで、立ち位置的にはノブチナと並んで物語を面白可笑しく引っ掻き回す担当ですが、
特にユウキは何か面白そうなことがあったらそれを盛り上げていくほうに比重多め。
これらの立ち位置もあり前面に出ることが多く、目立つ機会もかな~り多いかなと思う。


アイリス・ディセンバー・アンクライ


テンションのアップダウンが見ていて楽しい子

2から登場の新ヒロイン。
性格的にはとりやえずやってみる派な元気で前向き思考ですが、
やや考えが足りないのと何だかんだ精神面はナイーブなところがあるので(打たれ弱い)、
テンションの浮き沈みが結構激しめで見ていて表情がコロコロ変わる子です。
また良くも悪くも素なところで全力なので、
ボケたりツッコんだりも両方こなしているな~というのが結構目についたかな?

後はパトと同じで冥界の住人ということもあり、
本人回りの描写やエピソードでむちゃくちゃなのが多め。
つまるところコメディ受けする要素多めなのでストーリー上はいいキャラ出せていたと思う。
ただまぁ、2から参加ということもあり、
1からいるヒロイン勢と比べるとやっぱインパクトに欠けるな~というか、
ヒロインとしては頭一つ飛び出すほどのものはなかったかなという印象。
うん、性格的には悪くないんだけど、良いまではいけなかった的な感じ。



高田ノブチナ


2で評価ガラッと変わる子

1だけだと手や足が良くでる、ボケの特攻隊長的な感じ。
ノラととの独特のノリな大部分に貢献しているのとは間違いなくこの子だと思う。
パッと見はおバカで悪ノリ系なんですが、
一つ一つのセンスが独特というか突拍子もないというか、
人は選ぶんだけどツボるとイイネ!って感じです。

一方、2になると彼女の人情的な……特に家族愛についてかな~り焦点が当たります。
彼女が抱えている内面の葛藤やら思いは、
普段あんだけおちゃらけまくりのギャップと合わせてグッと来るものがありますね。
また、冥界とかのファンタジー要素はなく、
シリアス成分高めだけど人的にはありえる描写なので、
わかりやすく伝わるってところもでかいかもしれませんね。
そんなわけで彼女の感情の爆発だとか、不器用に家族と接していく様は見どころありなんで、
是非注目してあげてくださいない。パトと並んでCG映えするシーンも多めなんで。
そんなわけで本作で一押しですでこの子。まぁ、唯一胸は残念ですがw





CG&立ち絵

絵や塗りの技術は絶賛するほどではないが、
構図的にはめっちゃいいのを描く!

ってのが感想かな?
キャラとかの絵自体は好きってレベルではないのだけど(グッズ欲しいとかではない)、
作品(物語)とのマッチ具合で見るとめっちゃいい絵が多いんです!
ぶっちゃけ自分的には結構評価高い。

具体的にはパトが子供たちに読み聞かせしているシーンとか、
ネコとなったノラとの和むワンシーン、海辺のシーンやらヒロイン泣いてる系のシーンetc..
繰り返しであれだけど、特にノブチのシーンは全般良いです。わりと卑怯なレベルでw

僕的には評価上場ですが、
ネックとなるとしたら通常CGの容量多めで、HCGが少なめなので、
そっちがお目当てって人にはやや微妙かもしれませんね。



音楽&映像

BGMの質はボチボチ、量は大変Good。
曲調的にはポップやコメディ色高いものが全体的には多め、
もちろんシリアス系の曲もあるにはありますが、あまり重厚感あるのはないかな?
という感じで全体的には軽めの印象ですが、作品全体の傾向的にこれでいいかなーと思う。

話はかわりボーカル曲になるとこちらは大変Good!
量が多いのは言わずもがなですが、個人的には声優陣がOP系歌っているのが大変良い!
物語にあった爽快感ある感じの曲で好みの曲ですね~というわけでサントラは購入しましたw

恒例の公式であがっているOP動画リンクは下にはっておきます。







その他

なんか途中でレースゲーム始まります。

何を言っているかわからないと思うが、俺も(ry
えぇ、意味不明なことに途中でレースゲーム始まったりします。
何の前兆もなしに、しかもわりと無駄に作り込みしているレベルのものが。
まぁ、これは2だけですが是非自分の目でご覧あれ。
……あれマジでなんで入れたんだ?



まとめ


いちゃラブ成分は低めだが、ギャグとノリは良い!

ってところでしょう。
ギャグのノリは結構合う合わないがあると思いますが、
合う人はかなりツボると思うので、個人的にはオススメの一作でしたね。


別窓 | ゲームレビュー 企業 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

「Dies irae」トークショー&ミニライブ レポート | 黒兎月ですよっと | 2017年12月下旬購入物
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 黒兎月ですよっと |