FC2ブログ
黒兎月ですよっと
 
朝凪のアクアノーツ レビュー

2018-03-04 Sun 13:41Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
ゆいにゃん出ている過去作品で有名どこでやっていないよなーと思う機会がちょっとあったので、
今年はそこらへん回収していこうと思った今日この頃。
初っ端は朝凪のアクアノーツをプレイですよっと。



概要

タイトル:朝凪のアクアノーツ
メーカー:Fizz
公式ページ:閉鎖

ジャンル:ADV
シナリオ:雪村戌、小野楽園
原画:闇野ケンジ、水月悠
SD原画:猫野おせろ
音楽:Manack、maru

歌:2曲
 AquaVoice(榊原ゆい)
 Blue eyes(榊原ゆい)
CG:104枚(差分除く)
BGM:32曲
Hシーン:20シーン
プレイ時間:9時間(深緒ルートのみ)

朝凪の海で出会った”海中散歩者”ワガママ人魚姫、深緒との忘れ得ぬ一夏が始まる!

「わたしの正体が誰にも知られないように……あなたがボディーガードして!」

ひょうんなことからクラスメイトの少女・朝凪深緒の正体が”人魚(セイレン)”であることを
知ってしまった俺、亜樹は、何だかんだで彼女のボディーガードをする羽目になってしまう。
そりゃ確かに朝凪は可愛いさ。こんな美少女と付かず離れずな生活だなんて正直うれしくもある。
しかしその傍若無人な性格と、すぐさま振るわれる金色のハンマーさえなければね……。
友里子は俺と朝凪が付き合ってるんじゃないのかと勘ぐっている様子だし、
後輩の小鳥遊も最近ソワソワしているみたいだ。
その上、白玉かなかとかいう不思議な少女も現れるし。
忘れられない一夏が幕を開ける……!

人魚姫と織りなす、真夏のワクワクドタバタ学園恋愛アドベンチャー!

パッケージ裏より引用


シナリオ


この時代の王道的な感じ

って印象だったかな?
最近は昔のソフトやるの基本的には少なめなんで、
なんか久々にあの頃の王道的な学園モノ作品をやったな~という感想を懐きました。

秘密を持った美少女、ちょっと不思議ミステリアスっ娘、後輩etc...
ちょっとめずらしいと思ったのは双子の姉弟設定ですが、多少キャラ付けの違いこそあれ、
基本的にはふとしたことで急に関係が近づき、学校や住む街の行事で親交を深め、
プライベートor恋愛事情で悩む問題を共に乗り越え最後はハッピーエンドというもの。

主題としては深緒の……というか人魚(セイレン)の設定がありますが、
あくまで1キャラクターの個性を超える以上の物語展開はなく、
この設定を主軸とした壮大な物語だとか、感動的な話とかは特にありませんでしたね。

また、イチャラブ、シリアス路線、ギャグとどの路線にも過度に振り切る傾向もなかったので、
総括するとキャラ設定はほんのちょっとスパイス効いているけど、普通の学園ものってとこでした。





キャラクター


朝凪 深緒


素直になれないうっかり系人魚

本作の主題っぽい人魚の少女。
がしかし、水にちょっとでも濡れたら変身とけるというのに、
ふつーにスカート(濡れるのガードする気がない)、ビーサン&ノーパン(濡れるの前提)、
そしてうっかり属性で度々濡れるという正体良くバレないな?というレベル。
そこらへんでピチピチしているシーン多々ありますからね……

んで、性格的には素直になれない系……特に異性に対してその傾向が強く、
がしかし感情の浮き沈みはヒロイン勢で随一。
なんか思春期真っ只中ぐらいの女の子の情緒って印象だったかなー
また、根は真面目ということもあり結構抱え込むこともあったり。

ヒロイン内比較の感想としては友里子の次くらいには”キャラ的”には良かったかな?
やっぱ性格とか行動力が見ていて楽しい方が作品映えしますからね。
なお、キャラ的には友里子に劣るけど、ヒロイン属性的には深緒が一歩優勢かな?
あっちはかなり近親ですし、こっちは異種族間という盛り上がり要素ありですからね。



慧本 友里子


世話焼き&小悪魔お姉ちゃん

主人公の双子の姉。
双子で異性設定とか初めてみたわ……っとちょっとビックリしましたが、
描写的にはガキ大将的な女の子印象だったかな?
主人公とは家族ということもあり、元から距離感がかな~り近く、
お姉ちゃんぶって世話焼いたり、悪戯っ子っぽく色々絡んできたりetc...
また、他ヒロイン含めた関係性としては、何かのイベント事や集まりのリーダー的な存在で、
ハイスペックで、積極性も高く、物語上は仕切っているなーという感じでした。

ただ、物語上はちょいと主軸からは外れているんだろうなーという感じも。
セイレンたる深緒、それに代々絡みがありそうな美幸、あきらかなんかありそうなかなか、
ざっと見た感じ彼女だけなんもなさそうなんですよね……(ルートやってないので想像ですが)
後、微妙に気になったのはもし彼女になったら実姉……どころか双子ですからね。……どうなんやろ?(近すぎね?)
まぁ、キャラ的にはスキな部類(CV補正含む)ですし、本作では一番スキな子でした。



小鳥遊 美幸


一歩引いて主人公を慕う後輩キャラ

ってところですかね?
初っ端から主人公への好意を持っている雰囲気だだ漏れですが、
それを前面に押すことはなく、自分から過度なアタックもしない模様(適度にはしてるが)。
がしかし、環境の変化等で主人公の周りの女性関係が騒がしくなってきたら、
ちょいちょい一歩踏み込んでくるな~というスタイルに変わります。
ただ、利己的じゃなく、悪い意味で意味で常識人、
後輩ということも重なり(環境にやや恵まれていない)どうしても幸うすそうな印象が……
まぁ、いい子なのはわかるんですがね。うん。



白玉 かなか


ルート入らないと映えない(と思う)

The不思議っ子。
電波系路線ではないが、独特のリズム感とかがそう感じさせます。
また、基本的には無口路線かつ積極性高くないということもあり、
ストーリー上は友里子のかなり強引な誘いがあってギリ絡めているってライン。
なので共通&他ヒロインルートではかな~りパッとしない。
むしろなんでヒロインなん?ってレベルで無理やりねじ込んでいる感すらある。
まぁ、逆説的にルートはなんかあるんかな~と思ったりもしますが、
はい、そこまで手回らなかったので、こんな評価です。





CG&立ち絵

CGに関してはこんなもんだよねーっというレベルで、
枚数はボチボチありますが、質の面ではさほどって所。
枚数が多いこともあってか、日常とHCGの比率では前者の方が高めで、
感覚的に3:2くらいじゃないかな?他ルートやってないので想定ですが。



音楽&映像

音楽面は年代も加味した上でいうと中の中ぐらい。
場面場面に合わせた曲調はあるけど、どこか振り切った激しさ、
特段耳に残るようなBGMとかはなさげで、可も不可もなく。

ボーカル曲的にはED曲がクッソいいと思います。
というか曲調的に出だしがめっちゃ切なさ溢れる曲で惹き込み具合がGood。
中盤以降は結構雰囲気変わるので、最後まで一回きいてみてくださいね。
まぁ、難点はシナリオ&挿入タイミングがやや作品とマッチしていない気が……

OPリンクは公式サイトがないので今回は割愛で。



その他
特になし



まとめ

10年前くらいのTheエロゲって感じ。

ぶっちゃけた所、特筆してウリとなるシナリオ的おもしろさはないので、
オススメ度的にはキャラが気に入ればプレイワンチャン!ってところですかね。
まぁ、昨今ではこのヒロインのCVラインナップをやりたい人的にはすっげーホクホクですがw

別窓 | ゲームレビュー 企業 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

JUNENAVI vol.43 | 黒兎月ですよっと | 将軍様はお年頃 レビュー
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 黒兎月ですよっと |