FC2ブログ
黒兎月ですよっと
 
IxSHE Tell レビュー

2018-03-11 Sun 23:40Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
2月発売のソフトはわりと自分好みそうなものがあったわけですが、
その中からIxSHE Tellをプレイしたので感想書きますよっと。



概要

タイトル:IxSHE Tell
メーカー:HOOKSOFT
公式ページ:http://www.hook-net.jp/ixshetell/

180311_01.jpg

ジャンル:告白された始まる恋愛ADV
シナリオ:桜城なお、松倉慎二
原画:RINKS
SD原画:のいと
音楽:SONO MAKERS

歌:2曲
 オープニングセレモニー(櫻川めぐ)
 I know! Harmony(中恵光城)
CG:80枚(差分除く)
BGM:30曲
Hシーン:15シーン
プレイ時間:10時間(栞織、彩楓ルートのみ)

今ここに宣言する!
我々生徒会はついに恋愛の自由を勝ち取った!

宣言と同時に学生たちが押し寄せ、俺を中心に歓喜の輪が学園中に広がっていく。

創設から百数十年、長きに渡り学生を縛っていた恋愛禁止の校則。
今日はそんな校則が撤廃となった日であり、
そして……この学園において俺が、
今後語り継がれていく英雄となった日でもあった。

しかし、ここで大きな誤算――

学生代表の責任者ということで、俺にはのんびり恋愛を楽しむ時間など存在しなかった!
これでは何のために恋愛解禁を成し遂げたのかわからない。
かといって問題が起きれば解禁は白紙に戻されるかもしれない……

「私に恋愛を教えてくれませんか?」

そんな俺に突然告白してきたのは、昔なじみに美少女編入生。
さらにその翌日――

「先輩への恋心、受け取っていただけませんか?」

「パーフェクトに可愛い私の彼氏はキミ以外にあり得ないわ!」

兄弟校のカリスマ生徒会長
さらにはミスコンニ連覇中の学園のアイドルまで!

けれど数少ない「恋愛否定派」の
生徒会副会長は重々しく俺に告げる――

「私と男女の過ちをたくさん犯しましょう!
そして目指すは恋愛解禁の撤回!」

そう、誤算とはまさに「嬉しい誤算」だったのだ!

「でもみんなの気持ちは嬉しいけど、
まずはお互いを知るところから始めたいんだ」

「じゃあ私で決まりだね、
だって私は一番の理解者なんだから」

この瞬間を待っていたとばかりのタイミングで
告白を決めてくる幼馴染。

恋愛が解禁になって早々、
学園屈指の美少女たちからモテモテ状態に。
こうして全力でアプローチをかけてくる彼女たちとの
恋愛が突如として始まったのだった――


公式ページストーリーより引用


シナリオ

ポップな恋愛ドタバタ劇が楽しい

本作のウリとしてはこれかなと思います。
作品HPのポイントにもある通り、本作は全ヒロインから初っ端からモテモテな状態なのはもちろん、
全生徒からも学園の”英雄”として高評価な設定となっております。

ここを主軸としているので物語全編を通して嫉妬や妬みなどのネガティブ面がなく、
ヒロインに好かれるまでの面倒なあれやこれやもかっ飛ばしているので、
見ていて楽しい”ポップ”な感じで物語が終始描写されます。

また、コメディ色は良い意味であまり強くないので、
本当に自分を中心とした恋愛に関するドタバタ劇を楽しむという点において特化していると思います。
恋仲になった後は意外……というほどでもないですが、
エロゲでよくある普通の学園モノっぽい感じのノリになるので、
構成的に本当に楽しむポイントをしっかり狙えているなという感じ。
なので自分中心とした、都合が良すぎる恋愛劇を楽しむという点においてはかなりと良いと思います。

ただ、必然的に納得行くプロセスもなくそんな状態になるのや、
恋仲になる仮定を楽しみたい人とかには合わないだろうな~という感じ。
基本、深くシナリオ楽しみたいって人より、
頭空っぽにしてゆる~~く楽しむ時の気分にあう作品でしたね。





キャラクター


花守栞織


ちょっと腹黒な我の強さがよい

主人公の幼馴染ということで一番の理解者としてそばで支え、
更に普段は一歩引いてついていくスタイルということ、
見た目も相まってThe大和撫子という感じの少女。
……かと思いきや、その実主人公と添い遂げること至上命題とし、
あれやこれやたくらんだり、
的確なタイミング等でぐぐぐ~~~と攻めてくる少女。

これだけ聞くとただの腹黒っぽいですが、
一歩引いているのは単に口下手で照れ屋なだけだったり、
親しい人や慣れた人にはころっと態度かわったりと、
色々可愛らしさも併せ持ったキャラです。
また、オナニーネタとかところどころブッ混んでくるあたりも(・∀・)イイネ!!
そんなわけで、ぶっちゃけ本作ではいっちゃん好みです。はい。

後はやっぱ幼馴染ということもあり、
勝手知ったる感が作中でところどころ出る所、
正統派で隠さないヤキモチをやくところや
正面から言い訳せずに好意をぶつけてくるあたりが可愛らしさを上げているかと。
他の面々は好き好きオーラ出しつつも何か捻くれもの多かったりしますしねw



小清水香純


都合が良すぎる女の子

幼いころ抱いた気持ちを胸にわざわざ転校してきて告白。
甘い言葉に、露骨な誘惑はもちろで積極的アタックしつつ、
他の女の子にヤキモチも焼かず、別に体目的でもいいじゃん……
ぐらいな勢いを見せる子です。
本作のヒロイン勢の中でも突出して都合の良い女の子って感じですね~

そんなわけで好きになるかは別として、
さほど嫌いになる要素はないかな~という感じかな。
別に無理やりな押しつけがあるわけでもなく、
これでもかってぐらいに男にとって都合がよすぎますからね……
自分も嫌いではないです。

ただ、あまりにも都合良すぎて彼女という中身を感じられず、
魅力は感じないな~というのが正直な感想ですかね。



結城彩楓


初心さがウリな少女

普段はミスコンで選ばれているというプライドと、
そこに至るまでの経緯を含めて自尊心があるので、
キメた感じの態度と自信に溢れた立ち振舞が見ていて気持ち良い。

がしかし恋愛観的には作品ページの紹介にもある通りかな~り初心。
というか恋愛観にとどまらず、見た目に反して精神年齢的にはやや低いのではないかと。
そんなわけで作中で色々初心な感じや精神的に未熟な様を見せるわけで、
やや精神的に振れ幅大きいですが、
行動に精神が追いついて来る様とか成長具合は見どころでは有るかと思います。
個人的には二番目ぐらいに好みでした。



古由依塚


背伸びな感じが魅力

ヒロイン勢の中では唯一後輩枠、しかもちょっ~と年齢が離れている感じです。
とは言え、兄弟校の生徒会長を兼ねているので基本はしっかりもので、
立ち振舞や言動も他ヒロインと比べてもやや大人らしいもの。

がしかし、実際に年齢差があることが事実で、
年上に憧れを抱いている様、年齢と立ち振舞のギャップ、年相応の反応など、
ちょっと背伸びしている可愛らしさがうりだよな~という感じ。

後は寮で一緒ではないどころか学校が異なることもあり、
他ヒロインと比べて結構頑張らないと環境的に負けていますからね……
そんな健気に頑張る姿もわりとありだと思いましたが、
やはりヒロインとしては恵まれず、活躍減にも繋がりややポイント低いかと。



山吹芳乃


恋愛が絡まなければいいヤツ

主人公のこと好き好きで思いダダ漏れなのに、
建て前だとか大義名分を持たないと思いの通りに行動出来ない子。
本作のようなエロゲじゃなきゃ、それもそれで一属性としてありかな~と思うのですが、
全ヒロインが初っ端からアタックしまくりの本作においては、
ぶっちゃけ面倒くさい子だな……としか思えませんね。

とまぁ、ヒロイン的にはいまいちなんですが、
副会長としていろいろ補佐したり、
前のめりガチな他ヒロインに釘刺したりなど、
わりと友人or物語上の一キャラとしてはわるくないんですけどね……
うん、彼女の感想としてはこんなもんかなー





CG&立ち絵

目のハイライトがいいね!

っと自分にしてはかなり珍しめの感想述べましたが、
絵に関して最初に思ったのこの感想ですわ。
なんかあのハイライトの入れ方好きだわ~めっっちゃ個人の嗜好ですがw

全体的な感想のべるのであれば総じて並……といったところですかね。
絵のクオリエティ、枚数、構図などもろもろ含めて、
特筆して悪いところはないけど、良いといえるほどのこともない感じ。

ちなみにHCG割合は1/3強ぐらいかな?
思ったより少なめで、日常系を重視しているようでした。





音楽&映像

音楽関係はボチボチってところかな?
曲調的にはギャッグっぽいテンポのものから、
ポップな日常系、雰囲気重視系など幅広く揃えていましたし、
曲数的にも納得の曲数だったと思いますので。

最後にいつもどおりのOPリンクをペタリ





その他

システムにはちょい要素あり。
ではありますが、本質的にはあまり重要じゃないので個人的には別になくても良いかと。
本編が楽しめるかのほうが重要ですので。



まとめ


軽くポップに楽しむ分には○

ってところかな?
めっちゃ推すってところまではいきませんが、
軽い気持ちで楽しむ分には結構ありだと思います。


別窓 | ゲームレビュー 企業 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

戯画 1st LIVE ~Sky ticket~ レポート | 黒兎月ですよっと | Valentine★LOVE×Live2018 レポート
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 黒兎月ですよっと |