FC2ブログ
黒兎月ですよっと
 
君とつながる恋フラグ レビュー

2018-07-08 Sun 09:41Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
5月の新作でみらーじゅそふとさんの処女作の君恋をプレイしたので感想書きますよっと。



概要

タイトル:君とつながる恋フラグ
メーカー:みらーじゅそふと
公式ページ:http://www.miragesoft.jp/product/koiflag/index.html


180708_01.jpg

ジャンル:貴方と縁を結ぶADV
シナリオ:スコ缶
原画:るちえ、kakao
音楽:i.o.sound、山田屋カズ

歌:2曲
 信じてin my heart(そよかぜみらい)
 運命の恋なら!(そよかぜみらい)
CG:77枚(差分除く)
BGM:20曲
Hシーン:24シーン
プレイ時間:10時間(桔梗ルートのみ)

過去トラウマから、他人とは常に浅い付き合いで淡々と暮らしている少年、小早川侑斗。
そのせいで、知らず知らずのうちに、様々な女の子との縁も切っていた。

そんな彼の元に、縁結びの神様からの使いだと言う付喪神の少女が突如目の前に現れる。

『あなたの縁を結ばせてください』

付喪神を名乗る少女があまりにも食い下がるため、しかたなく話を聞くと、
”縁”を結ぶまでは離れてくれそうになく、ならばと
「じゃあ君と”縁”を結んで」と言ってしまう。

これなら目の前の少女も困るから引き下がると考えて言ったのだが、
その少女は何の疑問も持たずに、あっさりと二人の”縁”を結んでしまうのでした。

侑斗と少女が”緑”が生まれてしまったことで、
二人は離れることができなくなってしまい、彼女は神様の元に帰ることが出来なくなってしまう。

困ってしまう侑斗と付喪神の少女。
どうやら、この”縁”よりも強い”縁”を新たに結べば帰れるらしい。
それが分かった瞬間、侑斗は悟ります。
これはトラブルの気配しかしない、と。

縁を巡って恋模様が加速していく!


公式ページストーリーより引用


シナリオ


主人公に難ありでパッとしない

ってところが全体の印象かな~

あ、注意として桔梗ルートしかプレイしていないです。
んで、本作のざっくり全体像としてはよくある学園もの。
話数形式的な感じで進み、序盤は1話で1キャラスポットあたっていく感じ。
キャラごと立ち位置から最初の関係こそややまばらですが、
一通り全員の顔見せが終わった後は仲良しグループ的な感じでよく絡みます。
んで、後はルート入ったらグイッと距離が縮まり、一山こえてハッピーエンド的な感じ。

イチャラブとかはバランスの良い方でそっち方面どっぷりという感じではなかったかな?
ルート入っても他面子とはちょいちょい交流あったし。
後、筆頭ヒロインたる桔梗の設定まわりはやや不思議系というか神様関係ですが、
作品のシナリオにおいてそのテーマ性に重きを置くことはほぼなく、
キャラづけの一要素ぐらいに収まっています。

また、ヒロイン勢の描写に特化しておりその他キャラで重要と呼べるようなキャラはおらず、
作中絡みがあっても立ち絵もないモブばっかとなっています。

そんなわけで上記のような描写になってくると
1.重要なのはキャラの可愛さ
2.ヒロインとの絡みの描写の良さ
が重要になってきます。


1は及第点といったところかな?
目立って悪いところはなかったですが逆に目立ってよいところもなかったかな~っと。
個人的感触としては美咲あたりは良かったけど、
他はもう一声足らず!もしくはちょっと余計なところが……ってところ。
もうちょい突っ込んだ感想はキャラクターのパートで。

んで問題となるのは2かと。
ズバリ主人公の性格がなんか面倒くせーというもの。
うん、主人公の性格だから、当然ヒロイン絡みor描写の多くに関わってくるから、
全体的にマイナス要素なんだわ。

端的に言うと主人公君トラウマ持ちなんですよね。
なんで、発作的にナイーブなったりダウナーな感じになったり…
後、トラウマの反動でなんか悪い意味で捻くれている描写も結構あるし目につく。
そんなわけで無駄にシリアス描写高めにしたり、流れ悪くすることが多い。
これはだいぶマイナスです。
学園モノにそんな面倒くさいもの求めていないんで……
自分はポンコツ付喪神さんとかをただただ愛でるのが楽しみやったんや。

まぁ、桔梗のルートやれば理由はわかるというか、要は実母がクソ野郎なわけですわ。
現状は離婚していて別居ですが、再婚した父親は海外で好き勝手、
義母は家にいるけど作中で1回も姿見せもセリフも見せず部屋にひっきー
一応仕事づけの人って設定で、家内で絡みはあるらしいけどさすがにそうは見えない。
うん、お前よくこんな環境で育ったなと同情はするw

以上、シナリオ面はこんなところかな~



キャラクター


桔梗



好奇心旺盛な真面目ちゃん

ひょんなことから主人公と共に過ごすことになる付喪神の少女。
性格は真面目で好奇心旺盛、自分の職務(?)的なものにも真摯に取り組む。
まぁ、はたから見れば他人に恋愛のゴリ押ししているだけですがw

公式紹介にはポンコツという紹介されていますが、
実際プレイしての感想としてはポンコツというより未熟といった感じ。
最初は生活関係でかな~りポンコツかと思いきや、人の世でぐんぐん知識を吸収していき、
後半は良き奥さん的な雰囲気すら漂っていましたし、
対人関係だったり、神様へのお供え物話などなどかなり適応力は高め。

なので彼女がポンコツ言われる所以は、
未熟なのに好奇心旺盛で果敢につっこんでいき自爆すること多めに由来する模様。
そのせいか後半はだいぶポンコツ要素が消えてしまった……
いや、人(神だけど)としてはそれでいいんだろうけど、
紹介的にポンコツ言われていたからもっとわちゃわちゃしたところを愛でたかった感はあるw



天野 美咲



距離感が良いしっかりもの幼馴染

神社の巫女さんにして幼馴染属性つきの女の子。
幼馴染属性はついているけど、気さくな女友達レベルに収まっており、
個人的にはわりと好みの塩梅に収まっているので高評価。
ゲームでよくある異常に距離感近すぎる感じはあんま好みじゃないので……
異性で友達意識、それで他より距離感近いって感じがよい。
まぁ、共通ではって話になると思いますがねw


後、性格面からいうとしっかりもので優しく面倒見がよく、
成績も優秀、お胸も優秀と優秀。
それと女の子らしさも一番かなー
立ち振舞だとか話し方だとかもろもろ含めて。
唯一、運動は苦手らしいですが、致命的に問題になるレベルではなさそうですし、
ヒロイン勢で一番そつがなくハイスペックと呼べるでしょう。

強いて言うなら、逆に欠点らしい欠点、弱さ的なところがないので、
そういったギャップとかをみたい人には微妙かなってぐらい?



小早川 悠香



うざい系義妹

基本は元気いっぱい系義妹。
なんですが、おバカ+無駄にベタベタ甘えたり絡んでくるので、
ちょ~と面倒くさいなこいつ……という塩梅になっています。

また、妹ではありますが再婚時の連れ子ってこともあり、
昔関係の話だとか美咲のほうが詳しかったり。
さらには自然の成り行きではなく再婚という形で強制的に親しい関係となったこと、
主人公が実母にトラウマ植え付けられたことで、
なんだかんだ全てに踏み込ませていないこともあり、
エロゲでよくいる義妹キャラとは違い主人公とびみょ~~~に距離感を開けられています。
ガチでうざがれている描写もあったし、恵まれないなお前。

そんなわけで妹ポジションのアドバンテージを生かしきれておらず、
それに変わる強力な武器もないなーというのが彼女の印象。
うん、強く生きてくれ(フォロー)



福原 汐織



ざっくばらんな関係が売り

主人公と一緒に住んでいるわけでも、家族でも、幼馴染でもないので、
ヒロイン勢では唯一ごくごく最近知り合った普通の友人といった立ち位置から始まります。
また、主人公の捻くれ具合と彼女のあけすけでモノを言うさまが変にマッチし、
ファーストコンタクト的にはかな~り険悪というかケンカ腰からスタート。

その後仲直り……というかようやく交流を持つレベルまで仲良くなるわけですが、
初っ端でお互いの面倒くさい面倒を見せ、
お互い過去の面倒事やしがらみがない友人という距離感なので、
必要以上に気を使わない良い意味でざっくばらんな友人関係が築けます。
主人公がやや面倒なやつなおかげで、この立ち位置のキャラは本作だと優秀に思えます。

まぁ、人つき合いの苦手さ的にチョロイン属性の匂いもプンプンしますし、
ルートだとわりとガラッと変わる気もしますが、
そこらへんは未プレイなのでなんともっと言ったところでした。
とりあえず、共通までの印象ではわるくないって感じということで。





CG&立ち絵

原画はるちえさんとkakaoさんの2人。
個人的にはkakaoさん絵はわりと好きなんでよいかなー。
担当キャラ多くないですがw

CGのクオリティ的には悪くはないかと。
めっちゃ描き込みがいい!ってほどにはないですが、
ふつーに綺麗にかかれているし、ツヤ感とかはわりと好きですしね。

ただボリューム感はちょっと少なく感じたかなー
ちなみにHCG比率は6割ぐらいかな?





音楽&映像

BGMの全体的な印象としては柔らかめな曲が多めで、
ポップ感あるものは少なめ、ガチシリアスな曲はなしってところかな~
作風の雰囲気にはマッチしているものが多めだと思いますが、
やはりこっちもボリューム感にはややかけますね。
とは言え、こちらはプレイ中に不足を感じることはそんななかったかな?
よく聞く音楽多く、珍しい音楽が流れて”おっ?”と思う機会は少ないってぐらい。


最後にOPリンクをぺたり




その他


特になし。



まとめ


全体的に力不足

ってところですかね~


別窓 | ゲームレビュー 企業 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

AUGUST LIVE! 2018 レポート | 黒兎月ですよっと | Dies iraeスペシャルイベント「創造・ヴェヴェルスブルグ城」 昼&夜の部 レポート
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 黒兎月ですよっと |