FC2ブログ
黒兎月ですよっと
 
Gift ~ギフト~ レビュー

2018-08-16 Thu 23:28Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
一時はアニメ化してもホットだった作品Gift。
昔のゲームをやりたいなってことでチョイスです!



概要

タイトル:Gift ~ギフト~
メーカー:MOONSTONE
公式ページ:https://www.moon-stone.jp/product/ms04/g_index.html

ジャンル:恋愛ADV
シナリオ:呉
原画:Mitha、深山駒、米田麦、夕燈とび、鷹乃みすづ、かゆらゆか
音楽:Angel Note

歌:3曲
 たとえば、突然。(藤谷美里)
 予報のない嵐(藤谷美里)
 七色パレット(rino)
CG:103枚(差分除く)
BGM:22曲
Hシーン:6シーン
プレイ時間:8時間(霧乃ルートのみ)

空を見上げる事が好きだった。
青空にふっと吸い込まれそうになる感覚が好きだった。
雲の形で何かを思い浮かべるのが好きだった。
雨の日も。
雨は虹。
虹が好きだった。
見上げるたび、いつも思った。

――どうしたらあの虹に追いつけるんだろう?

追いつけた事はなく、
ただ虹は、優しい曲線で空に光っているだけだった。

「着いた……と」

桜の香りと花びらが舞う春の昼下がり。
一人の少女が駅に降り立った。

「久しぶりだよね……ほんと」

大きなトランクを足元に従え、少女は懐かしそうな目を辺りに向ける。

潮の匂いが混じっている。
かすかに聞こえてくる波の音。

「……やっぱり、まだあるんだ」

虹に目を向けた。
心なしか表情が曇る。

空は快晴。
湿気さえ無い大気の中で、七色の曲線が浮かんでいる。

「にしても、遅いなー」

虹を目にした時の静けさは既に無く。
少女は待ち人の遅い事の不満を分かりやすく表した。
道の向こうに目を向ける。
待ち人がどこから来るかは分かっている。

「あっ、来た来た!」

小さな人影。
少女は大きく手を降った。

「お兄ちゃーん!!」

海岸に位置する”楢崎町”。
楢崎町には不思議な現象がある。
二つの不思議。
一つは、空にかかり、決して消える事のない虹。
見上げればいつだってかかっている。
もう一つは”Gift”。
不思議な魔法。
それは、誰かが誰かに一つだけあげる事のできる贈りもの。

楢崎町に住む少年、天海春彦が通う”志摩野学園”に一人の転校生がやってくる。
その転校生は、春彦と離ればなれになっていた妹だった。

再開した妹。
いつも一緒の幼なじみ。
凛々しい後輩。
気さくなお嬢様。
神秘的なメイドさん。

再会と、出会いと。
動き始めた彼らの物語。
春先の、新しい何かが動き始めた学園生活の中で、
魔法のような虹と、贈りもののような魔法が存在する町で。。
天海春彦は、たった一人の相手と、たった一つの”Gift”を探していく。


公式ページストーリーより引用


シナリオ


この時代の王道的な学園モノ


っという印象ですね~
今となっていては目新しい感じはしないですし、
特にエッジが効いている展開もなく、
兎にも角にも学園モノとして必要な要素を詰めた感じかな?

最初設定を見た時に消えない虹にちょっとした不思議(Gift)で、
すっげーD.C.っぽいなと思っていたんですが、
スタッフとか発売の色々をネットで調べるとあーなるほどという感じでした。
ただ、ちょっとした不思議設定はありますが、
意外と使い込んでいる感じもなく、なんか軽めの一設定に収まっています。
つまるところ、これが物語上のキーと呼べるほどにはなっていませんでした。
まぁ、霧乃ルートをやる限りはって限定的な言いっぷりになりますがね。

そんなわけで後に残るは圧倒的に普通の学園モノ的要素。
女の子たちといちゃこらして面白おかしく学園生活しつつ、
ちょっとしたイザコザor問題発生を乗りこえ気持ちを近づけ、
後は仲良くどうぞっといった感じでしたね~
また、シリアスにもギャグにも偏ることはなかったです。

うむ。あまり大したこと書いていませんが、シナリオの感想はこんなところかなー





キャラクター


深峰 莉子



フランクさがよい妹

主人公と同い年の妹。
基本は世話やきで人当たりもよく、
主人公とはくだらない冗談交えたり気心知れたやり取りが良いキャラ。

設定を考慮しないパッ見の印象としては気心知れた女友だち的な感じが強く、
一般的な妹キャラというほど妹属性的な立ち振舞は見られませんが、
お兄ちゃんと呼んだり、普段の生活の中でも明確に妹であることを示唆させてたりと、
なんだかんだ妹というポジションを気に入っているのが伺えます。

後、ヒロイン勢の中では一番良い意味でオーソドックな女の子らしさが良いかと。
他ヒロインはと良く言えばひと味、悪く言えば面倒くさい点があるので、
女の子としてストレートな感じは良いかなと思いましたね。
また、話し方も個人的にはわりかし好きな感じだったかな。



木之坂 霧乃



一途な小動物

間柄的には幼なじみですが、年下&ちょいと気弱なところもあるので、
立ち位置的には妹分的な扱いを受ける少女。

ヒロインの中では一番主人公に対する好き好きオーラがダダ漏れで、
常に主人公に気を配っているわ、周りに女の子増えてヒヤヒヤしたりと……
ただ、性格的にはかな~~~り気弱なので強く出ることはできず、
こっそりandじっどりと主人公に目線を向けることが多い。
そんなわけで、かまってやると表の態度にこそださなけいけど、
すっげー控えめに嬉しそうにするのがポイントってところでしょうかね?

ただ、Gift関係も絡みちょいと後ろめたいことなどもあるせいで
面倒くさい女の子になっているのは玉に瑕かなーと思う。



外薗 綸花



テンプレ的な侍娘

実直な性格で機微には疎いが人情には熱い。
おしゃべりではないが受け答えはハッキリしており、会話が嫌いなわけでもなし。
んで、当然のごとく刀を持っていたりetc...
という感じでThe侍娘という感じですが、古風とまではないかないかな?多分。

やったのか霧乃ルートだけってのもありますが、
本作だと他キャラとの絡みが少々難しいのでは?と思いましたね。
他キャラと比べるとピーキーですし、特にヒロイン勢の中でも扱いが頭ひとつ飛び出ている、
莉子&霧乃との絡みがかなり薄いですし。
まぁ、三咲さんキャラだなって感じはすっげーしましたがw



藤宮 千紗



気さくでノリ良し

霧乃の同級生の後輩。
お嬢様だが気さくでノリが良く、あまり後輩らしさを感じさせる感じではないですが、
態度が慣れなれしいというわけでもなく、純粋に人当たりが良い感じ。
莉子と比較すると莉子は優等生な人当たりの良さ、
千紗はムード―メーカー的な人当たりの良さって違いかな?
後、お嬢様属性を反映してか、気さくさの中にも話し方などでちょいと育ちがいい感じもある。

また、不思議な小鳥?をつれていたり、魔法少女との噂があったりとのことですが、
そこらへんはルートやっていないので真意がわからないままだったりw
共通の範囲だとキャラ的にはムード―メーカーでいいんだけど、
立場が後輩&メイン2人とガッツリ絡むとまではいかないので、
あまり活躍の場を与えられていないって印象でしたね。
この手のキャラは多人数の中で魅力を発揮すると思うので作中のバランスに難あり。



神代 縁



マイペースおおらかキャラ

先輩だが千紗のところでメイドをしている少女。
記憶喪失で生い立ち一切不明だったりするがそれを気にしない性格でおおらか&マイペース。
千紗とはやや凸凹間あるけど逆にバランスは取れている模様。
なお、おおらかさはあるけど癒し系とまではいかないかな~という印象で、
どちらかというとボケ担当といった感じがしますね。

キャラ的にも立場的にも前面にグイグイ来るキャラでもないし、
メイン二人のように好き好きオーラーが最初が出ているわけでもないので、
ヒロイン力はやや低めかな?という印象だったかなー
記憶喪失周りで実は……な設定次第でワンチャン?ってぐらいの印象でした。





CG&立ち絵

原画さんは多めですが、ピックアップはメインのMithaさんですね。
春音アリス*グラムで見ましたなってことで興味をそそられましたが、
発売が干支が一回りするぐらいの差があるとだいぶタッチも違うなという印象。
もちろん面影はかなりありますがね。

枚数とか的にはボチボチ納得のボリューム感かな?
ただ、クオリティ的には高いとはいえないかなー正直なところ。
如何せん最近のと比較してしまうしね……
とは言え駄目ってわけでもなく、特段不満があるほどってのはなかったかな。





音楽&映像

BGM&ボーカル曲数的にもボチボチ満足の行くボリューム感。
こちらもCGとかで一緒で特筆するほど映えるものはないけど、
スタンダードなラインはつけていたと思います。





その他

特になし



まとめ


全体的にこの時代のスタンダート

シナリオ&キャラは当然として、
CGや音楽周りのクオリティ&ボリュームの観点からも言えるかと。
この時代の王道がどんな感じだったのかってのを理解するのには良いかと。


別窓 | ゲームレビュー 企業 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

Collabo★LOVE×Live2018 ~YuiSakakibara&Minami~ | 黒兎月ですよっと | ISLANDの聖地的な新島に行ってきた
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 黒兎月ですよっと |