FC2ブログ
黒兎月ですよっと
 
金色ラブリッチェ レビュー

2018-08-19 Sun 16:51Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
一部界隈でやたらと評価が高い金色ラブリッチュ。
自分の中ではサガプラは声優ゲーという印象が拭えないんですが、
プレイもせずに決めつけはよくないでしょう!ってことでプレイですよっと。



概要

タイトル:金色ラブリッチェ
メーカー:SAGA PLANETS
公式ページ:http://sagaplanets.product.co.jp/works/kinkoi/

180818_01.jpg

ジャンル:金色学園アドベンチャー
シナリオ:さかき傘
原画(メイン):ほんたにかなえ、とらのすけ、有末つかさ
原画(サブ):ひさまくまこ、はガハマめぐみ、ぴこぴこぐらむ
SD原画:ぴこぴこぐらむ
音楽:Arte Refact、松本慎一郎、樋口秀樹、水月陵

歌:3曲
 Golden Mission (佐咲紗花)
 shining! our life(柚子乃)
 あの輝きを忘れない(茶太)
CG:90枚(差分除く)
SDCG:22枚(差分除く)
BGM:30曲
Hシーン:24シーン
プレイ時間:28時間

市立ノーブル学園。
そこは未来の紳士淑女を作る場所。
教養だけでなく、
品格を学ぶための
全寮制の学園である。

とくに今年は、さる北欧の小国より
王族を招いたとかで、
学園は例年にない緊迫感を帯びていた。

主人公、市松央路が
思いがけないことからお姫様に気に入られ、
学園に叩き込まれたのはそんなとき。
空き部屋の関係で、
女子寮の端に押し込まれたのは
そんなときだった……。


公式ページストーリーより引用


シナリオ


”学園モノ”としては非常に良いでき


ってのが自分の感想かな~
ぶっちゃけたところ、直近にプレイしたサガプラ作品がカルマルカだったんで、
何かしらんけど金色ラブリッチェがネットで評価激高なんだけど、
またまた~御冗談なんでしょ?というつもりでプレイしました。
んで、実際にプレイしてみての感想はと言いますと……

「うん、色々理解した!」という感じでした

はい、これだけだとわからんので色々と整理して書いていきます。
あ、子細まで書くつもりはありませんが、
ネタバレ余り気にせず書いていくんでそこらへん気にする人はリターンでどうぞ。



んでは、気を取り直して。
個人的に本ゲームを語る点をざっくりまとめると二点だと思っています。


①理亜ルートの話
②理亜意外のヒロイン&学園ものとしてのストーリー


①理亜ルートの話
本作のラストに当たるルートなわけですが、
ネットでやたらとレビューのポイントが高いのはここから来ていると思います。
というか明らかに他ヒロインのルートとは気色が違いますし、
この手の話がささる人には……
いや、むしろこういう展開のシナリオにあまりふれていないささったことない人が、
この展開はささるんだろうな~というのをヒシヒシ感じました。
言い方悪いけど、露骨なお涙頂戴系ですので。はい。
感触としてはKey作品とか好きな人は好きなんじゃないかなこういうの?

んで、シナリオ上目立って駄目なとこはないですが、
物語の主展開としては感動系にはありがちなパターンなので、
この作品が絶賛されるほど良いかと言うと自分はそうは思いません。
ビックリなどんでん返しがあったり、心情描写が他にないほどいいとまではいきませんでしたし。
後は個人的に露骨なお涙頂戴は白けるのでノーサンキューというのもありますが……
理亜自体はきらいじゃないんだけどねー



②理亜意外のヒロイン&学園ものとしてのストーリー
では、この作品良くなかったの?
と言われるとそうは思いません。
というか今までやったサガプラ作品でいっちゃんよかったと思うし、
サガプラ内で評価高いはつゆきとかよりもずっといいと思う。

当然具体的にどこが良かったん?という話になると思いますが、
一言でいうなら作品全体のバランスと組み立て方かな?
要点を列挙していくと多いんだけど

・シルヴィ&理亜&主人公の幼少期の出会いから現在につながるもの
・タイトルにもある”金色”に込められたキーワード性、
・シルヴィ&エロイナ&カミナルたちソルティレージュ勢の関係性とその描写
・設定だけだと浮いてるはずなのにその差を埋めきるキャラ性の玲奈

あたりがシナリオ上はわかりやすいところなか~
全体的によく考えられて話が構成されているなと感じさせられました。
自分はこういう全体的な構成がよくできている作品は高評価したいんですよね。

後はこの手のThe王道学園モノなのに個別ルートで他キャラがほぼ消えることもなく、
エッチシーンでは3Pあったり、過剰に妊娠有無を気にする玲奈とかは好きですね(完全に個人の嗜好)
そうそう、脇役勢が男含めてコミカルでよいというのも良かったかな?

そんなわけで全体的に加点する箇所が多いのに、
減点ポイントはほぼなかったんで全体的なつくりとしてよかったという感じでした。



以上、シナリオ的な感じではこんなところかな?
要約するとシナリオを絶賛はしないけど、学園モノとしては高評価というところです。






キャラクター

ここは学園ものらしく、各メインヒロインにスポットを当てて感想を書いて生きますよ。



シルヴィア・ル・クルスクラウン・ソルティレージュ・シスア


ムードメーカーで行動派なお姫さま

本作の筆頭ヒロイン。
王女様であるが天真爛漫、気になることにはすぐ突撃する行動派。
やや世間知らず……というか素直に人の言うことを信じるので、
ちょいちょい騙されるのはご愛嬌。
立場と仕事などは基本わきまえているが、
上記の行動力+自分の思いは貫く派なのでここ一番では頑固。

本作真ヒロインは理亜っていう感じがしますが、
話の中心にいるのは常にシルヴィという感じがしますし、
色々な話を繋がているのも彼女を中心にしたものが多い。
つまるところ物語の顔的な感じですね、うん。
また上記のキャラ性なので見ていて飽きないタイプなのもポイント高い。
性格面などでは玲奈も近しいものもありますが、
シルヴィはそれに加えて立場や主人公たちの過去話の中心人物の一人でもあり、
話をグイグイ引っ張る力はこちらのほうが圧倒的に上ですね。

個人的にはなかなかポイント高い子でした。



妃 玲奈


明るく気さく、バカノリが好き

ノーブル学園では少ない庶民派のギャル。
当然気取った感じはなく、言葉遣いや態度も崩れた感じの気さくさが売り。
それだけだとノーブル学園では忌避されのでしょうが、
卒がない距離感の保ち方と気遣いのうまさ、
女の子らしいファッション面などの知識完備でクラスでは人気者。
とは言え積極的に矢面に立つ性格ではなく、全体的な面ではバランサー的な立ち位置。

一方、気心知れたメンツには結構グイグイ懐に入るこんでくるのと、
シルヴィのように立場というものがないので、
主人公たちとのバカノリを楽しむ気心知れた姿は大変愛嬌があっていいですね。
口では女友達とわいわいやっておきたいことを言っているし、
確かにその通りの行動も多いんだけど何だかんだ乙女的なポイントも高いのはGood。
後は友人で恋人的な感覚が好きな人にもオススメできるかな?伝わるかなこれで?
何はともあれ個人的には本作でいっちゃん好きなキャラでした。



エロイナ・ディ・カバリェロ・イスタ


真面目な苦労人

シルヴィの近衛を務める女騎士。
性格は至って真面目でやや不器用。
シルヴィ同様基本は素直なので騙されやすいところもあるが、
ある程度は常識からの判断もすることと騙された時に黙っていないタイプなので、
からかうのはそれなりの覚悟が必要。
後、そのキリッとした姿と実直な性格から周りからの評価や憧れは高め。

作中では基本シルヴィのお付きというイメージなので
一歩下がって主人公たちと絡む印象が強いかな?
とは言え、過剰に遠慮をしているわけではなく、
シルヴィと絡む場面でも横にいて会話等には普通に入ってきますし、
プライベートでも絡みは非常に多い。
あくまで常にシルヴィをたてるのを忘れない……というレベルかな?

ただ如何せん設定的にはシルヴィや理亜達の話の渦中には入れないのと、
真面目ゆえに立場やしがらみからは抜け出せない面倒くささがあるので、
ヒロインとしての魅力は劣るかな~という感じ。



僧間 理亜


特別を大事にする根暗ヤンキー

喫煙&サボり上等、停学くらうのは当たり前、口は悪く人当たりも良くないヤンキー少女。
ノーブル学園には似つかわしくないキャラですが、それを補う一芸が……なキャラです。
プレイする前は単純に捻くれ系で、根は素直なんだけど……的なキャラかと思っていたんですが、
実はその一つ一つに意味があるキャラ。本作における設定の塊的なキャラ。
髪を金髪にしている理由、タバコを吸う理由、サボる理由、金色にやたら固執する理由etc...
とその全てにちゃんと意味があります。
他キャラと違ってキャラづけのためにそうなっているのではなく、
シナリオの設定上そうなっているので、お前ずば抜けて優遇されているなというのがわかります。

キャラ性的には上記諸々が積み重なりヤンキー少女というレッテルが張られており、
彼女自身それを否定せず、むしろ受け入れているので周りからは忌避されがち。
がしかし、まとわりつかれるのは嫌いだがなんだかんだ根はいいヤツで、
幼少期から中のよい一部メンバーには他とは一線を画する態度を見せてくれます。
気心知れたメンツには気を許すというかそんな感じ。割とツンデレ態度。

個人的にはルート入るまでは好きなキャラなんですが、ルート入るとうーむという感じ。
だだ甘えになるのと彼女の設定がボロッボロッ明らかになるので……端的にいうと重い。
共有or他ルートでのざっくばらんな関係が好きだったんですけどねーというところかな。





CG&立ち絵

CG面に関しては特筆するほど良いところはないですが、逆に悪いとこもなし。
いわゆる可もなく不可もなくっといったところですね~枚数的にもクオリティ的にも
ちなみにHCG比率はちゃんとは数えてないけど4~5割程度といったところかな?





音楽&映像

OP曲がいいね!

ってところが一番印象としては強いかな?ノリの良さが大変良さげ。
まぁ、百聞は一見にしかずってことでOP見てくださいなっと。





その他

特になし



まとめ


学園ものとしては大層良いでき


ってところですね~
シナリオ面でだいたい言いたいことは言ったとおり、
シナリオを過剰評価しませんが、学園モノとしては大変良いできだったと思います。
オススメの学園ものは?っと聞かれた普通にオススメできるレベルっぷりですね。


別窓 | ゲームレビュー 企業 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

コミケC94お疲れ様でした! | 黒兎月ですよっと | Collabo★LOVE×Live2018 ~YuiSakakibara&Minami~
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 黒兎月ですよっと |