FC2ブログ
黒兎月ですよっと
 
アンバークォーツ レビュー

2009-08-08 Sat 03:33Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
はい!アンバークォーツ終わりました!
ってわけでサクッと感想書いてみましょう。



ゲーム概要

メーカー:コットンソフト
ジャンル:夕暮れ学園ADV
公式ページ:http://cotton-soft.com/gameproducts/04_amber/


かつて仲の良かった6人の幼なじみ達がいた。

彼らは互いに友情を誓い合い、
固い絆で結ばれていた…筈だった。

いつしかその交流は途絶え、やがて疎遠になってしまう。

それから7年の月日が経ち、
昔を思い出すこともなくなった頃…

主人公は自分を慕ってくれる後輩や、
クラスメートの友人達と平穏な学園生活を送っていた。

そんな主人公の前に、
かつての幼なじみ達が再び姿を現した時―――
忘れかけていた思い出がめぐり、また、物語の幕が上がる。
(公式ページより引用)



シナリオ

幼なじみ達との再会により、よみがえる気持ち。
新たな出会いにより、芽生える想い。
そんな交流を中心とした、学園系感動もの!



…………



…………



では、ない!



いやー発売前は学園物系だと思ってたんで、夕暮れのビジュアルは良いけど話的にはそそられないなーとか思ってたんですが、発売後しばらくして某サイトでみた一言の紹介



夕暮れ学園ADV(笑)



全てはここから始まった。もといこのゲームに再び興味を持つことになった。
いや~いい意味で期待を裏切ってくれた作品と言わざるをえない。

まぁ、ぶっちゃけたところ異能バトル物ですよ!
街に現れた「異神」という存在と、異能をもつ「異人」である幼なじみ達が協力し、想いを確かめていく物語って言ったところ。


ルートごとの話はといいますと、ルートごとに倒すべき相手が異なっていたりと、話のダブリは少なく常に刺激があったのは良いですね。

ただ、シナリオのすべては、なゆたルートのためにあると言っても過言ではない。

よって、各シナリオで謎が序々に解き明かされていき、その話はなゆたルートで収束すると言った感じなのですが、正確にはなゆたルートは途中話をはぶいているので、そこは他のキャラのルートだと思ってねって感じ。

そんなわけで悪くはないのですが、これはなゆたルートで一本にまとめるぐらいの気持ちで話を製作したほうがもっとよかったように思えます。

あとは、絶対的にみるとシナリオの分量は少ないです。
ただ、助長になるくらいなら長くないほうがいいと思ってる自分としては短いけどいいかなっと思いました。


お勧めは当然なゆたルート!
後、智ルートの最後はぞくっときました!



キャラ

ルートのメインはなゆた!
よってキャラのメインもなゆた!

ってわけで、主人に一目ぼれ、ぞっこんラブなゆたはかわいい!

そんなわけで、ヒロイン組みならなゆたがベストですね~百聞は一見にしかずってわけでやればわかる思いますよ。
明るく無邪気な子犬系女の子は偉大だ!………と。



ただ、エロゲとしてヒロイン達が主人ラブなのは当然としても、それだけに留まらず野郎どももなかなかに主人公ラブです。

そんなわけで、他には恭平、春男がなかなかにいい味を出してくれます。まぁ、春男のほうは智ルート限定っと言ったところですがね。



後は主人公ファミリーズもいいです。
妹を失ったことにより、歯車が狂い始めた家族。

沈む母、仕事に逃げる父、コトに妹の影を重ねる主人公。

そんな人達が抱える弱さと強さ、家族に抱く思いと願い。
キャラ描写は、結構グッとくるものがありましたね。



その他

イベントCG、ようは絵もクオリティが良いね。
夕暮れADVっていってるだけあって黄昏時なCGが多いのが特徴的といえば特徴的かな?ここで夕暮れADVっぷりをアピールしてくれてますw

またOPのムービーはかなりひきこまれるものがあります。
バトルものだろって点はおいといたとしても、ムービーだけで「絆」を感じさせる内容だったのはポイント高いですね。



まとめ

当たり前といえば当たり前なのですが、好きな話の方向性かどうか?これがこの物語を楽しめるかどうかで一番大切な点かと。

要約すると学園物を期待したら負け、バトルもの好きなら勝ちってところですかね?

何にせよトリッキーな学園物と見せかけておいて、実はそうじゃないと意外な展開を見せてくれたこの作品、まぁ発売までの経緯を思い出してみると故意に情報出さなかったと思うのですが、たまにこういう展開もおもしろいかな。個人的には好きなほうに変わってくれたし。


内容に関しては「絆」

それは、友に対する思い、家族に対する思い、恋人対する思いと、生きる上で希望になったり重荷になったりもするものです。

そんな表現、描写を味わってのこの作品。
内容的には味わい深い作品だったと感じたので結構お勧めのゲームですよっと。

アンバークォーツ 初回版アンバークォーツ 初回版
(2009/01/23)
Windows

商品詳細を見る
別窓 | ゲームレビュー 企業 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

お盆……っと言えば!! | 黒兎月ですよっと | 開店前の準備
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 黒兎月ですよっと |