FC2ブログ
黒兎月ですよっと
 
あまたらすリドルスター レビュー

2019-05-03 Fri 22:06Σヽ(゚∀゚;)トウコウ


概要

タイトル:あまたらすリドルスター
メーカー:seal-QUALIA
公式ページ:http://seal-qualia.com/product/q-001/index.html

190503_01.jpg

ジャンル:不思議で奇妙な星物語ADV
シナリオ:六月の玉子、遊真一希、保桜
原画:2-G、あにぃ、Syroh
SD原画:あまからするめ
音楽:Soundot

歌:2曲
 ミラクル☆デイズ(カサンドラ)
 星の絆(カサンドラ)
CG:94枚(差分除く)
BGM:12曲
Hシーン:54シーン
プレイ時間:6時間(愛ルートのみ)

さぁ、謎と不思議を探しに町へ飛び出そう!

主人公、童本隆也は退屈だった。
幼馴染の結愛から誘われた、夜のピクニック。
そんな奇妙な誘いに乗ってしまうほど、とにかく彼は毎日に退屈していた。

星空が大好きな幼馴染と、星空しか取り得のないこの町の、
星を見る事しか出来ない展望台へのピクニック。
そんな誘いに乗るのだから、隆也もよほどの星好きかと思えるだろうが、
そんな事は無い。
隆也は星が嫌いだった。
にも関わらずこの誘いに乗った訳は、ただただ純粋に、
物凄く退屈だったからである。

星空を見ていると空に一筋の流れ星が流れ、
何か楽しい事がありますようにと慌ててお願いする結愛。
消える前に3回願い事が言えたと喜ぶが、流れ星はそのまま町の方に落ちていき、
隆也達の通う学園の当たりに落下…――

流れ星が町に落ちてから、様々な場所で「不思議な出来事」が
起こっている事に気付いた二人は、様変わりした町へと探検にいくことになったのだが……
俺たちの目に飛び込んできたのは
変わり果てた校舎の姿だった…

公式ページストーリーより引用


シナリオ

軽めの学園もの

ありきたりの感想ですがこの感想ですね~
公式のストーリー紹介を読むとちょっと不思議系なノリが伺えますが、
実際に蓋を開けてみるとごくごく普通の学園ものだな~というレベルでした。
確かに学校がまか不思議な状態になっていたり、
謎の生物がいたりなどあるにはあるんですが、
話の流れ的には体育祭や学園祭やったりだし、話はほぼ学園&街中まで、
恋仲になってからの問題一山からのハッピーエンドと
ごくごくよ~くある学園ものの展開でした。

また、話の比重としてもコミカル、真面目、イチャラブなど
どれかに過度に傾向が偏ることもなかったし、
良くも悪く突出したものがなかった印象。
というわけで、キャラ周りで気に入ればプレイするのがよいかなー的な作品でした。




キャラクター


有栖 結愛


人懐っこい癒し系

主人公の幼馴染の少女。
性格はおっとり系で、人の和を大切にするタイプ。
どことなく子犬系で主人公を始め、親しいひとには積極的に絡むし会話も弾みます。
ただし、マイペースというか子供っぽいところがややたまに傷といったところ。
いや、逆にそれチャームポイントかもしれませんがw
何にしても遠野そよぎさんの柔らかボイスとの親和性がめっちゃ高いので、
まったり癒やされるのが吉。



ココロ ユーディット


不器用少女

流星群の落下後に現れた(?)王女様。
ちんまい体にやや尊大な態度、ただし内心小動物系なメンタル。
身分or立場にあった振る舞いを心掛けようと普段はわりとしっかりしているが、
育ちのせいか世間知らずなのと、素の性格がうっかり気質なので空回りするのが常。
作中ではそんな彼女をみんな理解していることもありマスコットキャラ的な立ち位置。
なので、あたたか~く見守ってあげましょう。



雪白 みう


小動物系少女

ヒロイン勢の中で背が高い方で、運動神経もかなりいい方ですが、
非常に人見知りで臆病な症状。
何かと怯え気味、自信なさげなのが特徴的。
だけど寂しのには耐えられないそんなわかりやすいタイプ。
趣味は読書とか落ち着いたものが多いので、
ゆったりな空気感がすきなキャラ好きな人向け。



八多 真鳥


小悪魔少女

主人公の後輩だけど、性的方向で主人公を誘惑したり、
かる~いいたずらで周囲をちゃかしたりと、小悪魔的な立ち振舞が目立つ少女。
当然悪ノリが好きな面もあり。
作中受けにまわるシーンもあまりなかったし、終始イケイケな感じだったので、
グイグイくる女の子が好きな人にはいいのかなーと思います。




自由気ままな不思議系

神出鬼没で自分のペースを崩さないオッドアイの少女。
しょっちゅう高いところにいたり、身のこなしも軽く、縁側で寝ていたりと
自由気ままな立ち振舞いが目立ちます。
一方、主人公にはやたら気軽なノリで絡んでくるし、
どことなく弟と接するようなお姉さん気質を見せたりと謎めいてます。
実際のところの正体は……まぁ、割とわかりやすいと思いますw
なかなか、気まぐれ気質な性格が良かったかと思います。





CG&立ち絵

通常CGとHCGの比率は4:6ぐらいですかね?
思ったよりは通常CG多かったかな~という印象です。
シナリオ量からするとCGは多い気がしますが、
Hシーンと終盤あたりに固まっているので作中では見るタイミングは偏りがちかな?




音楽&映像

一方、音楽面……特にBGMはかなり少なめ。
後、あまり耳に残る感じもあまりなかったので、音楽面はやや残念っといったところですかね。
ボーカル曲&OPムービーとかはよくあるレベルでした。



その他

アニメーションあり

最近はあまり見なくなった感じありますが、
一昔前ということもあり、アニメーションありの本作。
まぁ、エロシーンで全部ではないですがぬるぬる動くあれです。
個人的には嫌いじゃないのでありだと思います。



まとめ

エロややプッシュの軽い学園モノ。

シナリオだいぶ軽めですが、
アニメーションやらCGとかを考えるとエロ色強めといったところ。
話はサクサクいけるので、軽いやつをやりたいなという時にどぞ。

別窓 | ゲームレビュー 企業 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

THE MAKAI Act1 ~Sea of Princess~ | 黒兎月ですよっと | ”Hello, world.” レビュー
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 黒兎月ですよっと |