FC2ブログ
黒兎月ですよっと
 
N.E.D.E レビュー

2010-06-20 Sun 10:42Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
iPhoneとかにも手を出してるおもしろいサークルってことで気になってたTeam Eye mask。
前のコミケで買ったけどプレーしてなかったのでサクッとプレーしましたよっと。



概要

タイトル:N.E.D.E
サークル:Team Eye mask
ジャンル:Win/iPhone Hybrid Mini-novel Series 3
公式ページ:http://www.team-eye-mask.com/game/nede.php

nedebana.png

ルート:1(4章構成)
プレー時間:1~2時間
選択肢:なし

空を見上げれば、黄昏。
星を見つめれば、銀。
街を見下ろせばいつもと変わらない営み。

俺等の住むこの街では、今でも時代に流されない緩やかな時間が進んでいる。
都会というには殺風景で、田舎と言うには人が多い、ベッドタウンを絵に描いたような普通の街。

テレビやネットを通して伝わるどこかの国の戦争や、政治家同士のいがみ合いも、
この場所には関係のない世界の出来事のように、今そこにある日常だけがここの全てだった。

あの日、【ロボット】が現れるまでは。


公式ページ Storyより引用



シナリオ

俺たちの戦いはこれからだ!


的な感じで終わる。
まぁ、要は大作の序章的なところまで終わりって感じなんですよ。

これは悪く言ってしまえば中途半端って言うこともできますが、
よく言えば大作の序章のように、この世界観に引き込まれるものがあるってことです。

ちなみに、この構成というか作りは、製作者は意図して作ったそうです。
公式ページのオマケテキストを読むとそこらへんについて書かれています。


描写的には、登場人物の4人が世界の「ホロビ」に直面した時に思うこと!って感じかな。
各章で一人一人の視点にそって物語が語られます。

しかし、各章での状況やら関係がちょいと違ったおり、いわゆるパラレルもの。
作者の言葉をかりるなら、それぞれの可能性世界ってやつらしい。


上記を踏まえ改めて感想を書くならば、

すっげ~もやもや感は残るけど、なんかありっちゃあり!

って感じ。なんつーか、微妙な表現な感想だがw


確かに物語としては完結しませんのでその意味では評価しずらいですが、
個人的にはこういうある種の「ねらい」みたいなのがある作品は好き。

作品単体で楽しむより作者の思いも含め楽しむべき作品って感じ。
そんなわけで、プレー後に公式ページのオマケテキストなるもの読むと幸せになれるかも。

逆を言えば、物語性にはあまり期待はできませんっと。



キャラ

主要人物は八尋、智一、響希、ひかりの4人。

シナリオ量自体が短いのでキャラの奥深くまで見るのは難しいかな~っと思った。
上でも書いたけど序章みたいなとこで終わるんで、のめりこむほどの共感を得れませんしね。

そんなわけで可もなく不可もなくってところにしときましょう。

後、登場人物というのはなんですが、ただ存在するだけのロボ。これはなかなかいい。
各登場人物にとって元凶とも希望ともとれる存在にして、可能性を具現化した存在。

正確にはこいつがいいというより、こいつを焦点を当てて心情を吐露する登場人物がいい感じ。



その他

全体的な雰囲気がいい。

ってところを評価したいな。

まず、歌が何気に2曲も入ってる!しかも結構いい曲な気がするし、作中でもいいとこで流れます。
また、BGMも少ないながらよく物語りの雰囲気に合ってます。
そして、背景とかもいい味を出してます。

これらが世界観とも交じり合っていい感じってわけですよ。
これについてプレーして体験していただければっと思うしだい。


後、特筆するのは本作iPadやiPhone用のEditionも公開されていること。しかも無料。
こういうチャレンジ精神あるサークルってのは、マジ好印象だわ。



まとめ

物語自体を楽しむには難があるけど、雰囲気がいい味を出してる。
言うならば、物語を楽しむのではなく作品を楽しもうってのが本作。

後、プレー後には公式ページのオマケテキスト読むを推奨。
これも含めての作品だと思う。
別窓 | ゲームレビュー 同人 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

Happy☆LOVE×ライブ2010!! | 黒兎月ですよっと | うたてめぐり レビュー
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 黒兎月ですよっと |