FC2ブログ
黒兎月ですよっと
 
銀ノ鏡界Ⅰ レビュー

2010-08-21 Sat 00:32Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
待望のibisの新作!
首をなが~~くして待っていたので期待度大!!
ではでは、感想を書いてみますよっと。



概要

タイトル:銀ノ鏡界Ⅰ
サークル:ibis
ジャンル:オリジナルビジュアルノベル
公式ページ:http://www.afz.jp/~ibis/html/products/gin01.htm

gin00__.jpg


プレー時間:11時間

「――今回のことで、一つだけ。由羅に、あの傷をつけたのは誰だ?」

最遠寺要が京都に移り住み、私立録洋台高校に転入してから約半年。
ある日クラスメイトより、とある相談を持ちかけられる。

『……もしかして、最近学校で噂になっている幽霊騒ぎのことですか?』
校内でここ一ヶ月ほど大きな噂になっていた、幽霊騒ぎ。
その解決を頼まれた要は、由羅と共に調査を始めることになる。

『きりゅうゆら、です。由羅って呼んで下さい』
調査というよりは社会勉強として、わざわざ留学生を装い、
録洋台に潜入する由羅。一方でため息をつく要。

『……あまり派手に動き回らないで下さいな。フォローするわたくしが、とてもつかれます』
要の学校生活に、妙などたばたが増えた矢先に、事は起こる。
深夜の学校に、現れる何か。

『では――ようこそ。虚ろな世界へ』


パッケージ裏より引用
※以下ネタバレ注意



シナリオ

期待を裏切らないibisクオリティ!!

いや~毎度ながらいい作品を出してくれました。
自分は、ガチでサークルibisの作品は好きなので本作を首をなが~~~く
待っていたわけですが、見事に期待に答えてくれた感じです。

相変わらずな独特な設定観を持ちつつ、
今作は今までの作品である『終ノ刻印』、『悠遠ノ絲』のキャラたちも勢ぞろいし、
シナリオ&イラストを作っている、たれたれをさんの世界観をより深める内容になっていると思います。

ただ、逆を言えば今までのキャラや設定が頭に入っていないとちんぷんかんぷんで、
ibisの作品初めてやるぜ!って人にはお勧めできないかと……
もちろん、ibisの作品や世界観が好きって人は気に入ること間違いないと思います!



さて、内容に突っ込んだ話ですがシナリオは大きく分けて2つ、
・要がメインで活躍し幽霊騒ぎから始まる序章ともいえる録洋台高校での話
・茜メインの九曜家を中心とした騒動で『銀ノ鏡界』の核へと発展していきそうな話

シナリオ量的1:2まではいかないかな~ぐらいな感じで後者が多め。

前者はある程度話がまとまっていますし、要もそこそこ活躍しますが、
如何せん彼女の周りには規格外なキャラが多いことや見栄えがそこまでしないこともあり、
今作で重要となってくるキャラたちの顔見せ的なニュアンスが強いように感じました。


一方後者は『銀ノ鏡界』としてエンジンがかかってきたぜ!って感じの内容。
そして、話は九曜家の騒動へと移行し、視点の中心は茜!
前作でヒロインありながらも強烈なキャラの登場で若干不遇な扱いであった彼女が輝きます!

姉である楓への想い、事件の中ちょっぴり素直になっていく姿、聖との戦闘など
愛おしさ、かわいさ、凛々しさなどあれやこれやと強化中って勢いです。


そんな感じで視点は要&茜中心なわけですが、物事は後半戦へ向けてドンドン加速中!
キーパーソンでありながら表にはまだ出ず今後の活躍が気になる夕貴、
今作で失敗をしたがこのまま終わるとは思えない鏡佳、
そして、最後にチラッと顔だけ見せる謎キャラっと

ん~~こいつはマジでⅡへの期待が高まる。

そう、序章だとか発展していきそうとか書きました、そもそもこの作品は、銀ノ鏡界『Ⅰ』
つまり、これで終わりではない!

そんなわけで今作だけでもよい盛り上がりを見せていることはもちろん、
次作にしてこの一連のシリーズの最終作になるであろうⅡへの期待が高まったこと
などから内容に関しては良いと言うしかない!

あ~次というかⅡの発売はいつになりますかね
o(≧∇≦)o ウズウズ



キャラ

新キャラ複数人いますが、注目どころは聖、鏡佳、夕貴の生徒会3人組みで間違いないでしょう。


聖は前、後半ともに物語的にも戦闘的にも華々しく出ていて活躍するのはもちろん、
夕貴への接しかたなどからなんか色々あるっぽい雰囲気を漂わせています。

鏡佳は発売前からどう見てもキーパーソンなオーラぷんぷんなのに
以外と作中では輝いていません。
……が、しかし!まだまだ謎は明らかになっていませんし、このまま終わるとも思えない。
そんなわけで次作品での期待が高まる一人

そして、裏方に徹していた夕貴。こいつは自身で目立ったことは全然していませんが、
立ち位置などから次作への期待が高まるキャラその2ですね。


そして新キャラ以外っというのであれば、シナリオでも書いたとおり茜嬢でしょう!
上でも書いたとおり精神的な面での描写、戦闘でのカッコよさなどホント今作では優遇されていますね。
なんだかんだで『悠遠ノ絲』からずっと出ていますし外見的成長はもちろん内面的な成長など
いろいろと見所が多いです。まぁ、本質的には全然変わっていませんがw


また、シリーズと何度も書いていますように作中ではこれまでの作品から
数年の年月がたっているわけで、ことによっては大きく、ことによっては小さく変化があるわけです。
そんなわけで、そこらへん意識してキャラの描写具合と見ると面白い。

これも含めて茜がいい味を出していますからね。



その他

やっぱ特筆すべきはibis初のボーカル曲&OPムービーでしょう!
いや~最初に見たときはビックリしましたよ!

今までの流れからこういったものが入るとはまったく予想していませんでしたし、
ムービーの制作は:神月社さんのところでされていることもありクオリティーがかなり高いです。

ボーカル曲も予想以上に世界観にあっており、ムービーのできと相まって素晴らしいの一言!
こちらは公式ページのほうで公開されていますのでぜひともDLしてみてください。


そしてそして、こっちは自分的にはマジ歓喜なのですが

設定資料集の再販をするそうです!!

イエ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━イ!!


ソースはこの作品のあとがきですから、まず間違いでしょう。
しかも加筆修正等するので大幅に量が増えるそうな。
ってかそれてもはや再販のレベルではないのではないか?

まぁ、して頂けるのであれば一ファンとしてはうれしい限りです。
こちらも楽しみにさせて頂きますね!



まとめ

最終作への扉は開かれた!!

ibisさんのゲームをやっていないと楽しさ半減ですが、やっていれば楽しさ倍増!
そんなわけでibisの作品をプレーしたことない人は前作&前々作を、
やったことあるひとはすぐに銀ノ鏡界Ⅰを!
伝奇系的なものが好きな人は間違いなく気に入ると思うので、是非プレーしてみてください。

別窓 | ゲームレビュー 同人 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

ゆめ★うき レビュー | 黒兎月ですよっと | MAXIMIZER〜Decade of Evolution〜 日本武道館公演
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 黒兎月ですよっと |