FC2ブログ
黒兎月ですよっと
 
Re:birth colony -Lost azurite- レビュー

2012-11-08 Thu 20:14Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
あかべぇ系列のあっぷりけらの新作Re:birth colony。
あかべぇFCとして、そしてSF要素好きってこともありこれはプレイですな!
ってわけで感想かきますよー



概要

タイトル:Re:birth colony -Lost azurite-
メーカー:あっぷりけ
公式ページ:http://www.applique-soft.com/rebirth/index.html

121108_01.jpg


ジャンル:少年少女の青色を巡るADV
シナリオ:森崎亮人
原画:浅海朝美
音楽:miyaji

歌:4曲(BOG霜月はるか、桔梗瑠璃(海原エレナ)、BOG真理絵×2)
CG:101枚(差分除く、SD含む)
BGM:30曲
Hシーン数:18

プレイ時間:27時間


「この閉じた場所ではなく、世界の全てに行きたい」

500年ほど過去、地球に5つの隕石が近づき、
五大流星雨(5thスターレイン)と呼ばれる大災害が発生し、辛い冬の次代が訪れた。
人類は地下や改定、または地表に造られたアーコロジーと呼ばれる建造物へと移住し、
地球の環境が再生する日を待ち続けていた。
――外は人の住めぬ不毛の地。
平和な箱庭であるアーコロジーに住む人々は、外への興味を失っていき、
いつか変える場所という意識を徐々になくし
その自分の住む世界のみを見るようになっていった。

舞台はアーコロジー「アクアリウス」
かつて国際中立研究機関として建造された人工島は、
人々を収容するアーコロジーとして姿を変え、
そして500年の年月を経て全く違う形へと変貌していた。
中央と外周。富を持つ者と貧しい者。多くの意味で二極化した社会がそこにはあった。

そこに住む青年、竜胆蒼司は貧しい者の住む外周区で生まれ育った孤児であった。
彼はその孤児院で恩師である青色をした女性と出会った。彼女は博識で
蒼司に多くの事を教えてくれたが、しかし彼女は蒼司とその姉を救い姿を消してしまった。

その女性を救えなかった蒼司は、それから力を求めるようになる。
弱い子供の自分が許せず、この街で通用する力を。

力を求め続ける蒼司は、それが正しいと信じて居た。

そんな蒼司の前に、消えてしまった彼女そっくりの少女が現れる。
――アズライト。
10年近く前に消えたままの姿、そして同じ名前の少女が。

貴族と犯罪結社、中央と外周、過去と現在。
二重構造の箱庭の中で力を求める少年に訪れた出会い。
この日を境に、歪みを抱えたアクアリウスは終わりを始めていく――。


公式ページOUTLINEより引用


シナリオ

悪くはないが良くもない


ってのが正直な感想かな~
プレイ前は世界観とかOUTLINEをサラッと読んだ感じ、
これは結構期待してもいいんじゃね?
とか思っていたわけなんですが、蓋を開けてみればなんというか、


(´・ω・`)ウーム……


とまぁ、なんとも微妙なラインで困りますw

すっごいざっくり言うと、方向性としては悪くなんだけど、
話のスケールの小ささゆえに色んなところで頭打ち感がありましたね。
後は描写面を良くすればもっと映えそうなのに惜しいな~と思う面が多々。

ルート的に語るのであればアズライト&セルリアは良い感じで、
瑠璃とノイエがちょっと微妙かな~って感じ。


ルートもあわせて自分なりに考えるに、
舞台のポイントでもある2重構造の社会、
根幹である青い少女回りのエピソードはブラッシュアップされていて良いんだけど、
それを補うための要素面でややパンチ不足といいますか……

特に思ったのはこの世界の技術面についてかな?
SF的な要素を重くしないためなのかもしれませんがどうも軽い。
おかげで作中は細かいことは気にすんな!ノリだ!って感じでどうものめりこめない……
後、ノイエが外の技術はすごいってことでパワーバランスを崩しすぎてて……ねぇ?
アズライトは……まぁ、しゃーない。あれはそういう設定だw

後は瑠璃の歌手としての要素。
方向性としてはよくあるし、理由付けとしてもわかる範囲なんですが、
どうも描写面が薄いせいかなんか取ってつけた感があります。
出生関係の話は悪くはないと思うんで、それに見合うだけの一面を魅せて欲しかったかな~


一方良かった面はセルリアと藍理が絡むこのアーコロジーの社会構造関係の話。
まぁ、端的に言うと身分の格差だとかそこらへんの話。
セルリアや藍理の性格が好みという事もありますが、
こっちは非常にまとまりが良かったと思います。

というのも、こっちには話の流れに無理がないのが最大の理由だと思います。
アズライトが見せる超常の力やステルングローブの高すぎる技術といったものはおまけで、
ここでメインになるのは、この狭い箱庭とも呼べる世界だからこそ生まれた出来事について。
つまり、この「アクアリウス」だからこそ成り立つ話で他の……そして外の要因はおまけ。
そんなわけで話がしっかりと完結できるテーマになっており、話に過不足が無い感じでGood!


そして最後にやっぱ気になったのはちょ~と登場人物が少ないかなってこと。
テーマや方向性は悪くないと思うんだけど、この手の方向性でおもしろい!と
感じさせるためには如何せんキャラがたりんでしょう。
特に個人的に敵となる面々の小物感が……

まぁ、シナリオに関してはこんなところで。




キャラクター

ヒロイン的には


セルリア>>>アズライト>>>>>瑠璃>>ノイエ


って気分かな?うん。
サブキャラも入れていいならセルリアとアズライトの間くらいにシアンを入れたい。
つまりセルリア&シアンのセットが好きってことです。

個人的にこういうお嬢様とか身分高いキャラなんだけど、
型にはまらず自分の意思で突き進むようなキャラが好きですからね~。
そしてところどころお茶目なところがあるとなお良し!

一方、上記のような立場のキャラを黙々と支えつつ、
深い思いと譲れない一線を持っているようなキャラも良い。
ほどよくセルリアを躾けているのも良いしね!

ってわけで今作ではセルリア&シアン押しですね。



アズライトはギリ許容かな~ぐらい。
小動物的な面はいいんだけど、
全体的に芯がない感じがなんとも微妙……
これは記憶喪失って設定上しかたないんだけど、
そらならそれなりにわずかに覚えている面は頑なに譲らないとか
そういった我が強い面も欲しかったかなって思いますね。
なんせ筆頭ヒロインなわけですし、キャラをもっと立てて欲しかった。



他二人は……うん、まぁいいやw
後はサブキャラ的には他にそそられるのはいなかったかな~

主人公の思考プロセスは嫌いじゃないけど、多々甘さがでるのが……
現実主義者の面をプッシュするならば
もうちょいやりきったほうが良かったかな?

あっ、強いていうなら義父にあたるケーラムさんは嫌いじゃなかったw



CG&立ち絵

原画は浅海朝美さん。
僕がプレイしたゲーム的にはアルテミスブルー以来かな?

個人的感想としてはアルテミスブルーの時と比べると
いいな~思うCGがやたら少なかった気がする。
( ̄д ̄)ウ~ム
なんででしょう?

ちなみに枚数はSDいれて100枚ぐらいでちょい少なめかな~
そういういみではもうちょい枚数も欲しかったですね。



音楽&映像

音楽は妥当に良かったですね。
種類もかなり網羅されており日常のやつからシリアスな方面。
そしてちょっと間が抜けた感じのものやアズライトの3分間ハッキングみたいな
つかみが良い物まで多種多様。
個人的には特に日常系の音楽がよかったかなと思いますね。

後は個人的に外せないOP`ムービーかな?
毎度言っているきがしますけどムービー好きとしては
やっぱ重要視してしまうんですよね~

SFちっくな描写と言いますか、作風を意識したムービーがGood!
後は良いタイミングで入ってくる色々なワードにかなり惹き込む魅力があります。
そんなわけでOPは結構好きです。





その他


アズライトの3分間ハッキング!


この世界のちょいとした設定やら小ネタやらを面白おかしく紹介するコーナー!
ネタ的な意味でも、ちょい設定を補足する意味でも良いコーナーだと思いますね。
後はこれを最後まで進めると……

まぁ、どうでもいいような、でも知ったら嬉しいような要素もありました。
何につけても最後までやってみましょー



まとめ


やや力不足!


ですね。正直なところ。

シナリオのとこでも言っていますが方向性は悪くなかったので、
話のスケールと描写面でもうちょい頑張って欲しかったかなってところです。

Re:birth colony -Lost azurite-Re:birth colony -Lost azurite-
(2012/09/28)
Windows

商品詳細を見る



別窓 | ゲームレビュー 企業 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

HappyBirthday銀子さん! | 黒兎月ですよっと | ファンタズマゴリア 特殊レギュレーションスイスドロー戦(2012/11/4)
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 黒兎月ですよっと |