FC2ブログ
黒兎月ですよっと
 
静寂に電気鋸 レビュー

2013-04-03 Wed 20:46Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
最近同人ゲー消化してないしそろそろ手をつけますかねっと。
……というわけで今回はこいつ「静寂に電気鋸」をプレイ!



概要

タイトル:静寂に電気鋸
サークル:チェーン荘
公式ページ:http://chain-sou.com/dennoko/index.php

130403_01.jpg


ジャンル:ノンストップマーダーサイコサスペンスADV
プレイ時間:3時間


―いつも見てた光景が、レンズ越しに砕け散る―

空に2つの月が浮かぶ『科戸島(しなとじま)』。
この島に住む者達は、各々が月の恩恵と言われる『特殊能力』を宿す。
しかし、能力を使うには『代償』として自らの大切なものを犠牲とするため、
それの仕様を避けることが、島民達の間では当然とされている。

主人公・“関根コウ”は天体観測を趣味とする高校2年生。
幼馴染の“岩神いずも”達に囲まれ、ごく当たり前の日々を過ごしていた。

無邪気に過ごした幼少期。
出来心で使っただけの『能力』が引き起こす様々な現象と、その『代償』。
そこから始まっていた全ての連鎖が、コウ達の運命を大きく変えていく。

公式ページ物語より引用


ストーリー



何につけても短い!!



ですね~
概要のストーリー見てもらえればわかると思うのですが、
本作は端的に言って異能力者のバトルものって感じでしょうか。
個人的にはこういった作品……もといバトル要素ありな作品がスキな僕としては、
つかみとしてはGood!

しかし、蓋を開けてみると内容云々よりもまずは短いのが気になるかな~
全体的に設定だとか、各キャラ描写をサラッと撫でただけで終わりイメージが強い。
それに話がトントン拍子で進むので共感もしづらいし、
う~む……って感じですかね。

ちなみにストーリーはBad&Trueって感じで、
BADはザクザク進む感がなかなか半端ないです。
Trueのほうは収まるべくして収まったって感じで無難でしたね。



キャラクター

総勢10人以上のキャラ!
ストーリーの量から言うとかなり多めな感じですが、
その分掘り下げはだいぶ甘いかな~という感じ。
とりま、ここではサクサクっとメインどこについて書いてみましょう。


関根コウ

良くも悪くも無難な少年。
主人公っていうほど見せ場はないし、もった能力とか信念とかもそこまでパッとしないかな~
ただし、天体観測方面にはなかなか博識。
後は話の流れ的にもうちょいなんかあるかな?って思ったけど思った以上になんもなかったw



岩神いずも

容姿端麗、成績優秀、運動神経抜群、明るく世話焼きと幼馴染属性完備。
物語のなかではちゃっかり主人公の世話をやきつつ、
猪突猛進的に色々活躍、謎の少女と関係性もあったりと抑えるとこは押さえている感じ。
たぶん全キャラ中で一番そつがないですね。ええ。



雨宮唯

おしとやかだが車椅子に乗り、どこか影のある部分を見せる少女。
まぁ、今作のキーパーソン……もとい問題の元凶。
もっと端的かつ悪くいうと面倒くさい女。
だがしかし、彼女がいないと話始まらないし、こういった人間は必要ですな。
個人的には背景からくる表面的な性格と本性の落差をもうちょいうまく演出してほしかった。



謎の少女

本作の不思議っ娘担当。
登場しょっぱなから主人公になつき、意味深の行動や発現をしたりetc…
そんなこんなで話の渦中に立ちそうな人なんですが、
実際蓋を開けてみると終始振り回されているな~っという感じ。
こういったキャラはもっと話しの根幹とか導き手になってほしかったかな。




その他



ボイズありの主題歌あり!



こっち方面はすっげ~充実しております。
ってかおそらくこのゲームの値段が高い理由のほとんどってここですよね……

メインどこで植田佳奈さん、佐藤利奈さんあたり使っていますし、
主題歌はみんなお馴染み片霧烈火さんときたもんです。
うむ、豪勢っすな!
そしてOPムービーもあり!

とりま声優に関しては公式サイトのキャラクターをご参照ください。
ここでは公開されているムービーのリンクを貼っておきますね。





まとめ


ストーリーは微妙だがその他は色々こっている!


うん。素直に感想いうとこんな感じかな。


別窓 | ゲームレビュー 同人 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

JOKER-死線の果ての道化師- レビュー | 黒兎月ですよっと | 2013年3月末のゲーム+α
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 黒兎月ですよっと |