FC2ブログ
黒兎月ですよっと
 
プリズム◇リコレクション! レビュー

2013-05-11 Sat 08:20Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
学園もので久々にテンション上って購入した作品プリコレ!
発売から少々たってしまいましたがレビューいってみよー


概要

タイトル:プリズム◇リコレクション!
メーカー:クロシェット
公式ページ:http://clochette-soft.jp/pricolle/index.html

130511_01.jpg

ジャンル:アドベンチャー
シナリオ:秋史恭、姫ノ木あく、J・さいろー
原画:しんたろー
音楽:森まもる(AngelNote)

歌:3曲
 プリズミック(AiRI)
 光の標(AiRI)
 カレイドスコープ(相良心)
CG:80+16(差分除く。+はその他のエピソード間に表示されるCG)
BGM:36曲(inst曲含む)
Hシーン:28シーン
プレイ時間:38時間


時は西暦2040年、かつて創作物の中で描かれた未来ほど劇的な変化はないが、
世界は順当に科学技術を発達させていた。
旧世紀の日本の姿をいまだ周辺に残しつつ、
都市中心部は新時代を迎えつつある――そんな地方都市《図南》が舞台となる。

ひとり暮らしをする昌信のもとに届いた一通のメール。
送信者は数年離れて暮らしていた母で、
瀬戸内海の地方都市・図南市に引っ越しをするよう指示するものだった。

九条ヶ丘学園への転入をすませた昌信は、友人関係を築いていく中で、
《連城紗耶香》が部長を務める《☆☆☆部》(ほしみっつぶ)へ加わる。
☆☆☆部は観光案内サークルである。
そんな特殊な活動内容だが、正式な学園の部活として認められており、
学内学外における認知度・貢献度ともに高いという。
だが、九条和泉、《初咲雛乃》といった構成部員の内実を知るにつけ、
昌信の☆☆☆部の印象は『変人集団』として確立していく。

そんな経緯もあり、昌信から心のオアシスとして認知されたクラスメイトの
《アイナ・アシュウィン》も、妹のこのかも、変人集団☆☆☆部の仲間に加わっていく。
昌信もまた人のことは言えない『変人の片鱗』を磨きだされていってしまう。


公式ページ物語より引用


シナリオ


王道イチャラブとしては最高峰!


じゃなかろうか?
個性豊か……もとい豊かすぎる面々とちょっと変わった部活を通しての学園生活。
観光案内武として東奔西走したり、みんなでプールに行ったり、
ラッキースケベなことがあったり……
そして時に山あり谷あり、各ヒロインの抱える問題に首をつっこんだり、
最後は結構大事になったりとドタバタしっぱなしです。

全体的な大筋としては王道的な学園モノってノリですが、
結構色々なところにパンチが聞いているのが本作の持ち味かと思います。

まずは何につけてもヒロイン勢がポイントの高いこと高いこと。
各ヒロインの魅力についてはキャラクターのところで詳細に書きますが、
キャラの住み分けに留まらず、各キャラが個性過ぎてちゃんと個として成立しているのが良い。

そしてこの手の作品にしてはルート入ってからの一山がなかなかに重い。
わかりやすく言うと結構シリアス。
普段はバカっぽさ満点なのにその対比で結構緩急が効いていて良いですね。

後は町の設定とかも結構考えられている模様で
結構細部までちゃんとつくっているな~という感じも好印象。


そして後重要だとすればえっちぃシーンでしょうね。
なんつかーか……


( ´∀`)bグッ!


って感じ。
これについては多くは語るまい。
感じ取って悟ってくださいw


シナリオ面で難点があるとしたら、ちょい長いことですかね?
また、最後に立ち向かう問題に関しては見方が違うだけで大本の問題は
どのヒロインでも同じなんで、人によってはくどく感じるかも。

まぁ、いろいろ書いていますが結局のところ
シナリオの結論はこれ↓


ヒロイン気に入ればオールオッケー!!


うむ、間違いないw



キャラクター


個性豊かすぎるヒロイン勢!


そしておっぱいでかい!おっぱいでかい!


大事なことなので(ry
つるぺた好きはさようなら。
でっかいの好きはいらっしゃい!
ちゅうくらい好きは状況しだいでw

っと外見的特徴から入ってしまいましたが、
真面目な話ヒロイン勢はどの子も魅了的だと思いますよ~
ではでは、各ヒロイン+αについて感想書いてみよう。



久我山このか

行き過ぎなぐらいに兄さんラブな妹このか。
ってか……


ド変態!


ですね。もちろん褒め言葉的な方向で。
パッと見の物静かでおとなしそうな妹な印象に反し、
自分のルールは曲げず、こだわることにはとことん拘る。
ってか多分いろんな意味でブレーキが壊れています。

他人と友人との間で見せるギャップ、
兄が絡んだときの暴走っぷり、
雛乃に見せる愛情的な何かなどなどが魅力でしょう。
まぁ、一言で言うとエロゲの妹としては( ´∀`)bグッ!(もちろん色んな意味で)



初咲雛乃

負けず嫌いで真面目、そして未来のスーパーエンジニア。
属性的にはついつい苛めたくなる娘ってところでしょうw
押しや人情に弱く、ついついダメだと思いつつも流される様、
破天荒な☆☆☆部の面々に振り回される様が妙に似あっていますw

また、名前のせいかはいざ知らず、雛っぽい甘えん坊属性も完備!
つまるところルート入って彼女になったら……って感じですね、はい。
後忘れちゃいけない重度のチュパラー(チュッパチャッ○ス愛好家)。
拗ねた時とか、怒った時に咥えてシュンとなるところは妙にそそりますね。



アイナ・アシュウィン

好奇心旺盛で日本ラブな留学生。
興味を持ったものにはなんでも首を突っ込みたがり、
妙に日本慣れしているのが後押しして、このかと2人で☆☆☆部の突撃担当といったところ。
しかし、ややうたれ弱いところや意外と常識人という別の一面も。
そんなわけで基本このかや紗耶香のノリやムチャぶりに便乗するが、
意外と守るべき一線は守っている印象かな?

そして後はハイジ……もといヴェロニカとの関係が良い。
アイナはヴェロニカラブでかまってオーラを出しているのに、なかなかに相手にされず、
時に怒られたりし、ちょっと半泣きになっているとことかがかわいいね。



連城紗耶香

変人どもの集まり☆☆☆部の部長にして写真が趣味の女の子。
こんな部を作るだけあって、アクティブで活発な性格をしております。
ただ、雛乃や先生は振り回すのにアイナやこのかには振り回されたりと
なんか中間管理職的な苦労も漂ったりとw

そして忘れちゃいけないのは、巨乳揃いの本作で


最高のおっぱい!


なんつーか破壊力高しですね!
思わずもみしだ……あ、いえなんでもないですw

後、個人的には基本話し言葉が丁寧語なのがポイント高い。
なんつーか女の子には君づけとか、丁寧語で喋られたほうがグッとくるタイプなんですよ僕。



ヴェロニカ アーデルハイト 比叡=ハインツェル

アイナと同じくクーヴェルランドからやってきた留学生。愛称はハイジ。
まぁ、上で各メインヒロインに良いとこ色々ピックアップして語ってますが、


ハイジが一番かわいいと思います!!


ついでに言うと僕はハイジぐらいの慎ましやかな胸が好きですw。
そんなわけで僕的にはハイジさん猛プッシュです。

実はアイナのこと大好きなのに遠くから見守っている感じとか、
色々あって素直に慣れないとことか、ストレートに思いを伝えられるとすっげー照れたりとか、
そんなハイジさんが(・∀・)イイネ!!
後はシーン的には数少ないですが、
軍人として立ちまわる超絶に凛々しい姿もGood!

また、期待を裏切るように彼女のルートはないわけですが(クロシェットぽいが)、
そんなところが逆に浪漫を感じさせていいですよね!←共感してくる人求む



とまぁ、キャラクター的にはこんな感じ。
全体的にはきほん弄りたくなる(意地悪したくなる)女の子が多いかな~と思う。
なんで彼女たちの困惑する様や照れたりする様を愛でるのが吉。


CG&立ち絵


納得のクオリティー!!


ですね。
CG面のクオリティ面関しては文句ないかと思いますが、枚数はやや少なめですかね?
と入っても一枚一枚は塗りまでかなりキレイですし、
Hシーンのものとかは液体描写とかも良いのでかなりGood!
おかげでだいぶ滾……あ、いえ、なんでもないですw

ちなみに通常のCGとHシーンとの枚数比率は1:2ぐらいです。
シーン数が多めなわりには、比率として良い塩梅を保っている気がします。

後は立ち絵面もかなり良さげ。
メイン勢は表情やらポージングも豊かですし、
本来は絵がなかったであろうサブキャラにもちゃんと立ち絵が用意されているのもいますから。


音楽&映像

爽やか、そして元気でポップな主題歌!

オープニング曲はAiRIさんのプリズミック。
作風にも結構あっているしノリも良く、個人的には結構好みですね。
とりま、ここ関してはOPムービーとあわせて見て聞いてくださいな。




その他

キャラモードあり。

いわゆる立ち絵感傷的なモードです。
昨今ではそこまで珍しいものではないですが、
ヒロインたちを舐め回すように見たいという人にはオススメw
ちなみに3人まで同時鑑賞できますよ。


まとめ


そつがなく完成度の高いエロゲ!


ですね。
内容のテンポの良さ、キャラの可愛らしさ、絵のクオリティーなど色々含め、
キャラもの&学園ものとしてはかなりオススメの部類になりますぜ。


プリズム◇リコレクション!  初回限定版プリズム◇リコレクション! 初回限定版
(2013/02/22)
Windows

商品詳細を見る

別窓 | ゲームレビュー 企業 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

天色*アイルノーツ小冊子 | 黒兎月ですよっと | 銀ノ鏡界2~九曜の桎梏~
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 黒兎月ですよっと |