FC2ブログ
黒兎月ですよっと
 
戦極姫5~戦禍断つ覇王の系譜~ レビュー

2014-04-01 Tue 22:55Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
戦国時代がマイブームな最近の流れをうけてってことで、このゲームをプレイですよっと。。
色々話題になった戦極姫シリーズですが5は如何に?



概要

タイトル:戦極姫5~戦禍断つ覇王の系譜~
メーカー:unicorn-a Ge-sen18
公式ページ:http://www.unicorn-a.com/products/gesen18/sengoku5/

140401_01.jpg


ジャンル:戦略シミュレーション

歌:2曲
 凍星
 空と陵
CG:315枚(差分除く、SD含む)
BGM:33曲
Hシーン:121
プレイ時間:42時間(毛利ルート、織田ルートのみ)


誰もみたことがない戦極姫ならではの決着。
唯一無二の戦国史、ここに『極』まる!

尾張を制した織田信長の元に、
今川義元が大群を擁して国境を越え進行してきたという報せが届く。
その義元の傍らには軍師、太原雪斎の姿があった。
信長はこの窮地に、織田家の軍師、天城颯馬と共に立ち向かう――

もしも――桶狭間の戦いの時に太原雪斎が生きていたら?
もしも――足利義昭が信長の手で京から追放されるのを誰かが阻止したら?
もしも――武田と上杉が手を取りあう機会があったとしたら?

新ルートとして『長宗我部家』のルートが加わり、
『伊達』『毛利』『大友』『島津』といったお馴染みの大名家シナリオも
全て新規に描き下ろしでボリュームたっぷりにお届けします

公式ページ概要より引用


シナリオ


内容は可もなく不可もなくだが密度が……


うん、そんな感じ。
基本的な流れとしては各大名家固有のシナリオを主軸にしつつ、
キャラごとの小エピソードで支えている感じ。
多数のキャラが出まくるタイプのゲームにはありがちなつくりですね。

んで、大名家の話は奇抜なのはないけど、
ドタバタの一悶着があったり、ヒロイン勢とのイチャラブがあったりとわりと無難な造り。
そんなわけでキャラが映えるやつだったらそれなりに良い印象……かな?

ただ、間にシミュレーションパートを挟むためシナリオ間が開いてしまうのと、
そもそもの絶対数が多くないこともあり密度がういな~という印象が強いです。
好きなキャラのシナリオのために頑張って進めるぜ!っと原動力にできたら楽しいかもしれんが。

もうちょい内容に突っ込むと(とは言え2ルートしかやっていませんが)、
毛利家ルートは全体的に印象がうす~いイメージ。
ヒロインが冴えないだけのことはありますね、ええ。
織田家ルートは信行かわいいよ、信行。
っと言っとけば万事丸く収まる感じでしたね、ええ

……我ながら雑な感想だなw
うん、まぁ以上です!



システム


一応遊べるゲームシステム
ただし内政&攻城戦に難あり



ってところですかねー
本格戦略シミュレーションってな感じで銘打ってはいますが、
所謂美少女ゲーム系のサガとしてそこまで本格的なものが無いのが現状。
もちろん本作もその区分から脱することはなかった感じです。

とはいえ、ダメダメかと言われるとそこまではないので
結果としては一応遊べるってレベルとなっております。
野戦は兵種の相性やらラインを意識した動かし方をしたりで、そこそこ考える要素あり。
ただ内政関係と攻城戦はわりと雑なつくりかな~と思う。
ここらへんをもうちょい変えれば全体的な印象は悪くなくなるんじゃないかね?

ただまぁ、基本同じことのゴリ押しプレイ&単調プレイなんで、
ハマっているうちはいいけど一度面倒になると苦痛以外の何者でもないっていうね……



キャラクター


キャクター総数はめちゃくちゃ豊富!


40以上の大名家があり、各大名家には数人のヒロイン勢がいるわけで……
はい、もうおわかりの通りすっげー数になるわけです。
ただ、描写となるとやっぱりルートがある大名系&ヒロインが強いですねー

他のルートだったとして武将を配下にできれば小エピソードみたいなのがありますが、
そこは如何せん小エピソード止まりですからw
とりま印象が強かったキャラを3人ほどピックアップ



織田信行

信行かわいいよ信行!

っと言っとけば、このゲーム9割ぐらいは満喫したと言えるでしょう。
織田家とうこともありピックアップされ具合が違いますし、
今作では信長はサブヒロイン的扱い(だと思う)になっているので
筆頭ヒロインと言っても過言ではないでしょう。

キャラ的には偉大な姉のもと地味でも頑張る、
恋愛面では初々しさがウリのキャラです。
どこかちんまい雰囲気もあり、世話を焼きたくなる&愛でたくなるようなそんなキャラ。
身体の成長具合もほどほどなのがさらにいいです(真顔
そんなわけで本作一番押しだと思うので堪能あれ。



足利義昭

理想を目指す背伸びに背伸びを重ねる少女。

将軍ってこともあってかどこかおお姫様っぽいところがあるのに、
周りの状況的に佳境に立たされまくり、己の能力以上のことを求められる少女。
ルートによってはかな~り追い詰められていく彼女ですが、
周りの人やら時流やらにケツを叩かれながらも成長していく様は微笑ましい。

そして忘れちゃいけない忠興との関係……的な何か。
まぁ、あれっすよ。ざっくり言ってしまえば、まとめておいしく頂きましょうてきなね。
そういう意味でもよかったです( ´∀`)bグッ!



松永久秀

小悪魔少女ひゃっほい!

ですね、ええ。
上の2人とはうってかわり自分の行動に自信を持ち、
蠱惑的な雰囲気と黒い噂で小悪魔的な雰囲気が出まくりな少女です。
そんなわけでいじめて欲しい人にはオススメでしょう←



他にも色々、そして多数いるので、
どこかしらには気に入るキャラがいるでしょう。




CG&立ち絵

いいのがあれば悪いのも

一目瞭然ですが、本作は絵師さんが何人も参加されています。
しかも絵の雰囲気が違うだけでなく、クオリティにもめっさ差があります。
そんなわけで必然的に良いな~と思うところもアレば、
逆にもうちょい頑張れよっと思うところがあります。
そして全体的な印象を正直に言わせてもらえれば、
まだまだ甘い感じですよね~うん、もうちょい頑張れ。

ただ、昔の戦極姫と比べると大分良くなりつつあるので、
クオリティ改善の進歩が見られるのはいいことですね(っとフォローしとく)



音楽

BGM数はなかなか。
ただし印象的には全体的に薄め……かな?

作品的なところもあり、全体的には和を感じさせるものが多いですが、
あくまで要素として入っているだけでそこまで強いアクセントにはなってないかな?
跡は結構シンプル的な曲調が多いかな~なんか言葉でうまく表現できんけどそんな感じ。



その他


シーン回想多数あり!


所謂Hシーン回想のほか
アドベンチャーパートのものを概ねシーン回想できます。
跡は脱衣シーンのリプレイも可能だし、コマンド実行時のボイス等を聞くことも可能。



まとめ


パワーアップはしてきているがまだまだ改善の余地あり!


ですね~
なんだかんだでそれなりに遊べるので悪くはないですが、
ゲームの特質上キャラ描写が薄くなるのは致し方なしってところですかね。

戦極姫5~戦渦断つ覇王の系譜~ 通常版戦極姫5~戦渦断つ覇王の系譜~ 通常版
(2013/12/06)
Windows

商品詳細を見る


別窓 | ゲームレビュー 企業 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

Electro Arms –Realize Digital Dimention- レビュー | 黒兎月ですよっと | 2014年3月購入物
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 黒兎月ですよっと |