黒兎月ですよっと
 
3年半ぶりにスマホ買い替えました

2018-01-27 Sat 16:09Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
180127_01.png

購入したのはZenFone 4 (ZE554KL)。
正確な値段忘れたけど大体下記計算で実質38000程。
 55000-5000(SIM契約か何かの割引)-12000(1年後キャッシュバック)
前者はヨドで買ったらやっていた値引き分(事前に想定はしてなかった)、
後者のキャッシュバックのやつはBIGLOBE乗り換えのやつですね。
まぁ、MNP乗り換えとか諸々の費用はありますが、
前使っていたSIMサイズが異なるので乗り換え(もしくはSIMサイズ変更)が必要だったんで、
元々の必要経費と言えるでしょう。
あと、微々たるものですが月額料金も安くなりましたしw

いつもならその時安いスマホ適当に買っているだけなんですが、
今回はちゃん性能やらなんやらを調べて買いました。
最近はデレステとかやっていてゲームやる上でのスペックは欲しいし、
将来的にパンテオンやるとして現状だと必要スペがわからないので、
スペは高めにしたかったものでね。
かと言って、最近のスナドラの800番まで手を出すとかなり高くなりそうだったので、
660であるこいつで手を打ちつつ、メーカー的にはAsusが良いかと思ったのでこいつに。

後は前のarrows君は結構変なバグがあったんですよね。
・ブラウザのURLコピペしようとすると100%ブラウザおちる。
・音楽再生して画面の表示落とすとなんかブツブツ音がなる(画面がついていればならない)
ネット調べると同じような人がいるんだけど、
結局解決方法わからずだったので我慢して使っていましたが、
やっぱ不便きわまりなかったので今回はこういう変な不具合ないかも事前に調べておきました。


180127_02.png

んで、実物はコイツ。
液晶はかなり綺麗ですし、性能が良いおかけがブラウジングに始まり
もろもろの動作はやっぱぬるぬる動くので気持ちいい。
大画面だから見やすいっての大きいし、アプリも多数配置しやすくなったので、
一画面に色々おけるようになったのはわりとありですね。
反面大きくなった分持ちづらくはなりましたが、ここ1週間つかって大分慣れてきました。
むしろ今となっては前の小さくて画面見辛いな思うぐらいには。

唯一、大きな不満は前のarrows君は右下をタップすると
画面を全体的に下げる機能があり画面上部でもタップしやすかったんですが、
Zenfone4にはそれがない模様(たぶん)
代わりにホーム画面ダブルタップによる片手モード(画面全体が小さくなる)があるのですが、
前使っていた機能のほうが使いやすいな~と現状では思っています。
とは言えこちらも慣れの問題かもしれませんがね……


以下、設定とか入れたアプリ周りとか現状スマホ状況整理しつつ書いていきます。
★は今回作業で以前から環境変えたもの

■スマホ
ZenFone 4 (ZE554KL)

■SIM
音声通話SIM BIGLOBE 3GB

■アプリ配置状況
ホーム画面1
180127_03.jpg

ホーム画面2
180127_04.jpg

■メインアプリ(ホーム画面共通の画面下部に配置した4アプリ)
・Play Music★
・feedly★
・Chrome
・Janetter

■アプリ(ホーム画面2)
・Googleマップ
・乗換案内(ジョルダン)
・リスニングナビ
・音泉
・Hibiki Radio Station
・Twitter(公式)
・電話
・Gmail(デフォルトでアプリ未使用)★
・カメラ
・デレステ
・Google スプレッドシート★
・Google ドライブ★
・Google フォト★
・ファイルマネージャー
・設定
・Google Home
・Playストア
・電卓
・時計
・Google カレンダー

■その他設定
使用
 指紋登録
 片手モード(Zenmotion)
 タッチジェスチャーのスクリーンオフ(Zenmotion)
 日替わり壁紙
未使用
 ツインアプリ
 Game Genie他
 上記以外のZenmotion



■所感:メインアプリ
メインアプリは使用頻度高い、ツイッターとネットとRSS見るため。
後、音楽は頻繁に聞きますしね。
これらの内RSSをfeedlyに、音楽はGoogle Play Musicに移行しました。

前者はあまり深い理由ないのですが、今回キリ良かったし登録フィールドの整理する上で
PCでも作業したかったのでなんとな~くfeedlyに移行しました。今のところ不満はなし。
ところで昨今ってみんな何で情報収集しているんですかね?
3年前の時ですらRSSって時代遅れなんかな~とは思っていたんですが、
結局これ以上の方法がわからないので今でも使用中。個人的にはRSSかなり好きなんで。
ただ、結構RSS配信やめているサイトも多いですからね……
とは言え大きい情報発信サイトはいまだに配信しているし、使い分けの問題なのかなー

話を戻し後者はGoogle Play Music。これは使うことですげー便利になりました
今までスマホにデータ移すの面倒くさくて、USBタイプのMP3プレイヤー使っていたんですが
Google Play MusicだとPCで取り込み、タイトルやプレイリスト作って、後はWifi経由でDLするだけ。
PCだけでなくクラウド上に保存も出来るので、万が一の備えにもなりますしね。HDDクラッシュとか……
ただ、これに合わせて音楽データの整理は必須なのでこっちは完了までまだまだ先が長そう……



■所感:アプリ
全体的には不要アプリの削除しつつ、全体的にGoogle依存が高くなった感じです。
昔は懐中電灯アプリとか入れていたんですが、普通にデフォルトで入っていますからね~
後はメールアプリもやめてデフォルトのGmailアプリに。
ぶっちゃけメール見る機会はあまり多くないですから、
最低限見られればいいやと割り切った次第ですね。

後はGoogleのスプレッドシート、ドライブ、フォトを真面目に使用していこうかなと。
前はメモにEvernote使っていたんですが、Google系に一本化したかったのと、
基本メモ書く時はエクセル派(表形式派)なんでこっちのほうが良くね?と思った次第。
整理はちょいちょい時間かかりましたが、大分見やすくなったし管理も楽になって満足。
ドライブやフォトはデータ受け渡しを楽にしたくてって感じです。
まぁ、ここらへんはなぜ今まで使ってこなかったんだってレベルではありますがw



■所感:設定
まだ色々いじれていないところも多いだろうけど、まずはパッと気になったとこだけ設定。
大きな所としては、前のスマホが最後に電源ボタン部分が押せなくなった(壊れた)ということもあり、
電源ボタンをなるべく使わないでいける設定にしました。
ログインは指紋、ログオフは画面2回タッチでいけます。便利。

モーションジェスチャー系は使ってみたけど、別にそんな便利じゃなくやめた次第。
常に画面監視させるのもなんかいやだったしね(監視有無、電池消費量変わるかは不明)

ツインアプリとかGame GenieとかわりとZenfoneのウリの一部と聞いていたものは
実用性を感じないので特に使っていません。
特に後者は邪魔なだけなんで表示しないように消しました。

後は日替わり壁紙とか設定しました。
地味なところだけど、綺麗なゲームの絵を見れると気分がいいので。
ただ、こっちは日替わりというかログインごとにしたいなーと思っているので、
この何かしらアプリ入れるかも。
もち、ホーム画面1でアプリ配置していないのは画面見るためです。はい。
現状、2画面に収めたけど、何か入れたら便利アプリ等があったら今後拡張予定です。
後はこのために縦画面でもいい感じの画像用意しないとなー


以上、スマホの買い替えについてでした!

別窓 | パソコン、携帯関係 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
恋ニ、甘味ヲソエテ レビュー

2018-01-22 Mon 21:36Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
かな~り久々の同人ゲームプレイってことで、
3年ぶりくらい?に同人ゲーから恋甘をプレイですよっと。
まぁ、見た感じのクオリティ的には同人か?って言うクソレベル高い感じではありますがw



概要

タイトル:恋ニ、甘味ヲソエテ
サークル:CANVAS+GARDEN
公式ページ:http://www.canxdensoft.net/

180116_01.png


ジャンル:看板娘同人ゲーム
シナリオ:風間ぼなんざ、高嶋栄ニ
原画:宮坂みゆ、宮坂なこ
音楽:パドリチェフ

歌:2曲
 恋、ひとくち。(結月そら)
 こんなに、幸せなんだ。(結月そら)
CG:26枚(差分除く)
SDCG:6枚(差分除く)
甘味CG:9枚(差分除く)
BGM:16曲
Hシーン:4シーン
プレイ時間:3.5時間

学園生活の春休み。新生活への期待と不安が混在する季節。
僕、扇沢朝凪は、おもむきのある景観が残るこの町、花逢坂町に引っ越してきた。

引っ越し先の祖母の家は、喫茶店を営んでいる。
ただ祖母が病気で入院した事により現在一時閉店中。
子供のころに親しくしてもらっていたお姉さん、狛田智里さんに、
祖母とお店の現状を聞き、今はすっかり寂しくなってしまった店内を見回して僕は思った。

「もう一度賑わっているお店を祖母に見せたい……!」

「喫茶屋 カルメラ」

店名を新しくし、店内も明るくリニューアル。メニューや新しいお店の制服も用意して、
アルバイト店員の募集を始めると、すぐに二人の女の子
庭坂莉良、汐ノ宮璃貝がやってきた。

「あの……私たち、ここで働けますか?」

桜の花びらが、ひときわ強い風で舞い、僕と僕の周りの人々をすり抜けていく。
これから始まる、甘くほろ苦い物語を予感させながら―

公式ページ物語より引用


シナリオ

妥当な同人クオリティー

ぶっちゃけ絵とかパケのクオリティが高いので過度な期待をしがちですが、
あくまで同人ゲームとしての感想としては、まぁこんなものですよねって感じのシナリオ。

ざっくり流れをいうと、一時閉店中の親戚の店を引っ越しを契機に再開しだすというもの。
んで、可愛い子がバイトにやってきて、みんなで新メニュー考えたりしながら仲良くなり、
ちょいと一悶着あってそれを乗り越え恋人になり、ちょいイチャラブして終わりと言う感じ。

舞台が一時閉店中の店(親戚の体調不良のため)ってこともあり、
元常連とかもいるので開店から軌道にのるまではかな~りサクッとだし、
元スタッフのお姉さんポジ的人もいるので、経営的にめっちゃ困る展開もなし。
バイト募集後すぐヒロインの子が来ることなどもあり、全体的に話はトントン拍子に進みます。
一悶着もそんな重い内容じゃなかったしね(少なくとも璃貝のルートは)。
また、恋人なってからのイチャラブやそこに至るまでの経緯もかなりサクッとしたものでした。

こんな感じでシナリオはかなり軽めですので、喫茶モノのシナリオ楽しむって要素は低く、
単にキャラを楽しむってところが妥当なところでしょう。
実際看板娘をゲームにするってのがコンセプトみたいですし。
まぁ、肝心のキャラがわりと個人的にノーサンキューだったんでアレなんですがね……

以上、シナリオはこんなものかな~



キャラクター


庭坂 莉良


すまんが無理

一言ネガネィブ感想で申し訳ないがガチでこれ。
なんというか性格が内気でウジウジしすぎててね……うん、こういうタイプ無理なんだ。
後半は大分マシにはなるんですけどね……
前半は璃貝との依存具合といいちょっと僕には受け付けないタイプでした。


汐ノ宮 璃貝


看板娘っぽさを感じる

派手さはないけどハキハキした感じとわりとそつのない性格で、
人当たりは良いことも有り看板娘としてはよい子かな~と感じました。
莉良と一緒にいるとやったらベタベタしているのが微妙ではあるんですが、
店始まって落ち着いてくると本来の味が出てくるんではないか?と思う。
ただまぁ、全体的に飛び抜けたポイントはないかな~というのが残念なところ。





CG&立ち絵

CG関してはかなりGoodなクオリティ!

シナリオやキャラに比べるとやはりCGのクオリティは抜きん出て良い感じ。
塗りも商業並のクオリティですし、
丸みのあるやわらか~い感じの女の子の可愛らしさは文句は付けられないでしょう。
まぁ、描いている方々が方々ですので、予定調和ではありますがねw




音楽&映像

こちらも一応同人ってことを考えると十分な……もといちょっと高いぐらいのクオリティ。
曲調はそこまでこったものはなかったですが、
全体的には結構幅を聞かせていろんな曲があった感じがしますね。
もちろん柔らかめな曲調多めでしたけどね。

OPムービーはだいぶ雰囲気良さげなんで是非見てくださいね。





その他

特になし



まとめ


シナリオは微妙だが、絵や雰囲気は良さげ!

あくまで”同人としては”ってことはお忘れなく。
何はともあれ、お二人の絵を楽しみつつ、看板娘のゲームを!
というコンセプトは達成できていたと思います。

別窓 | ゲームレビュー 同人 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
ピュアソングガーデン! レビュー

2018-01-14 Sun 18:56Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
EGGライブを終えたエロゲプレイ欲が上がったんで何かプレイせねば!
ってことでPULLTOPからピュアソングガーデンををプレイです。
直接EGGに出てないですが、ensembleつながりってことでw



概要

タイトル:ピュアソングガーデン!
メーカー:PULLTOP
公式ページ:http://www.pulltop.com/PSG/top.html

180114_00.png

ジャンル:キミと、未来を見つけるADV
シナリオ:高嶋栄ニ
原画:基井あゆむ、marui、ベコ太郎、網野コハク(サブ)、白井一片(サブ)
音楽:TWOFIVE、Elements Garden、ヤヅチスエタ

歌:4曲
 ワールドスタート(Rin'ca)
 ラブエア(三代眞子)
 エンゼルブレス(三代眞子)
 ドリームトゥモロウ(花園めい)
 ソング・フォー・ミュージック(三代眞子、桜乃ひよ、花園めい、百瀬ぽこ、羽鳥いち、五行なずな、奏雨)
CG:74枚(差分除く)
SDCG:18枚(差分除く)
BGM:22曲
Hシーン:23シーン
プレイ時間:10時間

[あなたの未来は、シアワセですか?]
バーチャルアイドルなんてものも普通に活躍している、リアルとバーチャルが混在している、
そんな時代。
主人公・山葉奏多は、通称M3部という音楽好きが集まるサークルに所属していた。
他にも、奏多の保護者を自称する幼い頃からの同居人・河和井玖音、
変な「音」にばかり興味を示す後輩・下国明日歌など、個性的なメンバーで一杯だ。

[大規模VRフェス”ピュアソングガーデン”!]
ある日、奏多たちは近所のお姉さん・柳澤律の伝手で、
このダイバで行われる大規模VRフェスのスタッフをすることになった。
最新技術を使ってヴァーチャル演出をふんだんに用いたフェス「ピュアソングガーデン」!
テストも兼ねて、ひと足先に体験させてもらえるって矢先、
目の前に現れたのはフェスの目玉なバーチャルアイドル「アイ」だった。

[キミと、未来を見つける]
と思いきや、自分は未来から来た星野いろはだと言い出したアイにそっくりな美少女。
要請みたいな羽根をつけた女の子・すずまで現れて--
アイが居ないおかげでフェスの予定は滅茶苦茶!
何とか予定どおりに開催するために、いろはを代役に立てるしかない!
その場に居合わせた奏多たちは、成り行きで未来予測システムを使った作曲と
ステージパフォーマンスをアシストしていくことに。

[この夏、世界は楽園になる!]
ついにピュアソングガーデンが華々しく開催され、いよいよフェスの目玉である
VRアイドル・アイのライブがスタートする。
大盛況のままステージを終えようとしたその時、
警報が鳴り響き、予想外のエラーが発生!
VRアイドルたちがダイバの中のそこかしこや空にまで大量発生し、
勝手にパフォーマンスをしだして。
果てしなく、にぎやかで、騒がしいフェスティバルのような毎日がはじまる!

公式ページSTORYより引用


シナリオ

イチャラブ重視のほっこり作品

って感じですかね?
本作はVRという要素を設定的には前面に押し出しており、
確かにシナリオ上VRの暴走とかが話の主軸に置かれますが、
ぶっちゃけそこが一番大事なところではありません。

というのもVRならではの特筆すべき演出、シナリオ展開というのはほぼなく、
過度にシリアス成分高めな展開もないので、
重要なのは何かトラブルが起きてそれに向かって皆で頑張るってことだからです。
また、未来からきているいろはとも結ばれない、恋仲になれないみたいな問題はなく、
なんやかんや都合のいい展開で恋仲どころか、Hもなーんも問題なし!だからです。

というわけで基本はイチャラブ成分高めな作品ではありますが、
思っていた以上に学園での描写はなし(ほぼ部室での雑談程度)なので、
舞台が家、律の研究所、町中等で学園ものともちょっと違うノリではありましたね。
そう考えると恋人なりたての甘酸っぱいような関係は少なかったきがする。
わりとエロによりがちないちゃつき具合でしたね~
まぁ、ここらへんはやっていないルート多いのでそこの影響かもしれませんが……

以上、あんま特別な事書いていませんがシナリオ的にはこんぐらいの印象でした。



キャラクター

各ヒロインについて軽く感想書いていきます。

星野 いろは


まっすぐな女の子

未来からやってきた子。
バーチャルアイドル「アイ」の変わりにアイとして、イベントを…ダイバを盛り上げようとする。
未来からきた……という変わり種だが、性格的に前向きで可愛らしい普通の女の子といったところ。

アイの代わりとして色々な試みには積極的にトライするが、失敗や成功で一喜一憂したり、
未来から来たということで色々物珍しいのか、好奇心旺盛な子的な描写も多め。
思っていることが行動にそのまま反映されており、
ネガティブな面を見せることはほぼないので(凹んだり、照れたりは多めだが)、
見ていて賑やかなところや表情がころころ変わるのがチャーミングなところなんだと思う。



河和井 玖音


世話焼き幼馴染

主人公とは同居していることもあり、物語の当初から距離はかなり親しい感じ。
お姉ちゃんぶったり、色々世話をやいたり、
誂いや冗談も交えつつ主人公とはいい関係築けているな―という感じ。

ただ、残念属性も結構多めで、可愛いのに過剰に飛びついたり(いろは等女の子含む)、
楽しいの優先の考える前に行動派的なところもあってわりといきあたりばったりだったり……
一方ここらへんの影響もあって、ムード―メーカーというか、
主人公たちのグループで率先してるリーダー的な面も見せていたかな~と思う。

後は、主人公のことを色々理解しすぎているせいか、
変なところで遠慮というか、距離を意識的に開けているな~という描写も……
まぁ、ここらへんは最初から好き好きオーラ出さない幼馴染キャラの宿命ではありますがw



下国 明日歌


お嬢様っぽい可愛らしさを見せる女の子

個人的には本作でいっちゃん可愛いと思った子。
いろはと同じく可愛い路線ではあるんですが、
いろはが元気で人当たりの良さが輝くアイドル向けの可愛さにくらべ、
明日歌はもっとお淑やかさの中に可愛さが映えるキャラっといったところかな?

全体的な立ち振舞はお嬢っぽい感じがしますが、それが行き過ぎたところまでいくことはなく、
育ちが良いって感じに収まっており、
サークルメンツの中で後輩ということもあって、回りをたてている感じもあります。
また、自己主張もそこまで激しいほうではなく、
特定の人になつくタイプだと思うのでやや目立ちづらいですが、
その分親しくなって自然な表情変化を見られるようになったらグッと来るタイプだと思いましたね。



柳澤 律


The出来るお姉さん

ぶっちゃけヒロイン要素はだいぶ感じないw
はっきり何歳ほど上の設定か把握していませんが、数個上とかレベルではなく、
かな~り上っぽいんですよね。
主人公学生で、彼女は研究チームのトップとかそういうレベルですし……

後、単純に感じる年齢だけの話だけではなく、
バリバリできる人オーラ出しているんで、お姉さんレベル超えているんですよ。
なんか住む世界違い過ぎね?的な感じで、どうも身近なヒロインとは思えない……
ゲームキャラとしては設定的にもキーマンなんですが、
ヒロインとしてはちょっとかなりポイント下がるな―という感じでした。



すず


毒舌系ヒロイン

うん、単純にこの一言でだいたい表現できている。
設定的にはいろはのナビゲーションフェアリーってことでは、
人ではなくAIにすぎないのですが、
そこらへん考えず描写だけ見ると単純に毒舌系ヒロインです、ええ。

いろは至上主義を掲げて主人公には当たり厳しいものの、
なんやかんや色々サポートしてくれるし、最後にはちょろいん的な感じになりますしね。
また、本作はAIだろうがなんだろうが、ドールにつっこめばHもオッケー、VRでのHもあり!
なんでAIだからって別にこまることありませんし、周囲からの偏見も皆無。
何はともあれ、作中にはひねくれ者っぽい可愛さを見せてくれますよっと。





CG&立ち絵

CGは全体的に良くも悪くも普通かな?
量的にも構図や塗り的にも特筆して絶賛するところはないけど、
悪いところもないかな~ぐらいで、わりと一般的なエロゲって感じ。
まぁ、原画が多いのでキャラによって雰囲気にかなりの差はありますってぐらい。
ちなみに日常CG:HCG比率は感覚的には6、4ぐらいだったかな?



音楽&映像

BGMは曲数は少なく目だけ、充実したボーカル曲と、
全体的に電子音ちっくテイストが聞いたなポップな曲が多め……かな?
相変わらず音楽用語知らないし、つなたない言葉で伝わるかわからないがそんな感じ。

映像は何個か演出としてムービー入ったりもしますがこちらはあくまでおまけ程度で、
映像使って過度にVR演出を再現する!みたいなところまではやれていない感じ。
映像というか演出でそこをガッツリやってくれたらうれしかったなーとは思いつつ、
そこは高望みしすぎですかね……

後、個人的にはOPムービーはかなり好み。
よく動くのと、OPムービーではVRを強く意識した演出と見せ方になっていて、
かっこよく、またフェスの開催!みたいなノリがかなり好きですね。
では、公式のオープニングのリンクをぺたりと





その他

E-moteあり!
個人的にはE-mote好きな人なんで、ぬるっとキャラクターたちが動くのが良いです。

後はサントラがゲームに同梱されているんでオススメ。
ボーカル曲も入っていますし、お得感高めです。




まとめ


全体的にボチボチ

演出面はE-moteもあり良さげに見えますが、
総括的にはどの面をみてもボチボチってぐらいのクオリティーでした。

別窓 | ゲームレビュー 企業 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
年末の買い忘れ物回収

2018-01-14 Sun 11:19Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
恋ニ、甘味ヲソエテ買ってきました。

180114_02.png

去年末に出て、ショップでも取扱されているけど、
コミケ直後で秋葉は人が多く買うのを断念していたんで、
ようやく回収した感じです。

まぁ、今回買ったの軸中なんで、
最初からあっちいっとけば年末年始でもサクッと買えたかもw

扱い的には同人ですが、クオリティ的には商業もんですよね……
喫茶物でゆる~くプレイできそうなので、
気分がのった時にサクッとプレイしようと思います。

別窓 | 購入物(ゲーム、CDなど) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

 
謹賀新年2018 from August

2018-01-14 Sun 11:14Σヽ(゚∀゚;)トウコウ
毎度恒例のAugustから新年の送付物が今年も届きました。

180114_01.png

今回はいつもの内容物+あいミスのプレリュードブックと言う感じです。
こちらも以前別のイベントで配布していたものなので、
既に目は通してある感じですね。
ただ、その他配布物はまだ目を通していないので、この後見ようと思います。

さて、あいミスはサービス開始して安定もしてきましたが、
することが少なく物足りないってのが実情ですね~
ストーリーは現状のとこまで終わったし、
イベントは2週間ぐらいで実施されていますが(正月イベは遅れましたが)、
内容的に1日で終わってしまうので、後はひたすら特訓やレベルあげするだけ……

アップデートは色々予定しているみたいだけど、
最初はインターフェースとか回りで
システムに大きく突っ込んだ改良はなさそうな雰囲気ですからね~
とりままだしばらくは見守っていこうと思うので、
いい感じの改良よろしくおねがいします!m(_ _)m

別窓 | 送付物 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

BACK | 黒兎月ですよっと | NEXT